MNH GLOBE <Social Good Company>

ソーシャルグッドカンパニー・株式会社MNHの活動をお伝えする情報メディア「MNH GL…

MNH GLOBE <Social Good Company>

ソーシャルグッドカンパニー・株式会社MNHの活動をお伝えする情報メディア「MNH GLOBE」 新商品やビジネスモデル、イベント情報などなど、気楽に情報発信をしていきます!

マガジン

  • 「ザ・MNH 〜失敗と挑戦の15年間〜」

    とにかくやってみました。そしてとにかく失敗をしてきました。それこそが今のMNHを作り上げてきた大切なプロセス。MNHのリアルを紹介します。

  • 「「働く」を多様化する 〜多様化する雇用〜」

    MNHが掲げる企業理念「喜びのある働くを共につくる」をもとに、MNHが考える“働く”を伝えていきます。

  • はじめてのMNH

    MNHの基本情報です。MNNをはじめて知る方はまずはここをお読みください。

ストア

  • 商品の画像

    マッチ箱博物館 虫入りコハクのコレクション (マッチ箱なし)

    手軽に虫入りコハクを手にしていただける、ポストカードサイズの単品商品です。 台紙のままスマホライトを下から当てて観察していただけます。完全版のコハクの買い足しにもオススメです。 コハクとは天然樹脂が化石化したもので、なかには当時の虫や植物・気泡など様々なものが入っています。 マッチ箱博物館の所蔵する世界最大級のコレクションのなかから厳選されたコハク化石をお届けします! 台紙サイズ 幅110×高さ150mm ※肉眼で観察することは難しいため、マイクロスコープを使ってください。 ※こちらの商品にはマイクロスコープは付属しておりません。 ------------------------------------------------ ■マッチ箱博物館とは? 1988年から収集した鉱物、化石のコレクション。 こんなに珍奇で美しいものを独り占めするのはもったいない。 そんな想いから生まれたのが、マッチ箱博物館。 いつになっても「好奇心に火を点けて欲しい」そんな願いもあって、 マッチ箱の中に一つずつ、本物の鉱物や化石、隕石に宝石を詰めました。 ■スマホやルーペで観察してみましょう! コハクの下に紙とスマホのライトを設置してマイクロスコープで覗いてみると、より内容物が観察しやすくなります。 詳しい観察方法はぜひ公式サイトでチェックしてみてください。⇒https://mbhaku.com/insectsinamber/howtoobserve-amber/ ------------------------------------------------
    900円
    MNH STORE|SDGs PRODUCT
  • 商品の画像

    マッチ箱博物館 虫入りコハクのコレクション (マッチ箱入り)

    恐竜時代(およそ9900万年前)の虫入りコハクがマッチ箱に1つ入っている観察キットです。 外箱のうら側にある白い部分をくりぬくと、小窓から中の琥珀が見えるようになっています。 コハクとは天然樹脂が化石化したもので、なかには当時の虫や植物・気泡など様々なものが入っています。 マッチ箱博物館の所蔵する世界最大級のコレクションのなかから厳選されたコハク化石をお届けします! マッチ箱サイズ 幅58×高さ38×奥行き22mm ※肉眼で観察することは難しいため、マイクロスコープを使ってください。 ※こちらの商品にはマイクロスコープは付属しておりません。 ------------------------------------------------ ■マッチ箱博物館とは? 1988年から収集した鉱物、化石のコレクション。 こんなに珍奇で美しいものを独り占めするのはもったいない。 そんな想いから生まれたのが、マッチ箱博物館。 いつになっても「好奇心に火を点けて欲しい」そんな願いもあって、 マッチ箱の中に一つずつ、本物の鉱物や化石、隕石に宝石を詰めました。 ■スマホやルーペで観察してみましょう! コハクの下に紙とスマホのライトを設置してマイクロスコープで覗いてみると、より内容物が観察しやすくなります。 詳しい観察方法はぜひ公式サイトでチェックしてみてください。⇒https://mbhaku.com/insectsinamber/howtoobserve-amber/ ------------------------------------------------
    1,800円
    MNH STORE|SDGs PRODUCT

