野澤比日樹

株式会社ZENKIGENの代表取締役CEOです。

野澤比日樹

株式会社ZENKIGENの代表取締役CEOです。

最近の記事

世界に挑む|ZENKIGENの価値創造の仕組み

『テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する』 当社のビジョンであり、創業よりここからブレずに事業を推進してきました。 前回の記事では、今年もビジョンの実現に向けてメンバーと力を結集して邁進する、ということを宣言しました。 では、「どのようにビジョンの実現に向かうのか」 ZENKIGENの価値創造の仕組みについては、社内メンバーと対話を重ね、ピッチやセミナーでは、度々発表をしてきました。 今回、価値創造における当社の強みと位置付ける【データ数/解析、A

    • 2022年の振り返りとZENKIGENの2023年

      明けましておめでとうございます。 2021年末にシリーズBの資金調達が終わり、アクセル全開で前進しようと思っていたところに戦争が始まり、それに端を発した原油価格高騰からインフレ加速、ゼロ金利解除からの世界同時株安となりました。それに伴いSaaS銘柄は平均して1/3〜1/4まで株価が下がるという衝撃の事態となりました。 取締役会で何度か議論し、この衝撃は数年続くだろうと判断し、アクセル全開から急ブレーキをかけ、コストを適正化しデッド(銀行融資)での調達も行いランウェイ(保有

      • 人によるな、コトによれ

        『人によるな、コトによれ。』 これは、私が組織運営をする上において、とても大切にしていることです。 そもそも組織というものはなぜ存在するのでしょうか。 到底一人ではなし得ないことを成すために存在しているのが組織であり、そしてその組織を以て、何を成すのか、それこそがビジョンであります。組織が存在する以上、ビジョンに向かい社会に価値を生み出すのが、組織の使命であると言えます。 しかし、それがいつしか、売上や利益を上げることが目的化し、社長や役員など“声の大きい人”の実現した

        • ZENKIGEN 創業5年の歩み

          本日てZENKIGENを創業して5年が経ちました。 会社の公式noteにこの5年の歩みがアップされたので、そのまま転記しますw 目次5周年を迎えるにあたって 数字で見るZENKIGEN -5年の歩みと現在地- (1)事業 (2)資金調達と採用・組織 Valueを策定 -ZENKIGENの価値観- ZENKIGENの描く未来 最後に 5周年を迎えるにあたって本日株式会社ZENKIGENは創業5周年を迎えることができました。 創業からの5年間、ZENKIGENを応

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ZENnote
          株式会社ZENKIGEN 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          スタートアップワールドカップ日本代表決定戦に出てみた話

          スタートアップワールドカップ日本代表決定戦が7月21日に行われ、ファイナリストとして参加しました。 VCなどから推薦があった200数十社のスタートアップの中で予選があり、その中から10社がファイナリストとして日本代表決定戦に出場が出来ると言うものです。 今年で4年目ながら、世界70の国と地域で予選が行われ、優勝した会社が日本代表として世界一を決める決勝大会に参加できるという世界規模のピッチ大会です。 来場観戦者数が1,000人以上、オンライン参加2,000人以上、メディ

          感動の2022年度新卒一期生の入社式

          4月1日は2022年度の新卒一期生の入社式を実施しました。 去年入社したカイトや創業6ヶ月で当時大学4年生で入社したヨシキもいますが、本格的に新卒採用を開始した新卒一期生となります。 (因みにカイトは0期生だそうです) 3月にインターン中(全新入社員が1年から半年は内定後インターンしてます)だった山根しのさんと配属面談をした際、「入社式って親から完全に自立する時だから、決意表明はこれまで育ててくださった親御さんへの決意表明にしたらどう?」みたいな会話になりました。 その

          経営にはデザインが大事という話

          株式会社ZENKIGENは、11月に新サービス「revii(リービー)」をリリースしました。 「revii」は動画解析AIにより1on1におけるマネージャーとメンバーの関係性を定量化し、より良い関係性を築くための改善案を提示することで、組織全体のエンゲージメントの可視化と改善を行います。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000078.000035867.html これまでも自社開発のプロダクトを打ち出してきましたが、内製しているのは

