YUKIKO

フラワーアーティストとして表現という宇宙的広がりを感じた経験を活かし 身近な表現 お洋服やメイクを通して 生きることの本質を伝えようと活動しています。 情報過多や現代に 大切な自分自身の本質に目をむけるきっかけを届ける記事をnoteで発信してます。

YUKIKO

フラワーアーティストとして表現という宇宙的広がりを感じた経験を活かし 身近な表現 お洋服やメイクを通して 生きることの本質を伝えようと活動しています。 情報過多や現代に 大切な自分自身の本質に目をむけるきっかけを届ける記事をnoteで発信してます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    noteをはじめて1年 note始めた理由❣️

    noteを始めて 今日で1年。 最初は使い方もわからずでしたが  ようやくアウトプットが進むくらいまでになってきました。 そして またひとつ年を重ねました。 とは言っても何も大して変わっていません。  私は私のままです。 しかし この1年の間にいろいろな体験は積み重ねたなと感じています。 いろんな ステキな方たちとの出会いもありました。 noteも続けることができた。 なんだか それだけでも大きな達成感です。 さて タイトルにある『noteを始めた理由』ですが  私には

      • 新しい自分になる第一歩。

        先日 お洋服の着こなし、コーディネートと 新しいアイテムの購入について ご相談をいただき ショッピングへ同行して来ました。 事前にお手持ちの服などの お写真を見せていただき 現時点での ファッションの傾向を分析 現在地確認ですね。 お手持ちのアイテムから クライアント様の扱い慣れたモノや お好みの傾向がみえ それを基準に 新しいモノを選んでいきます。 ボトムスには 裾広がりのシルエットを 好む傾向と トップスは  『そこ氣になっているんですね〜』と わかるほどの 隠し

        • 問題じゃないのに 問題にしたがる心理

          お洋服の相談を聞いてると  その方の現在地を見ることになります。 相談している その時もちゃんと服は着て来てるのに ファッションに悩んでるんですよね。 不思議だな……と よく思ってしまうのですが 話を聞いていると 原因がわかってきます。 自分を見てない‼️そこなんですよね。 服が私を変えてくれると  思っている方が多い。 結論 来てるものを変えたところで 結果は同じです。 服ではなく 何を変える必要があるのか⁉️ その思考を変える必要があります。 新しいものを

          • 2023年になりました。

            ずいぶんと間があいてしまいましたが…… 私は元氣に過ごしています。 この冬に この黒いストーブを 我が家に迎えいれてから  私と愛犬コーダの生活が  ストーブ中心になっています😅 ヨガ哲学🧘‍♀️への興味が 再燃してまして 本を読んだり  ヨガや瞑想を生活に取り入れてみたり  少しおろそかになっていた  わたしとの繋がりを見つめる  そんな新年のスタートとなっています。 自分と向き合う時間をもつ 穏やかになっていくのを感じます。 今年は 珈琲を始めてみよかな〜と 珈琲

            思考は現実化する。

            『思考は現実化する』 そんなことをよく言われますよね。 引き寄せなや潜在意識などに興味ある人たちは この言葉はよく耳にするのではないでしょうか。 さて  先日『ファッションmo引き寄せ』ですよ〜 というお話し会をしました。 ファッションとうたいつつも 波動やエネルギーなどの話をしました。 私たちが見ているものは 5%の世界 残りの95%をどう視るか なんていう話しをさせていただきました。 『引き寄せ美人の法則』Mayumi著の本に 『ブス設定していませんか⁉️』

            似合う服、似合う髪型

            先日 美容師をしている友人とも話していたことですが  『似合う髪型なんて ないのよね』 えーーーーー😱 どういう事⁉️ お洋服のご相談などでも  『似合う服を知りたいです。』 というご相談は多い  美容師さんのところでも 似合う髪型というご相談は多いのだそうです。 『でも それってないんだよね〜』 とは どういうことなのか⁉️ この本  格闘技界で世界チャンピオンをだし  プロスポーツ選手などのトレーナーとして知られる コアチューニング創始者 須田達史さんの本。

            シンプルに伝えたい

            伝えたいこと。 私が『ベース』 理念とでもいうべきなのかな 持っているものは何かな⁉️とあらためて考えました。 美しい世界を生きるここで言う 美しい世界とは 他の言葉に変えると  優しい世界などと同義語 としてイメージしています。 美しいってのは 姿形の話だけではなく 内側に広がる 内面の豊かさの話でもある。 こんな事を書こうと思ったのは 今朝 この記事を読んだから ずっと 氣になっている 女性たちの 執着とでも言えるほどの ダイエットへの意識。 そして 美意識へ

            食事が偏ってないか?というメッセージが届きました。

            最近 1人での食事がおおいからか 簡単にすませてしまっている。 それも パンをかじるとか  朝イチに珈琲飲んじゃうとか スタバ続いてるなーとな 当然スイーツも続いてたかも😱 YouTubeでのリーディングチャンネルで  大好きな MAYUさんのリーディングを観てました。 なんだかいろいろ言っていたのだけど 最後に  『体に悪いものばかり入れてないですか? そろそろ自覚してください‼️』 みたいな事を話し始めた😅 スターシードとか スピ的にいうと そういうお役目なのだ

