midizine by MIDI INC.

レコード会社、ミディ(MIDI)が運営するwebマガジンです。 https://mid…

midizine by MIDI INC.

レコード会社、ミディ(MIDI)が運営するwebマガジンです。 https://midiinc.com/

マガジン

  • ベトナムは猫年

    ベトナム・ホーチミン在住のチズさんによる連載。日々、おいしいものとおもしろいものを探して、街を探索しているチズさんが、ベトナムの「今」を日本人目線で発信しています。連載名はベトナムの干支には猫が含まれており、連載開始の2023年が「猫年」であることに由来します。

  • ア・ガイド・トゥー・ノーウェアー

    カナダのシンガーソングライター、アイザック・ヴァレンティン(Isaac Vallentin)が、ノバスコシアでの暮らしを綴る連載です。MIDI Creativeよりリリースのアルバム『Amateur Japanese Edition』も是非!https://midiinc.com/album/amateur-japanese-edition/

  • toi toi toiの余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)

    愛知を拠点に活動中の、イトウマ、坪内万里コ、吉岡優里の3人による短歌グループ「toi toi toi」が送るエッセイ&短歌。余韻嫋嫋とは「ここちよい音やなつかしい音などが、ずっと残って消えないさま/思い出や詩文などのもたらす、ここちよい余情」を意味します。

  • 酒場にて

    日本全国常に一見。だが、旨い酒にはこと欠かない。酒と少しの音楽の話。ロンサム・ストリングス、ホープ&マッカラーズを主宰する音楽家/ギタリスト、桜井芳樹による連載。

  • Grand Teachers アーカイブス

    昔の記事を再アップしていきます

最近の記事

  • 固定された記事

村松崇継へのロングインタビュー!「アーティストである村松崇継を忘れてはいけない」

映画やアニメなどの劇伴を手がける一方で、歌曲の提供やコンサート活動など、幅広い音楽活動を展開する作曲家、村松崇継。5歳からピアノを始め、高校在学中の1996年、ミディよりデビューアルバム『窓』をリリースしました。国立音楽大学作曲学科に進学後、角川映画『狗神』の劇伴を大学在学中に担当。以降、数多くの映画、TVドラマ、舞台、ミュージカル等の音楽を手掛けています。 村松氏は映画『64-ロクヨン-前編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で、日本アカデミー賞優秀音楽賞を2年連続受賞。第4

    • ワールドスタンダード、デビュー前の3作品が40年の時を経て、デジタルリマスターで初CD化!

      今年と来年がデビュー40周年イヤーとなる、鈴木惣一朗率いるワールドスタンダード。そこで6月5日(水)、ワールドスタンダード(略称:ワルスタ)がデビュー前の1982年から84年にかけて、カセットテープのみでリリースした幻の3作品がCDリイシューされます。いずれも40年の時を経て、本人監修の元、デジタルリマスターされています。 鈴木惣一朗が「エブリシング・プレイ」名義で残したアルバムのリマスター音源が、配信解禁されたり、ワルスタによる、1997年リリースのアルバム『Countr

      • フォーだけじゃない!ベトナム在住の私が何度もリピした麺料理のお話

        2023年後半あたりから、ベトナムに遊びに来てくれる友達が増えてきたこともあり、いろいろな観光地やフードスポットに案内する機会が増えてきました。 初めてのベトナムと聞くと、やっぱりベトナムと言えば!で真っ先に思いつくものを見たり食べたりさせてあげたい…となるとまず思いつく大メジャーベトナム料理がバインミー、生春巻、フォーだったりするのですが、実は言うとこのあたりのフード、私は普段あんまり食べることがありません。 ぶらっと出かけた時や、朝の散歩の時、軽くサクッと食べるなら麺料

        • エイドリアンの死について。最愛の友、兄弟、師に想いを馳せる。

          修理工の待合室で半分目を覚ましたまま座っていた。この2か月の間に4度目のことだ。顧客と部品の注文を取り扱うフランシーヌは、おそらく店で唯一の清潔な手を持つ従業員として、他の仕事についても責任を持っていたが、私たちの椅子の間でペレットストーブを修理しようとしていた。私は窓際の手指消毒剤のボトルと点火用のライターを彼女に手渡した。先週の記録的な嵐の雪は、外の街灯の下で粉砕されたウィンドウガラスのように舞い、雲は太陽が昇るかどうかを決めるかのように紫色を装っていた。 電話が鳴り、

