創作のテーマに出会おう。noteのコンテスト・お題とは?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

創作のテーマに出会おう。noteのコンテスト・お題とは?

▼ 使い方動画はこちら

noteでは、お題企画や企業とコラボしたコンテストを随時開催しています。

お題やコンテストは、クリエイターのみなさんの作品づくりのお手伝いのために開催しているもの。創作のアイデアとなるテーマを用意して、みなさんの作品を募集しています。

書きはじめるきっかけに

noteトップの「募集中」タブを見ると、常にたくさんのコンテストとお題が掲載されています。ネタに困ったり、何から書きはじめればいいのか迷ったら、こちらで気になるテーマを探してみてください。

お題やコンテストに参加することで、新しい読者と出会える可能性や、他のクリエイターのすてきな作品を発見できるかもしれません。


・コンテストとは?

企業とコラボレーションして実施しているのがコンテストです。応募期間が設定され、審査員やコラボ企業により審査が行われます。受賞者には特典として、メディアでの掲載や賞金・賞品などが贈られます。

コンテストでは、note編集部が依頼したクリエイターによる「お手本作品」も公開されます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼コンテスト「#やさしさにふれて」のお手本作品

また、コンテストの受賞作品には、こんな風にスキ数の横にバッジがつきます。

スクリーンショット 2020-11-17 12.20.48

以下のバナーでは、関連するヘルプをご紹介しています。

コンテスト


・お題とは?

note編集部が独自で開催しているのがお題です。「#自己紹介」や「#私の仕事」など、なにを書こうか迷った時に参考になるお題を用意しています。

お題


・コンテスト/お題の参加方法

公開設定の際に該当のハッシュタグを付けて投稿することで、誰でもかんたんに参加できます。過去に投稿した作品でも、テーマに沿うものであればハッシュタグをつけて公開すれば応募が可能です。

画像2

※コンテストによっては、その他応募条件がある場合もあります。

参加する

あたらしいクリエイターや読者との出会いにも

コンテストやお題のハッシュタグで検索すると、投稿作品を見ることができます。コンテストやお題に記事を投稿することで、新しく読者に出会えるかもしれません。

同じテーマで、他のクリエイターはどんなことを書くのかな?と読んでみるのもたのしいですよ。

見る

コンテストやお題に投稿された作品の中から、すてきな作品はnote公式Twitternote公式noteで紹介しています。

▼お題「 #子どもに教えられたこと 」の作品紹介

コンテスト入賞をきっかけに、各種メディアやcakesで連載がスタートするなど、活躍の場が広がることもあります。

過去にコンテストで受賞したクリエイターのみなさん

これまでのコンテスト受賞作や、受賞されたクリエイターのみなさんのインタビューを紹介しますね。

第2回cakesクリエイターコンテストでnote賞を受賞した「週刊まえだー」さん。毎週月曜に更新され、ごく普通の一般人“まえださん”の日常を追う「週刊まえだー」とは?グッズ展開も行っています。

#あの夏に乾杯」コンテストで入賞したサトウカエデさん。noteでは短編小説やエッセイを書かれています。noteやコンテスト入賞によって人とのつながりも生まれているそう。

#いまから推しのアーティストを語らせて 」コンテストでグランプリを受賞したまいしろさん。ロックバンドa flood of circleへの熱い想いをつづり、その後なんとa flood of circleのボーカル佐々木亮介さんへのインタビューを実現させました!

#応援したいスポーツ」コンテストで「スポーツのきっかけ賞」を受賞した塩畑大輔さん。コロナ禍にスポーツ選手自身の発信が増えたからこそ、元スポーツ紙記者として伝えたいことがあるそうです。

書きたいことに困ったら、いつでもどうぞ

何を書けばいいかわからなくなったら、ぜひnoteのコンテスト・お題をながめてみてください。「これなら書けるかも?」と思えるものに出会えるかもしれません。

コンテストやお題を活用して、noteでの創作をたのしんでくださいね。

この記事が参加している募集

noteのつづけ方

noteをたのしんでくださいね!
ミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。クリエイターやパートナーなど、noteにまつわるヒトを紹介しています。公式からのお知らせ : https://note.com/info || noteイベント情報 : https://note.com/events