motograph 森 俊博

motograph デザイナー/イラストレーター http://www.motogr…

motograph 森 俊博

motograph デザイナー/イラストレーター http://www.motograph.net

最近の記事

motograph 2024 カレンダー

前回の記事でも触れましたが、やっぱりカレンダーは印刷して届けたいということで、来年2024年のカレンダーは少部数になりますが日本でも通販をしてもらえることになりました! 今回はオランダ国内外のアートからインスパイアされた描き下ろし作品で構成しています。今までと少し違ったテイストになっています。 中野活版印刷店さんのオンラインショップからご購入いただくとリソグラフで印刷されたA3ポスターが付属します。ぜひ!

    • motograph 2023 カレンダー [12月]

      motograph 2023 カレンダー、12月のイラストはこちらです! タイトルは「De overwinnaar gekroond met het leven(いのちの冠を被った勝利者) 」。 イラストは壁紙にしていただいたり、下記のコンビニのコピー機でプリントすることが出来ます。どちらも編集せず個人利用の範囲でお願いします!印刷期限があるので注意してください。 ●セブン‐イレブン 印刷方法 予約番号: 00745826(2023/12/4迄) ●ファミリーマート/ロー

      • motograph 2023 カレンダー [11月]

        motograph 2023 カレンダー、11月のイラストはこちらです! タイトルは「Begin en einde van een wereld zonder nacht(はじめであり終わりである夜のない世界) 」。 イラストは壁紙にしていただいたり、下記のコンビニのコピー機でプリントすることが出来ます。どちらも編集せず個人利用の範囲でお願いします!印刷期限があるので注意してください。 ●セブン‐イレブン 印刷方法 予約番号: 64511218(2023/10/31迄)

        • motograph 2023 カレンダー [10月]

          motograph 2023 カレンダー、10月のイラストはこちらです! タイトルは「Het Meisje van het Licht met de taal van bloemen(花言葉を持つ光の子) 」。 イラストは壁紙にしていただいたり、下記のコンビニのコピー機でプリントすることが出来ます。どちらも編集せず個人利用の範囲でお願いします!印刷期限があるので注意してください。 ●セブン‐イレブン 印刷方法 予約番号: 46607331(2023/10/4迄) ●ファミ

        motograph 2024 カレンダー

          motograph 2023 カレンダー [9月]

          motograph 2023 カレンダー、9月のイラストはこちらです! タイトルは「Landschap gekleurd met licht(光あるところに色付く景色) 」。 今月はデルフト陶器をイメージした色合いで製作しました。デルフト陶器は16世紀からオランダのデルフトを中心に生産されている陶器で、白色の釉薬を下地に青色を基調に絵付けされています。家庭用のものから芸術品まで多岐にわたり製作されていて、オランダではアンティークマーケットや美術館でもたくさん見ることができま

          motograph 2023 カレンダー [9月]

          motograph 2023 カレンダー [8月]

          motograph 2023 カレンダー、8月のイラストはこちらです! タイトルは「Spreuken en glimlachen voor vruchtbare bomen(実のなる木への呪文と微笑み) 」。 今月は女の子を描きました。気づいている人もいるかもしれないですが、男女交互に描いています。男女だけではなく同じモチーフや色合い、表現やスタイルが連続しないように昔から全体のバランスを意識して作品を作っています。 女の子といっしょに猫を描きました。僕は実家でダックスを飼

          motograph 2023 カレンダー [8月]

          motograph 2023 カレンダー [7月]

          motograph 2023 カレンダー、7月のイラストはこちらです! タイトルは「Plannen van de jongens met twee hoorns(2本の角を持つ者たちの企み) 」。 いつの頃からか男の子によく二本の角を描くようになりました。天使に対を成す形で悪魔を描いていたのがきっかけですが、人間の欲そのものを集積化したような悪魔という存在に自分はとても親近感を感じるようになったからだと思います。(シルエットがかわいいというのもある) 一方、17世紀プロテス

          motograph 2023 カレンダー [7月]

          motograph 2023 カレンダー [6月]

          motograph 2023 カレンダー、6月のイラストはこちらです! タイトルは「Degene die in de wereld kwam als licht(光として世に来た者) 」。今月もシックな色合いです。 背景にパターンとして描かれているのはライオンです。オランダ語でライオンはLeeuwといいますが、ライオンはオランダの国獣になっていて(ちなみに日本は雉らしい。非公式で。)住んでいると至るところで目にします。 国章やフットボールのエンブレム、政府から届くお手紙にも

          motograph 2023 カレンダー [6月]

          motograph 2023 カレンダー [5月]

