モルト侍通信

池袋ジェイズ・バー 店主 / 池袋駅北口 徒歩2分。「できればウイスキーのことばかり考えて生きて行きたい」。シングル・モルト・ウイスキーがメインのバー。新入荷情報と日々の雑感を呟きます。実はウイスキーが苦手な方、大歓迎の池袋ジェイズ・バー。

モルト侍通信

池袋ジェイズ・バー 店主 / 池袋駅北口 徒歩2分。「できればウイスキーのことばかり考えて生きて行きたい」。シングル・モルト・ウイスキーがメインのバー。新入荷情報と日々の雑感を呟きます。実はウイスキーが苦手な方、大歓迎の池袋ジェイズ・バー。

    最近の記事

    【お知らせ】安積蒸留所でイベントを行います。

    10月29日(土)に笹の川酒造 安積蒸留所でイベントを行います。 蒸留所見学はもちろんのこと、サンプル・テイスティグ・セミナー、社長には「安積平野から見た日本のウイスキー」と題して講演をしていだき、製造責任者の黒羽さんと蓮村のトークセッションなどを行うツアーです。 さらに、ある意味これは一番の注目ポイントになると思いますが、参加者の皆さんが自身でハンドフィルしたボトルを、1本づつお土産で持って帰って頂きます。 用意した樽は、本来は今年の年末に瓶詰予定であるジェイズ・バー

      • スタッフを募集しております。

        現在、池袋ジェイズ・バーではスタッフを募集しています。 時給:1,250円 出勤日:毎週2日以上出勤可能な方 出勤時間:12時から24時まで(6〜8時間/日) 交通費:支給 履歴書:不要 内容について、もう少し丁寧に説明します。 まずは店内の掃除から始まり、開店準備を整えられるようになって下さい。そして、京子ちゃんがお休みの日に、蓮村が出勤するまでの数時間1人で店番ができるようになればそれが1つ目のゴールです。 あなたの成長に合わせて、次のゴール、その次のゴールを設定

        • 28周年を迎えて、店主からご挨拶

          本日5月12日、池袋ジェイズ・バーは28周年を迎えました。 まずは、日頃よりご愛顧いただいております皆様に感謝の意をお伝えします。 本当にありがとうございます。 当然のことではありますが、長らく続けて来られたのも日々飲みに来るお客様がいたからこそ。 感謝、感謝であります。 毎年この時期になると思い出すのは、28年前の今日「さて、本日開店、準備万端整った」と誇らしい気持ちで入口に看板を出し、お客さんを迎え入れ、いざお会計という時にレジに釣り銭を用意していなかったこと。

          • 飛騨高山蒸留所 探訪記

            僕は「まだ形のないもの」を応援しようと思っている。 今年の1月下旬のこと、北陸の酒屋の社長さんから連絡があった。飛騨高山に新しい蒸留所ができるとのこと。なので一緒に見学に行きましょうと。もちろん僕は快諾した。 蒸留所の名は「飛騨高山蒸留所」。話を聴けば面白い。建設予定地は15年ほど前に廃校となったダムのほとりの小学校の跡地。 2月の中頃の大雪の中、蒸留所建設予定地を訪ねた。ダムのほとりの廃校となった小学校。そこは15年も時間の止まった場所だ。僕らは誰だって学校に通ったた

            「3杯セット」という考え方

            池袋ジェイズ・バーで僕が「3杯セット」を始めてから今年で13年になります。 最初のうちは僕の意図が伝わらず歯がゆい思いもしたし、批判的な人もいたけれど、少しづつ受け入れられ理解され、ウチの店のお客さんには十分に浸透して活用してもらっていると思う。 僕としては嬉しい限り。 気軽にウイスキーを試してもらうのには良い仕組みだと思っている。 あなたがウイスキーを始めたいと思うなら、2,750円だけ払うつもりで気軽に来てもらって構わない。そんな風にでもあなたのウイスキーが始まるな

            本日、10月1日からの営業につきまして

            結論から申し上げるなら「昨日までと何も変わりません」。 ちなみに昨日9月30日までは ・13時に開店 ・24時に閉店 ・ご来店時に手指の消毒と検温にご協力していただいております。 ・全ての営業時間を通じて、酒類の提供をしております。 ・20時までは2名様まで ・20時以降はお一人様のみご来店可能 ・20時以降は看板を出さずに営業しております。 緊急事態宣言下においても6月から上記のように営業を続けておりました。宣言が解除される本日、10月1日からも何も変わりません。 少