ウィジェット

  • 商品画像

    MNH(エムエヌエイチ) 【自由研究】未来コオロギラボ コオロギ食べくらべキット(昆虫食自作キット) ガーリック、カレー、ピザ 1 個

  • 商品画像

    未来コオロギスナック2 ×5袋

  • 商品画像

    玄米デカフェ 100g つや姫・あきたこまちセット デカフェ・ノンカフェイン レギュラー(ドリップ)

  • 商品画像

    玄米デカフェ 1ドリップ つや姫 ×6袋 デカフェ・ノンカフェイン レギュラー(ドリップ)

  • 商品の画像

    マッチ箱博物館 虫入りコハクのコレクション (マッチ箱なし)

    手軽に虫入りコハクを手にしていただける、ポストカードサイズの単品商品です。 台紙のままスマホライトを下から当てて観察していただけます。完全版のコハクの買い足しにもオススメです。 コハクとは天然樹脂が化石化したもので、なかには当時の虫や植物・気泡など様々なものが入っています。 マッチ箱博物館の所蔵する世界最大級のコレクションのなかから厳選されたコハク化石をお届けします! 台紙サイズ 幅110×高さ150mm ※肉眼で観察することは難しいため、マイクロスコープを使ってください。 ※こちらの商品にはマイクロスコープは付属しておりません。 ------------------------------------------------ ■マッチ箱博物館とは? 1988年から収集した鉱物、化石のコレクション。 こんなに珍奇で美しいものを独り占めするのはもったいない。 そんな想いから生まれたのが、マッチ箱博物館。 いつになっても「好奇心に火を点けて欲しい」そんな願いもあって、 マッチ箱の中に一つずつ、本物の鉱物や化石、隕石に宝石を詰めました。 ■スマホやルーペで観察してみましょう! コハクの下に紙とスマホのライトを設置してマイクロスコープで覗いてみると、より内容物が観察しやすくなります。 詳しい観察方法はぜひ公式サイトでチェックしてみてください。⇒https://mbhaku.com/insectsinamber/howtoobserve-amber/ ------------------------------------------------
    900円
    MNH STORE|SDGs PRODUCT
  • 商品の画像

    マッチ箱博物館 虫入りコハクのコレクション (マッチ箱入り)

    恐竜時代(およそ9900万年前)の虫入りコハクがマッチ箱に1つ入っている観察キットです。 外箱のうら側にある白い部分をくりぬくと、小窓から中の琥珀が見えるようになっています。 コハクとは天然樹脂が化石化したもので、なかには当時の虫や植物・気泡など様々なものが入っています。 マッチ箱博物館の所蔵する世界最大級のコレクションのなかから厳選されたコハク化石をお届けします! マッチ箱サイズ 幅58×高さ38×奥行き22mm ※肉眼で観察することは難しいため、マイクロスコープを使ってください。 ※こちらの商品にはマイクロスコープは付属しておりません。 ------------------------------------------------ ■マッチ箱博物館とは? 1988年から収集した鉱物、化石のコレクション。 こんなに珍奇で美しいものを独り占めするのはもったいない。 そんな想いから生まれたのが、マッチ箱博物館。 いつになっても「好奇心に火を点けて欲しい」そんな願いもあって、 マッチ箱の中に一つずつ、本物の鉱物や化石、隕石に宝石を詰めました。 ■スマホやルーペで観察してみましょう! コハクの下に紙とスマホのライトを設置してマイクロスコープで覗いてみると、より内容物が観察しやすくなります。 詳しい観察方法はぜひ公式サイトでチェックしてみてください。⇒https://mbhaku.com/insectsinamber/howtoobserve-amber/ ------------------------------------------------
    1,800円
    MNH STORE|SDGs PRODUCT
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

みんなで日本をハッピーに!

