オオツボマコト@33cha

ハーブティーカフェ・バー「33cha」の店主( https://note.com/33cha_cafe/ )|ハーブティーブレンド・ジュニアアドバイザー|マルチ・ポテンシャライト|1994年生まれ

オオツボマコト@33cha

ハーブティーカフェ・バー「33cha」の店主( https://note.com/33cha_cafe/ )|ハーブティーブレンド・ジュニアアドバイザー|マルチ・ポテンシャライト|1994年生まれ

    マガジン

    • とある個人飲食店開業者のケーススタディ

      脱サラした27歳が小さな飲食店を始めるまでのあれこれを記録しています。

    • 趣味・コラム

      趣味やお酒の話を、つらつらと書いています。てきとうなやつです。

    • キャリア論

      生き方や働き方について書いています。いろんな生き方があっていいと思います。

    ストア

    • 商品の画像

      【No.01】みみチャイ|ミルクに合うチャイみたいなハーブティー(ティーバッグ 10包入)

      紅茶を使わず、ハーブ・スパイスだけで作ったチャイのようなハーブティー。 一般的なチャイよりもまろやかで、ふんわり華やかな香り。 ノンカフェインなので、おやすみ前の1杯にもおすすめです。 原材料:シナモン、ジンジャー、クローブ、カルダモン、ルイボス、オレンジピール、ジャーマンカモミール 内容量:ティーバッグ10包(3g×10) ▼おすすめの作り方(1杯分) 1. 牛乳100mLと「みみチャイ」ティーバッグ1つを鍋に入れて火にかける 2. 沸騰したら火を止め、フタをして5分くらい蒸らす 3. 追加で牛乳100mLを注ぎ、砂糖かはちみつを大さじ1くらい加えて、火をつけてふつふつ沸くまで温める 4. お好みの温度まで温まったら、ティーバッグを取り出して完成 ♪ 低温殺菌牛乳を使うと、口当たりが軽やかで、 ハーブ・スパイスの香りがふわっと広がり、より美味しく召し上がっていただけます。 ▼詳しい飲み方やアレンジの紹介はこちら https://note.com/33cha_cafe/n/n259ece940982 パッケージのイラストはフクロモモンガのミミ店長がモデルです。 ミミ店長のInstagram:https://www.instagram.com/mimi_2.14/
      1,700円
      33cha オンラインストア|ハーブティーとフクロモモンガグッズのお店|みみちゃ
    • 商品の画像

      【No.02】ちゃちゃっと|お仕事を元気に乗り切るハーブティー(ティーバッグ 10包入)

      しょうが紅茶のような風味で、飲みやすく元気の出る味わいのハーブティー。 水出しにするとマテのカフェインやタンニンの抽出が抑えられるので、すっきり飲みやすくオススメです。 原材料:エキナセア、マテ、ルイボス、レモングラス、ジンジャー、ローズマリー 内容量:ティーバッグ10包(3g×10) ●学校や会社での水分補給に  ボトルにティーバッグ1個と水300~700mLを入れて、冷蔵庫で3~8時間程度抽出。 ●もうひと踏ん張りの残業時間に  ティーカップにティーバッグ1個と熱湯を注いで、3~4分抽出し、ティーバッグを取り出す。 ▼詳しい飲み方やアレンジの紹介はこちら https://note.com/33cha_cafe/n/nfb23c2ccb1cf パッケージのイラストはフクロモモンガのきなこちゃんがモデルです。 きなこちゃんのInstagram:https://www.instagram.com/kinaco_soy_sugarglider/ ※わずかですがカフェインを含むため、妊娠中の飲料はお控えください。
      1,700円
      33cha オンラインストア|ハーブティーとフクロモモンガグッズのお店|みみちゃ
    • 商品の画像

      【No.01】みみチャイ|ミルクに合うチャイみたいなハーブティー(ティーバッグ 10包入)