        • 固定された記事

        村松崇継へのロングインタビュー!「アーティストである村松崇継を忘れてはいけない」

        マガジン

        • ベトナムは猫年
          7本
        • ア・ガイド・トゥー・ノーウェアー
          3本
        • toi toi toiの余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)
          6本
        • 酒場にて
          38本
        • Grand Teachers アーカイブス
          104本
        • ゆらゆら台湾
          7本

        記事

          ドトールに負けない!?サイゴンのおすすめカフェチェーン店6選。

          ベトナムといえば?と日本の人が聞かれた時、フォーの次あたりに出てくるのがベトナムコーヒーだと思います。皆さんが想像するベトナムのコーヒーは、練乳が入った小さなグラスの上にちょこんと乗ったドリッパーからぽとぽとと落ちてくるタイプのものではないでしょうか?私もベトナムに来る前はそのイメージでした。 確かにベトナムのおじさんたちが集うコーヒー屋さんでは、今でもオールドファッションなドリッパースタイルが主流です。 しかし、その一方でベトナムのコーヒーは想像以上に進化しており、飲み方も

          ドトールに負けない!?サイゴンのおすすめカフェチェーン店6選。

          【短歌&エッセイ】また会えました

          音楽に出会ったきっかけは中学1年の終わりか2年の始めくらいにラジオで流れたSEKAI NO OWARIの『虹色の戦争』という曲を聴いたことがきっかけだった。それから10年以上が経ち、たくさんの音楽に出会い、たくさんの音楽を聴いた。その中で聴かなくなった音楽もたくさんある。中学生の頃から、まだ世間では知られていない音楽を探すことも好きだった私は本当にたくさんの種類の音楽を聴いていたと思う。新しい音楽に出会うたびに少しずつ音楽の趣味は変わっていった。 2015年高校2年生の夏、

          【短歌&エッセイ】また会えました

          高槻

           まずは前回の続きから始めよう。  『ジャズ大名』愛知・刈谷公演の中止の報を受け、バンドメンバーはその場ですぐに機材を片付け始めた。最初はその翌日に機材バラシの日を設けることになっていたので、ある程度まで纏められれば、と思っていたのだが、そのある程度までになってくると、もうこれはきちんとトランポ出来る最後の状態までやってしまわないと気が済まなくなり、速やかに作業を終了した。これで翌日はただ東京に戻れば良いのだ。そして急いで駅の窓口に行き、チケットの乗車変更をする為の列に並んだ

          HACOへのロングインタビュー!生い立ち、作曲への初期衝動、アフター・ディナー結成からソロまで、その軌跡を辿る

          アヴァンポップ・グループ、アフター・ディナー(After Dinner)やホアヒオ(Hoahio)での活動が世界的に注目されている、音響系ミュージシャン、HACO。音楽活動を開始した80年代初頭から現在に至るまで、ソロ・コラボレーション問わず、数々のプロジェクトを展開し、近年はサウンドアートの文脈でライヴ・インスタレーションやレクチャー、ワークショップも精力的に行うなど、活動の幅を広げています。 HACOは1995年、ミディ・クリエイティブ(MIDI Creative)よ

          HACOへのロングインタビュー!生い立ち、作曲への初期衝動、アフター・ディナー結成からソロまで、その軌跡を辿る

          記録されないまま消えていったベトナムの流行り物のはなし

          街の様子を注意深く観察していると、いろいろなものが流行っていることに気がつきます。 特にバイクや車周りの流行は老若男女問わず、手に取りやすいような手頃な価格のプラスチック製品であることが多く、大体1年スパンくらいで流行が移り変わるようです。 私がベトナムに住み始めた2019年ごろ、爆発的に流行っていたのはこの二つでした。 ヘルメットを被ったアヒルちゃんです。 おや?と思った人もいらっしゃるはずです。そう、こちら日本のダイソーで販売されていて、お見かけになった方もいるかと思い

          記録されないまま消えていったベトナムの流行り物のはなし

          【短歌&エッセイ】ふくよかな娯楽

          歌舞伎を観てみたいなあ。と思いつつも、チケットを取るのはなんだか難しそう…となかなか行動に移せずにいた私の耳に朗報が入る。市川海老蔵改め、市川團十郎さんの襲名披露と、その息子にあたる市川新之助さんの初舞台公演が2週間にわたって名古屋の御園座で執り行われるらしい。しかもネットで調べたところ、通常なら一万円以上するチケットが学割でなんと三千円で観劇できてしまうらしい。学割史上、いちばんテンションの上がる学割だった。そうともなれば、いそいそとチケットを購入... 歌舞伎を観てみた