こんばんは、こんにちは。 MNH社長の小澤です。 今月からMNHの活動を伝えていこうと考えてオウンドメディア「MNH GLOBE」を始めることにしました。noteはさらに”気軽に発信する場所”として「MNH GLOBE +」としました。 MNHは2008年に設立します。ソーシャルビジネスをやろうと立ち上げた会社です。 創設は現会長。私はその後、2010年に参加します。当時は売上なんてほぼありませんでした。でも、ビジョンに全力でコミットしようと思ったのです。 なんと言って

    • 東京のひとにもまれてきました

      MNHの小澤です。 今やMNHの大きな柱事業である「ひとスナック」。 このアイデアの発端は、「つや姫スナック」を一緒につくった、蔵王米菓さんとの出会いにある。 蔵王米菓さんがつくれる米菓の型がいくつかあり、その中に「タコ」があった。製造の都合上、4本足にしかできないのだが、これが「人の形に見える」と。MNHの企画担当が発見した。 そして、当時注力していた山形エリアで、人型スナックの企画を考えはじめたのだった(*1)。しかし、既に山形で同じ"米菓"である「つや姫スナック」

      • 求む・高尾山にお寿司を届けてくれる人!

        MNHの小澤です。 こうして「なっぱ寿司」を自ら高尾山へ届けて、好調な販売を続けること、半年。 2014年のゴールデンウイークを前に、自ら配達することに限界を感じ、求人を出すことにした。「朝、国立の工場までお寿司を取りに行って、高尾山口まで届けて欲しい」というシンプルな依頼だった。 すると、70代の男性2人が応募してきてくれ、しばらく配達をお願いすることになった。定年後に時間があった彼らにとって、ちょうど良い仕事となったようだ。 しかし、メーカー側が応援販売(店頭で自

        • MNHが「多摩ブルー・グリーン賞」2度目の受賞!

          コミュニティ工場の取り組みが「多摩みらい賞」受賞 2023年12月、多摩信用金庫が主催する「第21回多摩ブルー・グリーン賞」において、MNHの運営する「コミュニティ工場」の取り組みが「多摩みらい賞」を受賞しました(*1)。 「多摩ブルー・グリーン賞」は、地域企業による技術開発や経営戦略創造の活力を生み出し、地域経済が活性化されることを目的に、2003年より継続的に開催されているものです。 改めまして、MNHの「コミュニティ工場」では、現代社会や企業の仕組みと合わない理由

        • 固定された記事

        みんなで日本をハッピーに!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 「ザ・MNH 〜失敗と挑戦の15年間〜」
          MNH GLOBE <Social Good Company>
        • 「「働く」を多様化する 〜多様化する雇用〜」
          MNH GLOBE <Social Good Company>
        • はじめてのMNH
          MNH GLOBE <Social Good Company>
        • 「気づいたら「お米」でした〜MNHとお米の話〜」
          MNH GLOBE <Social Good Company>
        • 「コオロギと明日〜コオロギのある日常〜」
          MNH GLOBE <Social Good Company>
        • 「HAPPYを循環させる〜仕組みのトリセツ〜」
          MNH GLOBE <Social Good Company>
        • 商品画像

          MNH(エムエヌエイチ) 【自由研究】未来コオロギラボ コオロギ食べくらべキット(昆虫食自作キット) ガーリック、カレー、ピザ 1 個

        • 商品画像

          未来コオロギスナック2 ×5袋

        • 商品画像

          玄米デカフェ 100g つや姫・あきたこまちセット デカフェ・ノンカフェイン レギュラー(ドリップ)

        • 商品画像

          玄米デカフェ 1ドリップ つや姫 ×6袋 デカフェ・ノンカフェイン レギュラー(ドリップ)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          この寿司は高尾山でも絶対に売れるはず!

          MNHの小澤です。 「これはうまい!高尾山で絶対売れる!!」 普段から売れそうなものにアンテナを張っている自分だが、この時の直感はすさまじかった。 その時のぼくは、庄内町の町長との打ち合わせの前に、役場の前のベンチでスーパーでたまたま見つけた「めはり寿司」をかっ食らっていた(*)。 それまで食べたことがなかった、その美味しい寿司について調べてみると、なんと奈良の郷土料理だという。江戸時代より大坂から北海道まで物資を運んでいた「北前船」により、庄内にも西の文化が入ってき

          この寿司は高尾山でも絶対に売れるはず!