      紅茶を使わず、ハーブ・スパイスだけで作ったチャイのようなハーブティー。 一般的なチャイよりもまろやかで、ふんわり華やかな香り。 ノンカフェインなので、おやすみ前の1杯にもおすすめです。 原材料:シナモン、ジンジャー、クローブ、カルダモン、ルイボス、オレンジピール、ジャーマンカモミール 内容量:ティーバッグ10包(3g×10) ▼おすすめの作り方(1杯分) 1. 牛乳100mLと「みみチャイ」ティーバッグ1つを鍋に入れて火にかける 2. 沸騰したら火を止め、フタをして5分くらい蒸らす 3. 追加で牛乳100mLを注ぎ、砂糖かはちみつを大さじ1くらい加えて、火をつけてふつふつ沸くまで温める 4. お好みの温度まで温まったら、ティーバッグを取り出して完成 ♪ 低温殺菌牛乳を使うと、口当たりが軽やかで、 ハーブ・スパイスの香りがふわっと広がり、より美味しく召し上がっていただけます。 ▼詳しい飲み方やアレンジの紹介はこちら https://note.com/33cha_cafe/n/n259ece940982 パッケージのイラストはフクロモモンガのミミ店長がモデルです。 ミミ店長のInstagram:https://www.instagram.com/mimi_2.14/
      1,700円
      33cha オンラインストア|ハーブティーとフクロモモンガグッズのお店|みみちゃ
    • 商品の画像

      【No.02】ちゃちゃっと|お仕事を元気に乗り切るハーブティー(ティーバッグ 10包入)

      しょうが紅茶のような風味で、飲みやすく元気の出る味わいのハーブティー。 水出しにするとマテのカフェインやタンニンの抽出が抑えられるので、すっきり飲みやすくオススメです。 原材料:エキナセア、マテ、ルイボス、レモングラス、ジンジャー、ローズマリー 内容量:ティーバッグ10包(3g×10) ●学校や会社での水分補給に  ボトルにティーバッグ1個と水300~700mLを入れて、冷蔵庫で3~8時間程度抽出。 ●もうひと踏ん張りの残業時間に  ティーカップにティーバッグ1個と熱湯を注いで、3~4分抽出し、ティーバッグを取り出す。 ▼詳しい飲み方やアレンジの紹介はこちら https://note.com/33cha_cafe/n/nfb23c2ccb1cf パッケージのイラストはフクロモモンガのきなこちゃんがモデルです。 きなこちゃんのInstagram:https://www.instagram.com/kinaco_soy_sugarglider/ ※わずかですがカフェインを含むため、妊娠中の飲料はお控えください。
      1,700円
      33cha オンラインストア|ハーブティーとフクロモモンガグッズのお店|みみちゃ
    • もっとみる

    最近の記事

    固定された記事

    『空』の思想と、あとコトバ遊び

    以前書いたnoteで、仏教における『空(くう)』という考え方を取り上げました。 ありとあらゆる物事は、全て「空」なのです。 「空」は「無」とは異なります。 何も無いわけではありません。確かに、それはそこに在るのです。 ただし、在るのはその現象だけであって、その実体は存在しない。 〈中略〉 この世に存在するあらゆる物事は絶えず移り変わっていて、永遠不変なるものは存在せず(無常)、 同時に、全ての事象には必ずそれが起こった原因があって(因果)、あらゆるものは他との関係が縁となる

    スキ
    53
      • 京都でハーブティー専門カフェ&バーをオープンしました

        昨年末に会社員を辞めて独立し、飲食店の開業準備を進めていたのですが、去る6月19日、京都四条大宮にて無事お店をオープンしました。 新撰組で有名な壬生寺さんの近くです。 店名は「33cha(みみちゃ)」といいます。 「バーでカクテルを嗜むように、ハーブティーを気軽に楽しめる大人のお店」がコンセプトの、カウンター11席だけの小さなカフェ&バーです。 詳しいコンセプトや想いについては、こちらのnoteに詳しく書いています。 いろいろとこだわりを詰め込んだお店になっていますので