            センスがあるかないかという話

            なんか コレを伝えて‼️と 朝から湧き上がってきたので 😅 センスがあるとかないという概念について……… コレってね 特別なことでも何でもなくて 経験をしてるかどうか 知ってるかどうか 知ってるだけの人もいれば  実践できる人もいる。 ただ それだけです。 私は  バンクーバー在住の若いアーティストの絵を 買った。昨日 その作品の写真が届いた。 私は彼女に全面的にお任せしていたので 彼女から見ての 私のイメージをアートしてほしいと伝えただけ。 グリーンがかった アン

            10月に入りました。

            大変ご無沙汰しています❣️ 早いもので10月に入りました。 とはいえ 私の頭はなぜか 11月と勘違いしてて😅😅  これは単なる勘違いなのか  先日までの水星逆行からの影響なのか…… 突然ですが 前世とかって 信じますか⁉️ 私は 信じるとか信じないというより  そんな私もいるのか❣️ と捉えています。 以前 前世みちびき画を描いてくださる 中村凰伯さんのセッションをうけたときに  描いていただいた絵です。 私の中にいる 2人の女性像と そして  高次の存在とのつな

            自分の目標、アイデンティティを他者につくらせない。

            このタイトルの言葉は  宇宙飛行士の野口聡一👨‍🚀さんの 言葉。 とても良い話しを聴いたなと感じた。 宇宙飛行士という  長年の経験から培った 人生感とでもいうのか  とても深い話をされていました。 ファッションのお話をすると 必ずと言っていいほど 『洋服と自分の間にも繋がりがあるとは思わなかった‼️』 と話される方が多いです。 そういう意味でも 私は他のファッションアドバイザーとは視点が違うと思っています。 占い師の方の本で  『離婚の相談にくる女性は黒しか着ない』

            親子でメイクレッスン💄

            先日 出張メイクレッスンをしてきました。 メイクの見直しを考えるお母さんと  最近メイクに興味を持ち始めた娘さんと おふたりでレッスンでした。 メイクセラピー💄という スタイルで お手持ちのお道具をメインに使い お困りごとや実現したいことをお尋ねしながら アドバイスさせていただきました。 今どきの10代のお悩みに 答えられるか⁉️とドキドキ💓しつつも 😅 基本的なことを中心に スキンケアのことや そもそもの 『お顔は首まで繋がっていますよー』というような 見落としがちなポ

            お話し会 無事終わりました。

            私にとっては WEBでの ファッションの話をするのは 初の試みでした。 しかし 多くの方から申し込みいただき  アーカイブ希望の方も含め 私自身もが驚くほどでした。 本当にありがとうございます😊 お洋服のお仕事に携わっているという方も多く 伝える側も 受け取る側も どのようにしたらファッションを楽しめるのか⁉️と考えているようです。 やはり 感覚のところの話は 当事者にしか掴めないことで そこのところをどうしたらよりわかりやすくできるのか⁉️とファッションをお仕事にされて

            他人に見る違和感の正体

            お洋服の話をしていると  時に遭遇する場面がある。 『あの人のファッションは変だよね?』という質問…… 私は 正直 あまり人のファッションをおかしいな〜と思ったことがないんですよね。 ただ  私とは違うなー という感じでは見ますが  他人を 変なスタイルだな〜 とは 思った事がないんですよね。 『ファッションに自信がない』と話す方で 他人の服装をとても氣にされる方がいます。 この心理には 何が隠れているのでしょうね。 そこには ご自身のファッションに対する思考が

            小さい子どもにこそ 

            『子ども服って 高いよね〜』 とお孫ちゃんのいるクライアントさんから 子どもって 成長もはやいですよね。 生まれたての子どもが  1年の間にたくさんのことをできるように なります。 1歳になる頃には 立っていたり  歩く子もいたり😆 子供の成長って 嬉しい反面  変化に追いつくのに親も大変😆 動きだけでもこれだけ変化があるなら  感覚も変化が 大人よりも鋭くそして大きく刺激を受けているはず。 赤ちゃんのおもちゃやお洋服  なぜ原色のものが多いか  それは赤ちゃんの色の認

            美しさってなんだろう?

            私は美しさをテーマにする事が多い。 私のお友達が  『女性は美しいのだから その美しさをどんどん出していかないけんのよー』 と話していた。 『美しいだなんて………  そんなことありません……  』 という言葉が聞こえてきそうですが 私も 以前の記事などを読み返したりして 美しいとはなんだろう?とあらためて考えました。 『見る』と『視る』の違い 同じ動作のようで何か違うのだろうか? とある本に 『視る』は 見えない世界を視るときに使う 『見る』は 見える世界を見ると