          山形のゆるキャラ大集合!つや姫スナック

          MNHの小澤です。 2012年3月に「東北に若者の雇用をつくる株式会社」を立ち上げ、山形進出に踏み切った直後。ありがたいことに山形銀行が、地元企業との商談会を開いてくれた(*1)。 そのうちの1社が、蔵王米菓さん(*2)だった。 もともとMNHでは「山形だからお米の商品がいいだろう」と、米菓メーカーを希望していた。工場で大量生産ができる規模でありながら、MNHのような小さな会社ともつき合ってくれる(かもしれない)蔵王米菓さんは、まさに理想のパートナーだった。 ぼくらは

          山形のゆるキャラ大集合!つや姫スナック

          ぼくらには出番がなかった

          MNHの小澤です。 2013年1月。 「東北に若者の雇用をつくる株式会社(以下、東北雇用)」の秋田本社の設立で散々な思いをしたが、ぼくらは懲りずに、今度は宮城での展開を考えはじめていた。 もともと東北雇用の本拠地の庄内町と「南三陸町」とは “姉妹都市”である。 南三陸町は、ご存知のとおり、東日本大震災で津波に飲まれ、壊滅的な被害をうけた町だ。 震災の当日に、庄内町の副町長と商工観光課長が、連絡のとれない町の人を危惧し、支援物資を車に積み南三陸町まで駆けつけたという。そん

          ぼくらには出番がなかった

          “毛虫”のように歩みが遅い?秋田進出

          MNHの小澤です。 2012年3月に、庄内町に設立した「東北に若者の雇用をつくる株式会社」は、その後、さらに秋田へ進出することになった。 秋田は、MNHの菅会長の出身地でもある。 実はぼくが入社する以前の2010年辺りから、秋田の角館で、とある商品企画を温めていた。 その名も「毛虫かりんとう」。 なぜ毛虫なのか? その昔、秋田藩主の佐竹氏がかぶっていた兜の前立てが、“毛虫”だったという。 毛虫は一見弱そうにみえるが、つねに前進し、決して後ろに退くことはない。葉を食べて

          “毛虫”のように歩みが遅い?秋田進出

          発見!お米を変えればご当地ものになる。

          MNHの小澤です。 「つや姫」でつくったというだけで、お客さんが目を輝かせ、ばんばん売れていく団子。 そんな反応に驚きながらも、結果的には嬉しい悲鳴をあげていた。 後で知ったのだが、山形の人は「つや姫」をほとんど食べたことがないらしい。 もちろん基本的に“はえぬき”の米をもらって食べている。しかし“高級米”であるつや姫は、生産者も限られ希少な銘柄なので、地元人でも食べる機会が少ないのだそう。 この大ウケの経験を機に、ぼくらはハットトリック団子という名前を「つや姫団子」に

          発見!お米を変えればご当地ものになる。

          “つや姫団子”だって! おいしそ〜!!

          MNHの小澤です。 商品企画とは、究極的には、売ってみないと分からないーー。 それをつくづく実感した例がこれだ。 ある時、調布市の産業振興課の人から、「テントを出してものを売れる機会があるよ」と誘われた。場所はFC東京のホームである、味の素スタジアムだ。 ぼくらは「じゃあやります」と請けおい、何を売ろうか考えた。 競技場はやはり、その場で食べられるフードがいいだろう、と。高尾山の権現茶屋で売られている、有名な三連の「三福団子」を思いついた。早速それをつくっているアーバン(

          “つや姫団子”だって! おいしそ〜!!