        スキ
        3
        • 妥協はできないが、妥協しないと決められない【飲食店開業 物件探し編 #01】

          昨年末に会社を退職して、小さな飲食店の開業に向けて準備を進めています。 今は、主に物件を探している段階です。 事業計画書やメニュー案、ロゴなどは、既にある程度準備ができているのですが、テナント物件が決まらないと、細かい資金計画も融資の申し込みも、引っ越しも厨房機器の発注も、何も具体的なことが進められません。 飲食店において、言わずもがな物件はめちゃくちゃ大事です。 コンセプトやコンテンツの方も大事ですが、「かなりの時間とお金を投資してしまっている以上、後からやり直すのが難

          スキ
          4
          有料
          300
          • そのうち「やりたいこと」が見つかる、なんてことはたぶんなくて

            なんかこう、とりあえず日々を暮らしていたら、いつか何かのきっかけで自分の「やりたいこと」が見つかる、なんてことはたぶん幻想でしかない。 いや、実際にはそういう「何か」が偶然やってくることもあるんだろうけど、ただ受け身で待ってるところにそれがやってくるのはいつになるか分からないし、それをアテにして生きていくのはちょっと心許ない気がする。 というか、結局のところ、知らないし、やったこともないものを「やりたい」と思うことがあるだろうか? 例えばテレビとかSNSとかでその新しい何か

            スキ
            12

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • とある個人飲食店開業者のケーススタディ

            • 2本
            • ¥500

            脱サラした27歳が小さな飲食店を始めるまでのあれこれを記録しています。

          • 趣味・コラム

            • 45本

            趣味やお酒の話を、つらつらと書いています。てきとうなやつです。

          • キャリア論

            • 37本

            生き方や働き方について書いています。いろんな生き方があっていいと思います。

          • お蔵入り。

            • 16本
            • ¥200

            もはや人に読まれる価値もない古くて拙い記事達を有料マガジンに封印しています。

          • 仕事術・思考術

            • 44本

            考え方について書いています。

          • まことんの本棚

            • 36本

            おすすめの本の紹介や読んだ本の書評をまとめたマガジンです。

          • 「仕組み化」を考える

            • 17本

            仕組みの一部に組み込まれるな。広く見ろ。流れを読め。繋がりを見つけろ。根本から変えろ。「仕組み」を作れ。

          • 会計の話

            • 12本

            個人や会社のお金の話を会計的な視点で。

          • イノベーション

            • 25本

            イノベーションを起こしましょう。

          • 【スライド解説】知識ゼロから理解するAIブーム

            • 5本

            AIについての社内勉強会で使ったスライド資料をベースに解説した記事です。

          • とある個人飲食店開業者のケーススタディ

            • 2本
            • ¥500

            脱サラした27歳が小さな飲食店を始めるまでのあれこれを記録しています。

          • 趣味・コラム

            • 45本

            趣味やお酒の話を、つらつらと書いています。てきとうなやつです。

          • キャリア論

            • 37本

            生き方や働き方について書いています。いろんな生き方があっていいと思います。

          • お蔵入り。

            • 16本
            • ¥200

            もはや人に読まれる価値もない古くて拙い記事達を有料マガジンに封印しています。

          • 仕事術・思考術

            • 44本

            考え方について書いています。

          • まことんの本棚

            • 36本

            おすすめの本の紹介や読んだ本の書評をまとめたマガジンです。

          • 「仕組み化」を考える

            • 17本

            仕組みの一部に組み込まれるな。広く見ろ。流れを読め。繋がりを見つけろ。根本から変えろ。「仕組み」を作れ。

          • 会計の話

            • 12本

            個人や会社のお金の話を会計的な視点で。

          • イノベーション

            • 25本

            イノベーションを起こしましょう。

          • 【スライド解説】知識ゼロから理解するAIブーム

            • 5本

            AIについての社内勉強会で使ったスライド資料をベースに解説した記事です。

          記事

          記事をすべて見る
            • 3社目、退職しました。27歳、脱サラします。

              この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

              スキ
              26
              • 冷静に考えて今のコロナ対策っておかしくない?

