愛酒クリーム日本酒の輪を巡る旅in奈良
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

愛酒クリーム日本酒の輪を巡る旅in奈良

【第3回】 
愛酒クリーム日本酒の輪を巡る旅in奈良

その土地の水
その土地の酒造から
全国へ

『第一回』
大分県(三和酒類株式会社 和香牡丹)
販売店:丸田酒舗



『第二回』
愛知県(澤田酒造株式会社 白老)
販売店:リカーショップはら

敬称略

5月から巡っておりますが、第3回を迎える事ができました。

いつも本当にありがとうございます。



今回の日本酒の輪を巡る旅の行き先は『奈良県』です。

【酒造】
奈良県吉野町
美吉野醸造株式会社 代表銘柄『花巴』

花・・・吉野桜
巴・・・三つ巴

奈良といえば大仏。菩提酛造りと言われる伝統の造りがあるように、宗教と日本酒の関係が深かった事を思わせる奈良県です。

酒蔵の建屋には吉野杉が使われており、香りがつきにくく防水性も高いのも特性。
桶や樽など酒造りの道具にも最適です。

ホーロータンクが発明されるまでは酒造りに欠かせないものだったようです。
美吉野醸造では今でも吉野杉の木桶を使用。木桶仕込みの酒も造られております。
山から切り出した吉野杉を積み出した地の近く吉野川に面した蔵。

全量酵母無添加。培養酵母を一切使わず、
蔵に棲みついている自然界の酵母だけでアルコール発酵させる。

山廃造りも行うがこの蔵らしい酒はなんといっても水酛。

室町時代に奈良の菩提山正暦寺で開発された生酛よりも古い酒造法だ。蔵付き乳酸菌の発酵に頼った酒造りで、独特の原始的な香りがする。

水酛とは一般的には菩提酛として知られてます。



今回は、こちらの花巴に惚れ込んだ新宿三丁目にある花巴専門店
『よきこときく』とのコラボ企画です。


テーマは『脱力』

女性専用の発酵温浴専門サロン『発酵温浴 nifu』が入浴後の休憩処としてはじめた、無添加・手作り・家庭料理をテーマに身体の内側から綺麗を目指す和食をご提供するお店です。
有機野菜、無農薬米、大山地鶏、麹などのこだわりの食材を使用し、毎日食べられる優しい一皿が食べられる。また、奈良“美吉野醸造”の清酒・花巴を常時50種以上ご用意しており、杜氏の勧める保存・提供の仕方で楽しめる夢の空間。


新型コロナウイルスに伴う自粛で癒やしを求める皆様にとっておきのプランをご用意頂きました。

◆セット内容
・花巴 水酛純米
・自然淘汰 山廃純米木桶
・花巴 山廃純米吟醸うすにごり
・ご当地おつまみ一品(鮎味噌orうるか味噌)※選べません

送料、消費税込み なんと¥8,888-

【オンラインイベント】
11/1(日)18:00よりオンラインイベント

【受付期間】
10/8~10/25(日)18:00まで


清酒・花巴の醸造元、美吉野醸造の橋本杜氏とオンライン【ZOOM】で繋ぎ、
花巴2019BY 3種の飲み比べを、杜氏の解説付きで行います。

美吉野醸造の吉野の風土に寄り添う酒造り、農業と共に生きる酒造りの話を
杜氏自ら語って頂きます。


個人的に大好きな花巴のイベントをやれる事を大変興奮しております!!
自然に寄り添った酒造り。

飲めばわかります。

この蔵がどれほどの思いで酒造りに真剣に向き合っているのか。
関わる人々の熱い思い、自然との寄り添い方。

今の疲弊する現代社会に必要な価値観を得られる体験の場になるかもしれません。





画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
moririn130

よろしければサポートお願い致します♪頂戴致しましたサポートは取材に充てます♪

ありがとうございます。これからもあなたに寄り添います。
インスタグラムで日本酒の投稿をメインに活動しております。2021/11/30現在フォロワー19900人 日本酒を世界へ!世界から見える日本の文化はどのように見えているのか。世界の人の価値観に寄り添う事で、日本酒の発信の仕方も変わるのではないかと考えております。