          思いのほか売れた酒の華かりんとう

          MNHの小澤です。 2012年の春先。 MNHの初のコラボ商品・「醤油かりんとう」に続き、第2号をつくることにした。 この当時、「多摩地域 27市町村に1商品ずつ、特産品をつかったかりんとうをつくろう」と息まいていたぼくらは(さすがに叶ってはいないが)、さっそく多摩地域に点在する酒蔵に目をつけた。「酒粕かりんとう」というのもありじゃないか、と。 そのなかで惹かれたのが、小澤酒造だ。 元禄15年創業。東京を代表する銘酒として名高い「澤乃井」さんと組めたらいいよなぁ、と思い立

          思いのほか売れた酒の華かりんとう

          「マッチ箱博物館」で幸せな未来をつくる仲間をつくりたい

          こんにちは! MNH広報部です。 前回に引き続き、コーポレートサイトで紹介している「マッチ箱博物館」の記事について、お話をします。 突然ですが、みなさんは、お菓子の空き箱などを、どうされていますか? 私は、綺麗なデザインの空き箱を捨ててしまうのがもったいなくて、文房具を入れたりマスクを入れたりして、再利用しています。 また、最近ステキだなぁと思ったのは、先日の友人宅でのこと。 クラフトビールの缶を、一輪挿しにしたり、多肉植物の植木鉢にしたり。どこかレトロな雰囲気のラベ

          「マッチ箱博物館」で幸せな未来をつくる仲間をつくりたい

          「マッチ箱博物館」にみる“MHHならではのものづくり”とは?

          こんにちは! MNH広報部です。 前回に引き続き、コーポレートサイトで紹介している「マッチ箱博物館」の記事について、お話をします。 突然ですが、みなさんは「商品企画」の現場について、どれくらいご存知でしょうか。 一般的な手順として、「市場分析をする」「ターゲットを設定する」あたりは王道でしょう。その商品を表現する魅力的な「コンセプト」づくりも、大切ですよね。 しかし、MNHの商品企画は、ちょっと変わっています。 ここでちょっとみなさんに質問です。 例えば、学生時代の

          「マッチ箱博物館」にみる“MHHならではのものづくり”とは?

          「マッチ箱博物館」にはMNHの想いが詰まっている

          こんにちは! MNH広報部です。 「マッチ箱博物館」は、鉱物や化石をマッチ箱に入れて、自分だけの博物館をつくることができる、MNHの科学雑貨です。 おかげさまで2022年の販売開始以来、科学好きな子どもを中心に、好評をいただいています。 さて、2010年の創業以来、ずっと食品一筋だった当社が、ここにきてなぜ「雑貨商品」をつくったのでしょうか?  発売当初より、MNHの周りからは、こんな声が聞こえていました。 「気が変わったの?」 「多角化の一環?」 ーーいえいえ。

          「マッチ箱博物館」にはMNHの想いが詰まっている

          新商品「mement bonbons(メメントボンボン)」に込めた想いとは~365日を記念日に③~

          こんにちは、MNH広報部の阿部です。今回は、新商品「メメントボンボン」に込めた想いについてお話しできたらと思っています。 メメントボンボンは、MNHの自社工場である「コミュニティ工場」で製造しています。ちなみに、コミュニティ工場とは、引きこもり経験者や生きづらさを感じている若者に対して、働く場所を提供する場所です。 そして、商品梱包作業の一部は、福祉作業所に依頼していますが、就労者の中には、絵を描く才能を持った方も大勢います。彼らの作品を商品化して、将来的に支援に繋げてい

          新商品「mement bonbons(メメントボンボン)」に込めた想いとは~365日を記念日に③~

          新商品「mement bonbons(メメントボンボン)」に込めた想いとは~365日を記念日に②~

          こんにちは、MNH広報部の阿部です。今回は、メメントボンボンの誕生に至るストーリーをお届けします。 メメントボンボンが誕生したのは、2020年にコロナが始まり、MNHのプリント菓子の受注がゼロになったのがきっかけでした。受注がないと、工場では仕事はなく、ヒマになってしまいます。そこで、NB(ナショナルブランド)の商品を作ろうと思い立ったんですね。今までは、OEM案件がメインだったので。 それで、まず販売したのが、コロナ禍に販売した「アマビエラムネ」です。アマビエラムネは、

          新商品「mement bonbons(メメントボンボン)」に込めた想いとは~365日を記念日に②~