                おかしなことにはちゃんと「おかしい」って言った方がいい。 ---------- 旭酒造さんが出稿した意見広告。 本当にその通りだと思った。 緊急事態宣言とか時短営業とか何度も繰り返されてて、なんというかもう慣れてきている自分がいて。 もはや自分の知っているお店や施設が閉業していくことにも慣れてしまっている。 こういう状況下で政治的な議論をすることにも疲れたし、Twitterも1年近く前から告知以外で使うのを辞めて、コロナ関連の意見を発信するのを意図的に避けていた。

                スキ
                22
                有料
                100
                • チューブが詰まって湧水が出なくなったアクアテラリウムをリセットして、メンテナンスしやすいイモリウムを作った話

                  リモートワークが増えて、家庭でで楽しめる趣味のひとつとしてアクアリウムを始めた方も多いのではないでしょうか? 僕も去年の5月くらいから、およそ10年ぶりに水槽でアカハライモリを飼っています。 レイアウトも何度か試行錯誤して、かなり作り込んで、半年くらい経過したアクアテラリウムなのですが、メンテナンス性が非常に悪く、遂に湧水を通していたチューブが詰まってしまったので、先日リセットしました。 今回はその概要について紹介したいと思います。 旧レイアウトリセットする前のレイアウ

                  スキ
                  4
                  • 『絶望を希望に変える経済学』◆読書ログ2021#01◆

                    今回の読書ログは、『絶望を希望に変える経済学  社会の重大問題をどう解決するか』です。 ランダム化比較実験(RCT)という手法を活用した貧困緩和の研究で、2019年にノーベル経済学賞*を受賞したバナジー氏とデュフロ氏による一冊です。彼らが書いた『貧乏人の経済学』も有名です。 (* ちなみに「ノーベル経済学賞」というのは通称で、実際にはノーベル賞ではなく、本来は「アルフレッド・ノーベル記念 経済科学におけるスウェーデン国立銀行賞」とでも訳すべきものだったりします。) さて

                    スキ
                    3
                    • とある在宅ワーカーがデスク環境を整えた例

                      私事ながら先月引っ越しをしまして、なにぶん在宅でのPC作業が多くなったものですから、このタイミングでデスク環境を一新しました。 割と満足できる環境になったので、ざっと紹介したいと思います。 攻めあぐねている方の参考になれば幸いです。 デスク デスクはL字型です。 天板をできるだけ広く空けておきたいので、上がフラットで、下側にだけ棚があるタイプのものを選びました。 ちなみに、ベッドやデスク等の組み立ては、電動ドライバーがあると爆速で終わります。 数千円で手に入るので、引

                      スキ
                      41
                      • 「経営者目線を持て」はナンセンス

                        ときどき耳にする「経営者視点を持つべき」という言葉。 会社によっては、社長が従業員に向けて「全従業員が経営者視点を持って取り組んでください」と話したり、 あるいは人事担当者が就活生に「成長したければ経営者視点で考える癖を付けてください」と話したり。 でも、社員に「経営者視点を持て」と言うのはナンセンスではないか、と僕は思うのです。 そもそも『経営者視点』とは何ぞやって思いませんか? きっとそれを発言する人には、もう少し具体的な意図があってのことだとは思いますが、受け取

                        スキ
                        28
                        • 『社会変革のためのシステム思考実践ガイド』◆読書ログ2020#07◆

