MLOG

🏭大阪、船橋、浜松に工場をもつ試作モデルメーカー🏭 新しいもの好きのモノづくり集団👦🏻🧒🏻👨🏻‍🦰🧔🏻👩🏻‍🦰👨🏻👱🏻‍♂️ 中の人のプライベートはtwitterからチェック✅ http://www.ms-corporation.jp/

MLOG

🏭大阪、船橋、浜松に工場をもつ試作モデルメーカー🏭 新しいもの好きのモノづくり集団👦🏻🧒🏻👨🏻‍🦰🧔🏻👩🏻‍🦰👨🏻👱🏻‍♂️ 中の人のプライベートはtwitterからチェック✅ http://www.ms-corporation.jp/

    マガジン

    • エムズ新社屋移転

      • エムズ新社屋移転

    最近の記事

    オシャレな環境で一緒に働きませんか?

    新社屋に移転してから3ヶ月が過ぎました。 4月はまだ落ち着かず、5月もまだ環境に慣れず、6月になりようやく馴染んできました。 これまでのオフィスは普通のスチールの机で天板だけメラミンの木調っぽくして無機質感をごまかし、普通の工場を備えた建物でした。 新社屋は木の天板の机になり、木と緑を基調にしてあたたかみのある空間になり、リラックスできる場所を作り、そして何より広くなりました。 現在、この新しい空間で一緒に働いてもらえる仲間を募集しています。 中途採用、来春の新卒採用で募

    スキ
    1
      • PP(ポリプロピレン)ライクを3Dプリント(造形)

        3DプリンターでPP(ポリプロピレン)ライクを造形してみました。 PP(ポリプロピレン)は耐熱性が高く、機械強度(引張強度、圧縮強度、衝撃強度)が優れているとされています。 試作ニーズでPPを選択される中でもとめられるのは、繰り返しの折り曲げに強い機械強度、例えばヒンジなどです。 3DプリンターでもPPライクの材料はございますが、PPのすべての特性を満たしているわけではなく、引張特性と曲げ特性がPPの一般的なグレードに近いものになっています。 ですから、耐熱をもとめられる

        スキ
        1
        • あらたなはじまり

          エムズコーポレーションは2022年3月14日に新社屋であらたなスタートをしました。 移転してなかなか落ちつかない日々が続いていましたが、ようやく新しい環境に慣れてきたところです。 新社屋は寝屋川市に隣接する四條畷市、まだ書き慣れない漢字で四條畷の「條(じょう)」を「条」と変換することもありましたが、それも正しく変換できるようになってきています。 新社屋の建設までを書き綴ってきましたが、今回より社内ツアーのように紹介していきます。 新社屋の移転でロゴとカラーの変更をしました。

          スキ
          2
          • 下地処理がキレイな内装を生み出す

            3月14日に移転、営業開始が近づいてきました。 前回は11月までの状況で移転にともなって新しくはじめることを紹介しました。 内装ができあがるまでの下地を見る機会はあまりありません。 今回は職人の仕事に注目してみます。 キレイに見える壁は、その下地がしっかり仕上げられています。 十文字になっている模様は石膏ボードの継ぎ目をパテ埋めした模様。 クロスを貼る前にこれをしないと継ぎ目の線が見えてしまいます。 パテ埋めの下にはこのVコーナーラインがあり、その上にパテを盛ってならし

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • エムズ新社屋移転
            MLOG

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            あたらしいことをはじめる

            前回は鉄骨の建て方がはじまったという2021年9月でした。 今回はALCも貼られて外壁ができた11月の話。 鉄骨が組み上げるとしばらくシートで覆われて中が見えないため、週末にふらっと現場に行って構造物が建ち上がっていく楽しみが終わり、次は内装の作り上げを見ていくことにしました。 毎週、現場近くの建築事務所で定例の打ち合わせが終わると、状況を聞きながら可能な時には現場の見学をさせていただいておりました。 しかし、それだけではもの足らず、土曜日に現場に行って承諾を得て、作り上

            スキ
            1

            本社移転のご案内

            平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび弊社は、事業拡大に伴う従業員の増加と、オフィス機能の充実などを目的に、本社を大阪府寝屋川市から大阪府四條畷市へ移転いたします。 これを機に社員一同 気持ちを新たに日頃のご愛顧に報いるべく専心努力いたしますので今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 [移転先住所] 〒575-0055 大阪府四條畷市西中野2丁目8-3 TEL 072-803-0880 FAX 072-803-0881

            建ちはじまり

            2021年9月、基礎工事も終わりいよいよ地上に構造物が建ちはじまります。 地面の下の工事は長く感じていましたが、地上3階建ての建物を支えるにはやはり基礎が大事。 それがわかっていたため、工事中は何度も見に行き地面の下をじっくり観察していました。 今しか見れない光景ですから。。。 毎週の総合定例の打ち合わせも建てはじめた頃には8回目となり、この頃は内装のガラスや土間などの打ち合わせ、そしていちばん時間を要したのが電気工事の部分。照明の配置、エアコン、コンセント位置などは実際

            ロゴカラーに合わせた外壁(3Dパース完成)

