「脈拍を診るだけ!簡単に心臓の状態把握ができる方法」
見出し画像

「脈拍を診るだけ!簡単に心臓の状態把握ができる方法」

10月より臨床BATONが300円の有料マガジンになりました。 
 以前の記事は、この臨床BATONより1記事100円で購入可能ですが、新たなマガジンである臨床BATONマガジン(有料)では、マガジンを300円で購入いただくと今までの記事を全て読むことができます。
 ブログを読んでいただける事で、評価の意義や評価・治療の新しい視点、セラピストに必要な姿勢や人間性、そして、セラピストが抱える悩みなど多くの役立つ情報を得ることが出来ます。
これからも『ブログメンバーと共に学び、成長していくことを目指したブログ』を皆様にお届けするために切磋琢磨していきます。
パワーアップした「臨床BATON」をどうぞよろしくお願い致します。

みなさん、こんにちは! 

本日も、臨床 BATON をご覧いただきありがとうございます!! 第 41 日目は広島県よりミッチがお届けします🎶 


前回のお話しと、今回のテーマについて

前回は、「患者さんを⻑く歩かせてあげる秘訣は呼吸・循環をみるだった!!」 というテーマでお話しさせてもらいました!!! 投稿はお読みいただけたでしょうか?? 

まだ...という方はぜひぜひこちらから👉https://note.com/nougeblog/n/n41beaf92aab3 

ブログ内でもでてきた「心拍数をみる」ということ、みなさんも普段から臨床でされているかと思います!! どのように心拍数を計り、その得られた心拍数からどんなアセスメントをしていますか?

 私自身、新人の頃は... 血圧計や Spo2 モニターなど機器で得られる脈拍の数値を見て大丈夫か?大丈 夫でないか?を判断していることが多かったです。

 検脈??? 

あまりしていなかったように思います... 私自身が全く大丈夫ではないセラピストでした💧 

そんな新人時代を思い出しながら、今回は心拍数についてのお話しをしたいと 思います!! 


本日のテーマは

「脈拍を診るだけ!簡単に心臓の状態把握ができる方法」 です!! 

脈拍は、心臓の拍動の変化を捉えることができますね! 

心臓が過剰に興奮しているのか?

興奮が上手く伝わっていないのか? 

心臓が収縮し、しっかり全身に血液を送り出せているのかなどが分かります。 

脈拍を診るだけで、脳卒中予防にもつながります!!! 

心臓について苦手意識を持つ方も、ぜひぜひ、もみじ饅頭片手に最後までお読みいただけたらと思います🍁 

この続きをみるには

この続き: 4,201文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

「脈拍を診るだけ!簡単に心臓の状態把握ができる方法」

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!