                          今回の読書ログは、『社会変革のためのシステム思考実践ガイド』です。 本書は、主に社会変革(ソーシャル・インパクト)の文脈で書かれた本ではありますが、そこで解説されている「システム思考」というツールは、公共の社会課題の解決のみならず、一般的な民間企業をはじめとする様々な組織で活用ができるものだと思います。 ただ、多くの人にとって大変役立つ内容である一方で、同じ具体例・同じ説明が繰り返し用いられていたり、抽象的な表現が続く箇所があったりと、書籍の構成としてはやや冗長な印象も否

                          スキ
                          14
                          • リブセンスのYouTubeチャンネルがとても良いのでみてほしい

                            どうも。大坪です。 普段は株式会社リブセンスでマーケティングをしてます。 弊社の人事が運営しているYouTubeチャンネルがあるんですが、これがなかなか良いのでみてほしいのです。 メインターゲットは就活中・就活前の学生ですが、就活を終えた入社前の学生、あるいは入社数年の若手社会人の方にもオススメしたい。 どんなチャンネル?リブセンス採用担当のりっちゃんが、「内定をゴールとした『表面的』な情報ではなく、社会や会社の『リアル』を率先して伝えていくこと」をコンセプトに、様々な社

                            スキ
                            34
                            • 消費税率を上げてはいけない理由

                              新型コロナの影響で景気が悪化する中、財政悪化を懸念して消費増税も視野に入れた議論も行われているらしい。 いやー、流石に呆れますね。おこです。 (他のいくつかの税金もそうですが、)消費税は、こんなときに絶対に増税してはいけません。 こんなときでなくても上げてはいけません。 むしろ減税すべきだし、何なら廃止すべきです。 消費税は税金の役割に反している1940年代にNY連銀の議長を務めたRuml B.の論文[1946]では、租税の目的として以下の4つを挙げています。 ①通貨

                              スキ
                              14
                              • そうだ 教祖、なろう。『完全教祖マニュアル』◆読書ログ2020#06◆

                                今回の読書ログは、『完全教祖マニュアル』です。 まずこれがどういう本なのかというと、まさにタイトルの通りです。 「教祖」になるためのマニュアル本です。 単なるネタ本などではありません。 ちゃんと完成度の高い教祖マニュアルとして成立しています。 冗談などではなく、確かにこれを読めば教祖になれる(気がする)のです。 目次はこんな感じです。  序章 キミも教祖になろう! 第一部 思想編  第一章 教義を作ろう   第二章 大衆に迎合しよう  第三章 信者を保持しよう  第四

                                スキ
                                9
                                • 学んできた理屈が現実に合わないなら、その理屈を疑わなければならない『MMTとは何か』◆読書ログ2020#05◆

                                  2020年の5冊目は、『MMT〈現代貨幣理論〉とは何か 日本を救う反緊縮理論』です。 昨年頃からアメリカや日本で注目を集めているMMTですが、その歴史は浅く、誤解されているケースも多数見受けられます。 今回は読書メモとして、その勘所をまとめてみることにします。 MMT(現代貨幣理論)とは何かそもそも「MMT」とは何でしょうか? よく見かける説明としては、「お金はどんどん新たに発行すればいいので、自国通貨建てであれば国はいくらでも借金できる。財政赤字も政府債務も気にする必要

                                  スキ
                                  6
                                  • 理念とかビジョンとかやりがいとか、そんなことを考えなくちゃいけない時代の「ゆたかさ」とは何ぞやと。

                                    企業の理念とかビジョンとか、あるいは、個人の生きがいとか働きがいとか。 今って、そういうのを考える会社・個人って多いじゃないですか。 いや、社会全体で見たら、そういうことを考えてる会社・個人の方がマイノリティなんですよ、実は。 全員が全員、そんな大層なことを考えて、意識して働いてるかって、そんなことは全くない。 もちろん、彼らにそれを強いる必要もないし、そうすべきじゃない。 とはいえ、やっぱり増えてきてるのは間違いないと思うんです。 たとえばほら、「やりがい」の検索ボリュ

                                    スキ
                                    30