マガジンのカバー画像

ウノスケ(右脳でスケジューリング)

68
右脳でスケジューリングする手帳 『M365』は、正方形ベースのデザインです。正方形デザインは閉鎖性が強く、上下左右どこから見ても対称で、とてもシンプル、パッと見て美しく、その瞬間… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

落書き

家族が集まる部屋を居間とかリビングとかいう。昭和39年(1964年)、第1回めの東京オリンピックのころ、その部屋の一番いい場所にあるのはテレビだった。テレビ以前のその席は一家の大黒柱であるオヤジだった。地震、雷、火事、オヤジといわれるように、世の中の怖いものに肩を並べていた日本のオヤジは家の中で一番いい場所をテレビに奪われ、その威厳を失っていったように思う。そのテレビでさえも、一家に一台から一部屋に一台となり、2021年に開催された2回目の東京オリンピックのときは、手のひらの

量産できるのか?

【中島】 そうなんです。試作品を見た工場長に「こんな手帳見たことない。1冊や2冊の見本レベルならいくらでもできるけど、ラインではできないよ。ちょっと宿題にさせておいて」と言われて、待っていたんですね。  2021年の手帳を作るとしたら、冬にはデザインを入稿して、春には製品にしないと間に合わないと聞いていたんですが、正月になっても「まだ考えています」と言われて。そのうちコロナ禍になってしまい「これは無理だな」と思っていたら、突然2020年6月頭にこのサンプルが届いたんです

あの時アメリカで見つけた理想の手帳がどうしても手に入らない

【高畑】なるほど、夢はスターバックスですか。それが2019年ですよね。そこからこの手帳(「M365」)の開発がスタートしたんですか? 【中島】 このノートの話をしているときに、秦さんが「なんであなたは手帳は作らないの?」と。秦さんは音楽家で、いろんな活動をされているんですけど、“超右脳人間”で発想がすごいんですよ。 【秦】 私はスケジュール帳難民だったんです。12月に1月始まりの手帳を買い、2月に4月始まりを買い、7月に9月始まりを買い……だけどどれも嫌なんです。 【高

売り方を考えてなかった!

【高畑】このノートは普通にお店で買えるんですか? 【中島】 それが、これは私が勝手に作っているんで、お店には並んでないんです。ネット通販サイトを立ち上げるのは自分たちでできるんですけど、実は文具の流通の価格には合ってないんですよ。この売価設定から流通卸価格を計算すると、ほとんど原価と同じみたいになってしまうんです。しかも、メードインジャパンにこだわるあまり…今のところ一般の小売店には並んでないんです。 【高畑】そうですか、でもまずはネット通販なら全国から買えますね。 U

<手帳の使い方>その1.手持ちのスケジュールを全部書き出してみよう

スケジュールを鳥の目で見てみよう!ウノスケの手帳は、スケジューリングに特化しています。ウノスケの手帳の中のカレンダーは3種類あります。ページの前半は、6ヶ月が一目で見渡せる「曜日優先カレンダー」で、ページの後半は1ヶ月分の「月別カレンダー」と「日別カレンダー」がが見開きで一目で見ることができるようになっています。 曜日優先カレンダーは、縦軸に「曜日」があり、横軸に「年月」があります。ページの前半に曜日優先カレンダーがあるのは、曜日優先カレンダーは大まかなスケジューリングに便

マンダラから「M9ノート」へ

【高畑】この手帳を作るに至った経緯を教えて 【中島】  当社コンピュータリブは1998年からホームページの作成を行っている会社です 。普段はお客さんごとに一つずつ違うものを制作して納めるのが仕事なのですが、一つの物を作っていろんな方にサービスする事業をやりたいと思って、2018年前、20周年の時にクラウドファンディングでノート作りを始めたんです。  それがこの「M9notes」というものです。実は私はそれ以前からマンダラをベースにした、この3×3マスのノートにハマってまし

マンダラとめくる動作で予定を右脳で俯瞰するスケジュール帳「M365」とは

2種類の月間表示を行き来する特殊製本  M365手帳には、2種類の月間表示と変則的に6カ月を俯瞰できるフォーマットが用意されています。月間表示の一つはブロックマンスリーで、もう一つは1日1行のホリゾンタルマンスリーで、交互に製本されています。 2種類の異なる形式のマンスリーをスムーズに行き来するために作られた製本は、だいたいB5とB5を縦に半裁した形のページが交互に綴じ込まれていて、見開きは長短のページが組み合わさった、正方形に近い寸法となっています。この短ページをめくるこ