            前回では第5案の図面ができ、それをベースに再度環境を確認してブラッシュアップして2020年12月に完成しました。 工場エリアの拡大を考えると1階は工場のみで、現社屋のようにCAD室を同じフロアにするとほとんど拡大できないため2階に変更。 2階には、事務所とCAD室が繋がることでこれまでより物理的な距離が近くなりお互いに状況が確認できる空間になります。 1階が工場、2階が執務室、そして3階は食堂をCafe化したリラックスできる大空間、他拠点から出張してきた場合のサテライトオ

            建物図面と内装デザイン

            3つのフリーを基本コンセプトに建築会社と打ち合わせをはじめました。 工場の拡大がいちばんの目的で、それを考えて設計していただくと本当に広いスペースを確保した建ぺい率ギリギリいっぱいの図面でした。 現在の社屋の悩みがあります。駐車できるスペースが少ないうえに、駐車しづらい立地になっています。これは新社屋に移転する際には解消したい問題でした。最低10台は駐車できる駐車場は外せない条件です。さらに自転車通勤する社員が多い現状を考えて、屋根付きの駐輪場。 いろいろと考えていくと

            スキ
            3

            出社したい職場環境

            移転の目的は工場面積の拡大つまり生産設備の増強です。 これがいちばんの目的ですが、大きくなればそれだけでいいのか。 エムズコーポレーションは創業して25年、今後50年、100年と続く企業になっていくためには新しい人材、若い人材を採用していきたい。 それなら若い人が、ここで働きたいと思える環境を作る。 出社したくなる働く環境、これが移転のコンセプトになります。 社員満足度を上げるための職場環境づくり、「会社に来たい(出社したい)」と思えるものを考えて、3つのフリーを基本コ

            ダイカスト試作を1個から

            量産前の試作、ダイカスト材で試作して評価していただけます。 ADC12で量産しているものの、試作はA5052で切削加工しているなんてことはございませんか? ADC12で評価したいのにアルミの合金では成分が異なるため試作評価にはならないということをこれまで聞いてきました。 弊社では、ADC12の材料調達から行ない切削加工にて試作品を製造しています。 最近ではADC12の切削加工も一般的になってきておりますが、ADC6もお問い合わせいただくことがございます。 こちらもADC12

            満足度の高い空間づくりのはじまり

            2019年12月に出逢った土地、縁があって契約しました。 実はこの契約前にも一度いい物件がありました。 その時は売主さんがはじめての売買ということで慎重になられて結果的に縁がなく契約がまとまらなかったので、今回も契約するまでは心配でした。 年を明けて2020年、仲介の不動産業者と何度となくやり取りをしながら、動き出したら早いもので1月末に無事に契約がまとまりました。 創業して24年、3度目の本社移転に向けてようやくスタートラインに立ちました。 さて土地を確保したら次は建

            本社移転計画〜出逢い〜

            いい土地が見つからないかな〜、いい物件とめぐり逢えないかな〜と頭の片隅にはいつもあった欲求。 これまで本社の移転は2回、東京事業所は2回、東海事業所は1回。 いずれもそう考えはじめると、けっこう早いタイミングでいい物件が見つかっていました。 しかし、3度目の本社移転は何度か物件情報が出てくるものの条件が合わなかった。 “1. 立地 現在の本社住所から近く、社員の通勤圏内であること  2. 広さ 300坪以上(現在150坪のため倍以上の広さ)  3. 近隣環境 民家が近くな

            本社移転計画

            移転を考える工場に新規の工作機械の増設がスペースの問題から不可能で、若い人材を採用していきたいと考えはじめた頃から移転計画がはじまっていました。 大阪府寝屋川市にある本社。 社員は近隣に住んでいるため自転車通勤が多く、あまり遠くへの移転は考えていませんでした。そのため移転を考えはじめてから今日までずいぶんと時間が経っていました。 移転先の条件 1. 立地 現在の本社住所から近く、社員の通勤圏内であること 2. 広さ 300坪以上(現在150坪のため倍以上の広さ) 3. 近隣

            シリコンゴムの試作用途:医療関係の試作、治具

            シリコンゴムの製品でも試作は行なっています。 試作段階から金型を作って対応されているかもしれませんが、いろいろと検証を進めている間は製品としては数個レベルでいいというのが現状。 実際にゴムの成形メーカーから試作のご相談をいただくこともございます。それではどんなものがあるのか、どんな用途で希望されるのか。 今はスマートフォンが当たり前で、若い世代はガラケーなんか使っていない時、携帯電話にはボタンがあり、薄型化や小型化されスライド型のガラケーがありました。 そのボタンをシ

            スキ
            2

            限度Rガイドで打ち合わせ

            お客さまからいただく図面や3Dデータを見ると、エッジで設計されている箇所が切削加工では加工Rが残るケースがあります。 エッジをもとめられているのは相手部品が干渉しないようにというころもありますし、強度の問題、デザイン的な理由などございます。 量産では問題ないことですが、試作段階の切削加工になると勝手が異なります。 エッジが必要であればニガシ形状で回避する提案もしますが、小さいRなら問題なしと承認いただけることもあります。 そんな時に打ち合わせで、擦り合わせをしていきます

            スキ
            3