新潟県アール・ブリュット・サポート・センターNASC

地域に転がっている色んな表現をまちの文化にしたいと考えています。 このnoteでは、私たちの活動や取材先の情報などを掲載していく予定です。 面白い情報がありましたらぜひご連絡ください。 http://niigata-artbrut.net/
    • 太陽の女 YOHKO
      太陽の女 YOHKO
      • 39本

      新潟県内を中心に捨て身でパフォーマンスし続けるYOHKO氏の連載第2弾

    • ファウンドってなあに?見い出すことを考える
      ファウンドってなあに?見い出すことを考える
      • 4本

      NASCのアートディレクターの角地智史と、今年度参加型展示会でアドバイザーとしてご参加いただいた飯塚純さんは、偶然にも「ファウンド・フォト」という美術のジャンルを研究するアーティストです。そんな2人が2020年9月10日から12月5日までアール・ブリュットに関して対話を重ねました。その対話を飯塚さんに全4回で報告いただきます。

    • 連載:YOHKOとめぐる旅
      連載:YOHKOとめぐる旅
      • 50本

      NASCのアート・ディレクターの角地さんがこういうことを言っていました。 福祉の現場で今まで問題行動だと思われていたことも、表現活動という視点で語りなおすと別の世界が見えてくることがある。 これはYOHKOさんの電話は中々長いことがあり、このことも表現ととらえることができると違うとらえ方でできるのではと淡い期待を込めた連載である。

太陽の女YOHKO㊶ 「シャイニン・オン きちんと、見ようとしない私が悲しい」

いろんな行事が大事をとって中止にしている中で一縷の望みがある。 ワールドダンスコンペティションの連絡先?、主催者事務局にもなっている、総おどりが、オンラインでの…

太陽の女YOHKO㊵ 月と人魚   紫陽花でコロナ、カゼ対策

7月になっても、梅雨モ、コロナもあけていない!!! ふざけんな!! またイライラの要因がふえるばかりかよ!!! 少しマジな話になるのだが、大雨で熱海が大変なことになって…

太陽の女YOHKO㊴ 「I'm プライドが高すぎて 楽しく 楽しく やさしくなんて今の自分には無理かも」

コロナ渦、梅雨? 理不尽な世の中本当マジ、カンベンしてくれやって思う。 おかしいだろう!?急遽マイケルジャクソンの記事を載せることになったのは、「2009年6月25日、自…

太陽の女YOHKO㊳ 「君ともっと色々したいから い・け・な・い ルールマジック」

オリンピック決行してから菅総理大臣が解散だ!?やり逃げ?食い逃げ??垂れ流し? やってもいいんだよ無観客、サテライト、リモートで。例えば公民館や学校でみんなで観ると…

太陽の女YOHKO㊲ 【新潟コアラ ダダイズム&Revolution】

たった1度だけ行った、蒲原祭りがどうやら中止だそうだ。 白山神社のように、人ごみでうっとおしく...お一人様では行けないとか、仕事している時もあるも、駅南や万代口、…

太陽の女YOHKO㊱ おろかものよ、ケジメなさい 金と銀の器に 、罪と罰の酒を愚直に満たして、コロナかぜ対策

坂野さんは、格言をやればヒットするとかおっしゃるが、今のおろかで、ダメダメな私は今回の表題が格言だ!! 文句あっか!! せっぱつまって、ゆとりがなく、誰かにあたって…