          motograph 2023 カレンダー、5月のイラストはこちらです! タイトルは「Twee betekenissen van de helderste ster van de dageraad(明けの明星の2つの意味) 」。 少しシックな色合いにしてみました。前回の天使と変わって悪魔を描きました。西洋において悪魔とは大きく分けて2種類。キリスト教(ユダヤ教)以外の宗派の神だったもの、そしてかつては天使だったけど堕天して悪魔になったものです。元々キリスト教ができた頃までは天

          motograph 2023 カレンダー [5月]

          motograph 2023 カレンダー [4月]

          motograph 2023 カレンダー、4月のイラストはこちらです! タイトルは「Eeuwige kracht en nieuwe namen(永遠の力と新しい名前) 」。 この絵にも登場する天使はよく描くモチーフですが、最近あたまの上の輪っかを描かないことが多くなりました。というのも移住してから教会や美術館でたくさんの天使に出逢いますが、頭の上にドーナツ状の輪っかは見かけたことがなく、日本独特のアニメや漫画的な表現になってしまっている気がしたのです。 そもそもこの輪っか

          motograph 2023 カレンダー [4月]

          motograph 2023 カレンダー [3月]

          motograph 2023 カレンダー、3月のイラストはこちらです! タイトルは「De weg vooruit en waar we in moeten geloven(進むべき道と信じること) 」。 オランダには世界有数の美術館がいくつもあり移住前からとても楽しみにしていました。最も有名なアムステルダムの国立美術館にはレンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」、ゴッホの自画像など中世から現代まで8000点以上の作品が展示されていて1日いても見尽くせません。

          motograph 2023 カレンダー [3月]

          motograph 2023 カレンダー [2月]

          motograph 2023 カレンダー、2月のイラストはこちらです! タイトルは「Het woord en de leiding van het Lam(子羊の言葉と導き) 」。 東京にいた頃もオランダに来てからも割とビルの多いエリアに住んでいますが、こちらでは電車やバスで少し移動するとすぐに自然溢れる風景が広がります。車窓から広大な牧場にいる馬や羊、山羊なんかが走り回っているのが見えるととても嬉しくなります。 これまでも作品の中や、トートやTシャツなどのグッズにも、羊を

          motograph 2023 カレンダー [2月]

          motograph 2023 カレンダー [1月]

          前回の記事でお知らせしたmotograph 2023 カレンダー、早速ですが1月のイラストはこちらです! タイトルは「Geur onthouden in een droom(夢で思い出した香り) 」。オランダ語です。 オランダに来てからさまざまな宗教観や歴史、文化、芸術に実際に触れてその影響を強く受けています。 そして、いまはロッテルダムに住んでいるのですが、港町ロッテルダムといわれるだけあって、運河にはたくさんの船が停泊していて、それを眺めながらの散歩が大好きです。近くに

          motograph 2023 カレンダー [1月]

          motograph 2023 カレンダー

          ご存知の方も多いかと思いますが、2012年から毎年同じフォーマットでカレンダーを作り続けています。 ただ一度、2017年はあまり絵が描けず、2018年版はなんのアナウンスもせずにナシにしたところ「今年はないんですか」というお問い合わせとともに「毎年飾るのを楽しみにしています」とか「過去のものも捨てずに全部持っています」といったありがたいコメントをたくさんいただいてしまい、続けることの大切さを改めて感じました。 そんな中でのオランダ移住。日々街を歩いているだけでもとても刺激を

          motograph 2023 カレンダー

          オランダ移住1日目

          「海外移住」というかっこいい言葉の響きに反して、僕はオランダ語は全く話せないし英語もそれほど堪能ではないので、泥臭いくらい日本で出来ることは可能な限り準備して旅立ちました。荷物は海外引越業社に送ってもらい、携帯もEUで使えるSIMカードを予め日本で買っていたし、スキポール空港からの送迎も現地日本人ドライバーに手配しました。そもそものビザ申請もエージェントに依頼しているし、ネットサービスやアプリが充実しているのでほとんどのことはどうにかなってしまう。ありがたい時代です。都内での

          オランダ移住1日目

          オランダ移住しました!

          久しぶりにnoteを開いたら開設からは2年、前回の投稿からは1年半以上経っていました。コロナ禍になって周りに同調するような形で始めたnoteなので改めて月日の経過を改めて感じます。 僕はというと、その間に生活や仕事の環境がガラッと変わったこともあって、以前から漠然と考えていた「海外移住」を行動に移し始め、半年くらいかな、準備してようやくオランダに住み始めました。 海外旅行は何度か経験しているのでその延長線で、と思っていたら当然ながら「住む」となるともう全然別で、準備から実際

          オランダ移住しました!