NAYO@旅好きデザイナー/イラストレーター
【旅日記】イタリアの街並みに恋し、旅好きになった私(4) フィレンツェ後編
見出し画像

【旅日記】イタリアの街並みに恋し、旅好きになった私(4) フィレンツェ後編

NAYO@旅好きデザイナー/イラストレーター
Advent Calendar2017の7日目。
【旅日記】イタリアの街並みに恋し、旅好きになった私(3) フィレンツェ前編の続き記事です。

〜目次〜
・ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」が見れるウフィツィ美術館へ
・宝飾店が立ち並ぶヴェッキオ橋
・てくてく、移動
・華の都フェリンツェのドゥオーモ、装飾が見事!
・絵画がたくさんあった、ピッティ宮殿
・旅の想い出の品、革細工

ボッティチェリの「ヴィーナス誕生」が見れる
ウフィツィ美術館へ

自由行動がスタート。同じく一人で参加されてた旅慣れしたおばちゃんと2人で、ウフィツィ美術館へ。

美術館の入り口はいると、荷物チェックが・・・厳しい。大きな荷物は無料でクロークに預けられるところが多いヨーロッパの美術館。見るときは身軽でね。で、私行った時撮影禁止だったのに、2014年から撮影OKになったんだって・・・!涙。

〜今の私的メモ〜
私が行った2月は閑散期でスムーズだったけど、時期によっては入るまで長蛇の列なので事前にネットでチケット買うのおすすめ。買い方はググるべし。

中の写真はないけど、あの有名なボッティチェリの「ヴィーナス誕生」や「春」もあったりして凄くよかった。絵のサイズが、自分の身長より大きくて、誰もいなかったから作品を目の前にしてずーっと見てしまった。

↑こんなかんじの
(イラストはイメージです。想像力と妄想力を働かせてください)

上の絵は冗談として、ボッティチェッリ、レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなど巨匠の絵がたくさんあり、見応えあり。
特に長い回廊は、天気がいいと窓から外の光が入ってきてまたこれ心地いい。
美術に興味ない人でも、一度は教科書でみたことある!って絵もあるので是非!

宝飾店が立ち並ぶヴェッキオ橋

美術館見終えて、てくてく歩くと目の前には、

\フィレンツェで最古のヴェッキオ橋/

橋の上に宝飾店がたくさん。値段見たけど可愛くなかった。

橋の真ん中には、カップルが愛情の鍵みたいなものが(どこでもよく見かけるやつ)。写真のおくのおばちゃん?がなんか祈願してるぽく見えるけど気のせい。

てくてく、移動。

羊のオブジェかわいい。ちなみに別件だけど、未年の年賀状にこれつかった。

仮面をいっぱい売ってる露店もあって、どこの仮面舞踏会いきましょ♪イケメンいるかな?なんて気分にさせてくれる。

道の真ん中でアートを描くひともチラホラいたりして、

狭い道を通ってきたと思ったら、レプッブリカ広場がわーって目の前に広がる。メリーゴーランドで遊ぶ子どもたち、カフェする人、ゆったり歩いてく人、のんびりと賑やかしい。

華の都フェリンツェのドゥオーモ、装飾が見事!

レプッブリカ広場から少し歩くと

\ドゥオーモにキター!/

先のミラノもすきだけど、フィレンツェのドゥオーモの細かな装飾が・・・美しや過ぎないか。。

(あらっイケメン!)

いやー萌えました。当時の様子全く覚えてないけど、わー!ってテンションあがってたのは確か。

聖母マリア様が見守ってる。望遠で撮ってるけど、本当に細かな装飾です。

これはギベルティ作の洗礼堂東の扉のレプリカ。
ミケランジェロが「天国の門」と名付けて絶賛したんだとか。
本物は礼拝堂の中にあるよう。この装飾も本当にただただ、美しい。。。

そしてドゥオーモの中へ。

ステンドグラスの美しさ。今日ずっと美しいしかテキスト打ってないけど。

一番奥の天井は、ヴァザーリらが描いたフレスコ画「最後の審判」が。
入り口はいってすぐの上にあった時計も印象的。

絵画がたくさんあった、ピッティ宮殿

ドゥオーモを抜け、しばらく歩くと・・・いい匂いが。


食べる?的な言葉(イタリア語ワカラナイ)

買いました。


歩いてるだけで、動き出しそうな彫刻たちに遭遇したりするのが、華の都のフィレンツェの素敵なところ。

そしてドキドキしながら、ピッティ宮殿へ。すでに一人行動だったので、なんとか辿り着いたという安堵感のまま入ってびっくり・・・
ラファエロの作品みたいなーと行ったんだけど、部屋を移動しても移動しても、上から下右左と絵画だらけ〜〜〜@@
ルネサンス時期の絵画は色がとても綺麗だし、人物の肌の描き方が穏やかで好きなんだけど、さすがにお腹いっぱいになってしまった美術館。
ラファエロ好きにはオススメ!

入り口がわかんなくて、しばらくウロウロしてた場所。

美術館めぐりをしすぎてしまい、もう疲労困憊のところに・・

\PIZZA/

〜今の私的メモ〜
ナポリの印象が強いピザ。でもフィレンツェでも美味しいピザが食べれました。イタリア、美味しいものばかりだったよ!小腹が空いた方におすすめです。

旅の想い出の品、革細工

腹ごしらえを終えた私は、どーーしても行きたかったところに。

道に迷って、迷ってようやく!

革細工で有名なフィレンツェ。そんな街で、どうしても革製品が欲しく、仕事道具になる名刺入れを思い切って購入!

\ええ仕事、してるやろ俺/
(ええ、してくれてますとも!)

しかも、フィレンツェの百合の紋章入りを入れてくれた職人さん。

今でも愛用する名刺入れで、私の一人旅記念の想い出の品。

〜今の私的メモ〜
百合の紋章もだし、インシャルとかも入れてくれました。
家族へのお土産とか、大事な友だちのプレゼントとかにもオススメですよ!
この時だいぶ暗くなってました。道を教えてくれたおねーさんは親切だったけど、暗闇のヨーロッパの独り歩きは、本当に避けましょう!

さー、なんとかミラノ・フィレンツェ編終了!

フィレンツェ編、いかがでしたでしょうか。ツアーだったから慌ただしく、でした。次は、次はローマ!だよ!

ちなみに、夜にカプチーノ★って頼むと失笑されます。
カプチーノはイタリアでは朝飲むものなんだって。しらんかった。

いうの2回めだけど、次回の記事はローマ!私が一番感動したローマへ。楽しみにしてくださいね★

そして、AdventCalendar参加もお待ちしております!
もし感想とかあれば、SNSなり、 info@nayo.me までご連絡いただけると嬉しいです:)
#旅 #旅日記 #海外旅行 #イタリア #一人旅 #トラベル #写真 #旅写真

続きの記事はこちら→


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NAYO@旅好きデザイナー/イラストレーター

気に入っていただけたら、とてもうれしいです(*´ェ`*)

NAYO@旅好きデザイナー/イラストレーター
フリーランスの旅好きデザイナー。イラスト描いたり写真を撮ったり、書いたりも一応します。| 関西弁だけど、関係人口として、都心と地方を繋げたい | #なよイラスト、 #なよ旅、#NAYOTRIP https://nayo.design