直感的な使いかたには手帳が強さを発揮します

スマートフォンの普及率は85%といわれる状況で紙の手帳を持つメリットは本当にあるのでしょうか。さすがにわたしのようにスマホに飽き足らず、紙の手帳まで作ってしまおうなどというかわりものはなかなかいないでしょうけど、紙の手帳とスマホやパソコンによるスケジュール管理を併用している人たちはまだまだ多いようです。 仕事で忙しいからあえて紙の手帳は持たないという人も少なくないでしょうが、かつてビジネスマンのステータスでもあった手帳ですから、ファッションとして持っている人もまだまだ多いで

秘密基地へようこそ

わたしたちが開発した新しい手帳『M365』は、荒唐無稽な夢を語っても笑わずに聞いてくれる、かけがえのない友人です。と、先日ご紹介したばかりですが、別の友人のことを思い出しました。あまり出会いのなかった2020年に知り合った数少ない新しい友人です。 彼は小さな胸に大きな夢を育み、本当に実現させてしまいました。年若く聡明で誰よりもアクティブな小学4年生。探求大好き少年のレウォン君です。 レウォン君は“元素”に魅せられました。美しい長周期表やさまざまな化合物のこと、スマホでなく、

出会いを手帳に書き込む

無駄なことのなかった2020年今年もあと一ヶ月と少々を残すのみとなりました。終わってもないのになんですが、わたしを含めて世界中の多くの人々にとっておそらく一生でもっとも無駄なことのなかった年になるはずです。 無駄がなければ充実するのでしょうか?そうではありませんね。しかも困ったことに満たされない一年でした。まだ、過去形で語れないのは残念であります。便利さ、快適さと引き換えに無駄をなくしていくときには、窮屈なこと、画一化への抵抗が薄れるため、つまらないという感覚すらマヒしたも

手帳の季節

文房具売場の一番いい場所に手帳が並べられる季節になりました。わたしが初めて買った手帳は、高校生のとき、東急ハンズで見つけたイノベーター社製のものでした。グレーのカバーに「innovator」と縦に入ったロゴが格好良かった。わたしは道具から入るたちで、その最たるものが文房具です。例えば、万年筆はペリカン社製を長年愛用しています。わたしの手は厚くて大きいほうだけれど、軸はやや細くて、ペン先はF、インクはウォータンマンのブルーブラックが好き。黒とロイヤルブルーのインクはモンブラン社

予定にないことを書く勇気

もうじき新しい手帳を使い始める季節になります。スマホでスケジュール管理をしていると、新しい年に新しいモノをおろすというような区切りがありません。手帳は一般的に一年ごとに新調します。新品の手帳を開くと、さてなにから書こうかドキドキとワクワクと、本当にこんなこと書いてもいいのかというちょっと後ろめたい気持ちが交錯します。毎年味わう気分です。新しい靴を履いて出かけるときや、新しい鞄を傷つけないようにかばいながら持って歩くというような、真新しいモノを身にまとうとちょっと自分がバージョ

やりたいことは紙であれ電子であれ手帳が高機能する過程で失ったシンプルな操作性

バブル期のころまで手帳は購入するものと別に貰い物で済ませる人たちも多くみられました。 明治13(1880)年に住友銀行(現三井住友銀行)は横浜・馬車道の文具店・文寿堂(ぶんじゅどう)に社名入りの手帳の制作を依頼しました。これは我が国の民間初の手帳であり、足掛かりに文寿堂はあちこちの企業から洋式の手帳の受注生産に成功します。企業は年始に社員に自社の刻印の入った手帳を配り、一年間使わせました。社是・社訓・度量衡(どりょうこう)の一覧、年齢早見表などが記載されていました。多くの企

進歩を拒むへそ曲がり

スマホは無個性なコンビニエンスストア 電子手帳をベースとしたスマートフォンは、ガラケーからさまざまな用途を引き継ぎました。電話帳、通話機能、カメラ、メール機能。インターネット閲覧、ワンセグといったところが代表例です。ガラケーの時代にはテレビゲームも原始的なものでしたが、今日ではゲーム専用機と比べても遜色がありません。スマホは電話と言いながら、高性能な小型コンピューターですから、新しいアプリケーションを増やせば機能を増やすのは簡単なことです。音楽プレーヤー、動画再生プレーヤー