          【短歌&エッセイ】ふくよかな娯楽

          神戸

           2024年1月『ジャズ大名』は西に向かった。まずは兵庫県神戸市。個人的には最近では昨年秋に西宮でのタンゴのコンサートで演奏したり、この辺りはそこそこ訪れる機会が多い地域だ。しかし神戸市街地では、何と言っても三宮での演奏が多く、ここ神戸駅付近に来たのは、かれこれ十数年ぶりくらいだろうか。  1月3日に箱根駅伝による交通状況を気にしながら、横浜KAATに機材を預ける。搬入口を奥に入ると、すでに11tのトラックに大道具が積み込まれている最中で、指定の場所に機材を纏めて、再度確認し

          【アーカイブス#106】角を曲がればいつも新しい何かが待ち受けている。デヴィッド・ドンデロが歌い続ける理由。*2020年9月

          1971年、アメリカの非営利法人のCorporation for Public Broadcasting(アメリカ公共放送社)によって設立されたのがNational Public Radioだ。全米に900ほどある加盟局に番組を配信し、インターネット放送や加盟局のストリーミング・サービスの代行などを行なっている。現在はNational Public Radioの頭文字を採ったNPRが正式名称となっている。 NPRのホームページを見てみると、「NPRはより情報に明るい人々を生み

          【アーカイブス#106】角を曲がればいつも新しい何かが待ち受けている。デヴィッド・ドンデロが歌い続ける理由。*2020年9月

          【アーカイブス#104】なぜ今「A Hard Rain's A-Gonna Fall」なのか。イライザ・ギルキースンを聞いて。*2020年6月

          いろんなところでもう何度も繰り返してしつこく書いているが、ぼくがフォーク・ソングに夢中になったのは1960年代半ば、中学生の頃だ。最初はキングストン・トリオ、ブラザーズ・フォア、ピーター・ポール&マリーといった、当時人気のあったモダン・フォーク・コーラス・グループを追いかけ、そのうちぼくの関心は彼らがレパートリーとしている歌を作っているフォーク・シンガーたち、ウディ・ガスリーやピート・シーガー、ボブ・ディランやエリック・アンダースン、トム・パクストンやフィル・オクスなどへと移

          【アーカイブス#104】なぜ今「A Hard Rain's A-Gonna Fall」なのか。イライザ・ギルキースンを聞いて。*2020年6月

          【アーカイブス#103】ジ・アザー・フェイバリッツ*2020年5月

          昔と違って最近はぼくも YouTube で音楽を聞く(見る)機会が多くなった。YouTube で見たいミュージシャンや気に入っているミュージシャンの動画や音を聞いていると、その機能に対して何か専門的な言葉があったようにも思うのだが、「次はこんなのはどうですか?」、「こちらもお勧めですよ」と、関連性のありそうなミュージシャンやこちらが好きになりそうなミュージシャンを YouTube が親切に教えてくれる。そこでそれまで知ることのなかった新しいミュージシャンとの出会いが生まれたり

          【アーカイブス#103】ジ・アザー・フェイバリッツ*2020年5月

          【アーカイブス#102】やきいもから10年。シモーン・ホワイトの新しい歌。*2020年4月

          シモーン・ホワイト(Simone White)。彼女の2009年のアルバム『Yakiimo/やきいも』と2012年のアルバム『Silver Silver/シルヴァー・シルヴァー』は日本でもPヴァイン・レコードから発売され、当時かなり話題にもなったので、シモーンの歌に耳を傾けたり、彼女の名前を覚えている人はたくさんいることと思う。とりわけ2009年のアルバム『やきいも』には、「やきいも」という歌が入っていて、シモーンは「やきいも/いしやきいも/やきいも/おいしいやきいも」と日本

          【アーカイブス#102】やきいもから10年。シモーン・ホワイトの新しい歌。*2020年4月

          【アーカイブス#101】ワンダーどころかワンダー・フルなボニー・ライト・ホースマン。*2020年2月

          「This album is a wonder」 きっかけとなったのはぼくの大好きなアイルランドのシンガー・ソングライターのリサ・ハリガン(Lisa Hannigan)が今年 2020 年の 1 月 27 日にツイッターにツィートしたこの一行の文章だった。 彼女はボニー・ライト・ホースマン(Bonny Light Horseman)の「親愛なる友だちのみなさん、いよいよ今日がその日です! わたしたちのアルバムが 37d03d レコードからいたるところでリリースされます! すべ

          【アーカイブス#101】ワンダーどころかワンダー・フルなボニー・ライト・ホースマン。*2020年2月