          2021年の振り返りとZENKIGENの2022年

          明けましておめでとうございます。 あっとういうまに一年を駆け抜けたという感覚で新年を迎えています。2021年はZENKIGENにとって大きな変化のあった一年となりました。そして2022年は更なる大きな変化を生み出していきますので、2021年の振り返りとZENKIGENの2022年についてまとめてみたいと思います。 ■ZENKIGENの数字たちまずは数字から振り返ります。 ・創業から4年でこれまでのトータルの動画数は150万データを突破しました。しかも年々加速度的に増えお

          朝日地球会議に登壇

          朝日新聞が主催する国際シンポジウムである朝日地球会議に、DeNA会長兼経団連副会長の南場さんとYOUTRUSTの岩崎社長と共に【日本経済に真の新陳代謝を】をテーマに登壇しました。 大変僭越ながら南場さんからお声がけいただき、起業家の立場として日々の経営で感じていることや、資金調達に関することなどお話しをさせていただきました。 最初の15分は南場さんから日本が急速に新陳代謝を起こさなければいけないということを多くのデータを使ってその危機的状況の共有と、その打開策について解説

          ビジョンマッチが必須という話

          株式会社ZENKIGENは、動画×AIの自社開発プロダクトを通じて社会変革を担おうとしているHRtechの会社です。 設立4年未満、社員が50数名で、これまで2度の資金調達を行っているフェーズのスタートアップです。 素直に吐露しますと、事業の拡大に採用が追い付いていないのが現状です。その弊害は至るところで出ています。 ゆえに、足りない人員を必要なスキルを持っている人を採用することで埋めるというのが当然の経営かと思いますが、ZENKIGENはスキルマッチだけでは絶対に採用

          ZENKIGEN Valueを策定しました

          8ヶ月に亘り協議していたZENKIGENのValueが完成しました。    先ずは全社員でValue策定合宿を行い、皆で意見を出し合い、その後プロジェクトメンバーで集まり喧々諤々、何十時間も話し合い、時には出口が見えず プロジェクトが空中分解しそうになりながらも納得のいくValueが完成しました。 まずValueがZENKIGENにとってどのような価値体系に基づいたものなのかを整理します。 まず前提として、「経営理念」「Philosophy」「mission」「使命」「

          新卒採用

          ZENKIGENでは、創業1年目から新卒採用をしています。 新卒一号のよしきは、大学4年生の時に会って3日後には入社しました。決断力が秀逸すぎます。 https://recruit.zenkigen.co.jp/interview/seki.html 今年も1名志高く優秀な新入社員が入社しました。もはや運命のような出会いです。 新卒で入社するかいとくん↓ https://note.com/zenkigen/n/n95ef3922564f 入社して1ヶ月が経ちますが、ス

          狂え!

          ZENKIGENは3月決算のため2020年度が本日で終了しました。 2020年度は契約社数も売上も、あらゆる指標で大幅に成長した1年となりました。 コロナに始まりコロナが収束しないまま1年が終わるという大きな社会変化の最中で、このように成長出来たことは価値を感じお取引いただいているお客様とメンバーの努力のお陰だと感謝します。 いくつか主要な出来事を振り返ると本当に多くのことがありました。 ・社員数も20名から、このコロナ禍でありながら50名にまで組織が拡大。  自律し

          「人とAIの協業による選考の実現へ」向けたAIプロダクト第一弾をリリース

          (See below for English version) 本日、エントリー動画(1分ほどの自己PR動画)をAIが解析する「harutakaエントリーファインダー」をリリースしました。    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000035867.html これはZENKIGENが第2ステージに入る重大なリリースと言っても過言ではありません。 動画解析AIを自社プロダクトとして、完全に自社で内製したAIの第一弾となり

          ZENKIGEN 2021年 元旦 所信表明

          (See below for English version) 明けましておめでとうございます。 2020年はZENKIGENにとって大きく進化を遂げる1年となりましたが、私たちに過去を振り返っている時間はありません。2021年元旦、更なる進化を目指し未来について宣言します。 “ZENKIGENはグローバルカンパニーとなる” そして、その決意が本気であることを示す力強い仲間が加わりました。 取締役CTOに名村卓氏が就任本日、名村卓氏が当社の取締役CTOに就任しました