            6月1日から営業を再開いたします。

            令和3年6月1日からの池袋ジェイズ・バーの営業についてお知らせいたします。 酒類の提供を行い営業を再開いたします。 営業時間は13時から24時まで。これまで通り無休での営業となりますが、都合により6月13日のみお休みをいただきます。 感染拡大は大きな懸念材料ですが、このままでは当店の経営が立ち行かなくなるとの判断からの決定です。 よろしくお願いします。 池袋ジェイズ・バー
 蓮村 元 
 以下、今回の判断の背景について説明させていただきたいと思います。
ご興味・ご

            5月12日からの営業につきまして

            既報の通り5月末まで緊急事態宣言が延長されました。 結論から申し上げます。 5月12日からも池袋ジェイズ・バーは休業を続けます。 本当に心苦しい思いです。 5月12日に「明けましておめでとうございます」を言いましょうとお伝えしていた皆様には本当に申し訳ありません。 営業再開の時期については、また、改めてご報告いたします。 それまで、しばらくお待ちください。 よろしくお願いします。 池袋 ジェイズ・バー 店主 蓮村 元 繰り返しになりますが、僕は5月12日から池袋ジェ

            グレンリベット 1982 / 30Yo 桜花

            東京の桜はもう散ってしまったけれど、緊急事態宣言下の池袋ジェイズ・バーのカウンターに桜の花が再び咲くことになった。 ラベルの向こうにウイスキーが減って行く様を見ることができる。下地の紺色は夜空を、丸く抜かれた穴は月を表しているのだろうか。桜の花は月を背中に咲いている。 30歳を迎えた彼女は、落ち着いて穏やかでしっとりしている。上品な華やかさを持っていて、サバサバした印象。大騒ぎをして自己主張するタイプでないことは明らかで、だけど、忘れられない存在感がある。 飲み手に寄り

            コロナ禍で考える、4月1日からの営業について

            結論から申し上げます。 池袋ジェイズ・バーは4月1日より東京都の時短要請には「従わずに」通常の営業時間に戻して参ります。少しづつ慎重に、ウイスキーを求める飲み手に合わせて営業時間を後ろに伸ばします。 3月21日をもって緊急事態宣言が解除されました。しかし、3月22日以降も東京都から飲食店に向けた営業時間短縮要請は続いています。 東京都は3月21日までを「緊急事態措置期間」、3月22日から3月31日までを「段階的緩和期間」として2つの期間合わせ全面的な営業時間短縮に協力す

            #005 情熱価格という考え方

            ウイスキーを愉しむために一番大切なのは経験である。 僕は長らくそう考えて来て、その結論はこれからも変わることはないだろう。もちろん、知識や情報の有用性を否定するものではないが、香りを嗅ぎ口に含み、その魅力を感じることこそウイスキーの愉しみではないだろうか。 その愉しみはあなたの手に持つグラスの中に由来する。それは、自宅で気軽に注いだ一杯かもしれないし、バーテンダーがあなたの目の前に運んだ一杯かもしれないが、いづれにしても「僕らとグラスの中のウイスキー」の関係性の物語なのだ

            スペイサイド・リージョンの思い出

            このウイスキーが瓶詰めさされた2010年、つまり今から10年も昔のことになるけれど、彗星のようにに現れたTWA(ザ・ウイスキー・エージェンシー)が、その地位をしっかりと手に入れた頃だったと思う。 彼らは秀逸なリリースを続けて、だからこそ信頼を勝ち取り、結果として僕らは彼らの新しいリリースに注目するようになっていた。 僕らは争って彼らの新しい瓶詰めされたウイスキーを仕入れて、その結果が「これまた良し」となれば好循環が続いていく。 ウイスキー愛好家が増えることを嬉しく思う。

            #004 アルバイトを募集しています。

            現在、池袋ジェイズ・バーではアルバイトを募集しています。 時給:1,050円 出勤日:水・木曜日(他に週1,2日可能な方優遇) 出勤時間:12時から17時まで(5時間/日) 内容について、もう少し丁寧に説明したいと思います。 簡単に言うなら、昼間の手薄な時間に働いてくれる方を募集しています。もうひとつ条件を追加するなら「ウイスキーに興味がある人」。 もちろん、豊富な経験や知識など必要ありません。 ①蒸留所の名前を3つ以上知っている。 ②ウイスキーをストレートで飲んで「

            ブレアソールの思い出

            本日はシェア・バーに出品した2本のブレアソールを紹介したい。 シェア・バーというその仕組みや、僕がそこに参加した動機、そもそもシェア・バーにどのような機能があると期待しているか?ということは語るべきこともたくさんあると考えるので、その件はまた日を改めて。 本日はこの2本のウイスキーに対する思い出を語りたい。 小瓶に詰め替えられた2本のウイスキーはこちらでお買い上げいただける。 リリースの少ない地味な蒸留所という印象がある。 もしも、ブレアソール蒸留所がUD傘下に所属

            #003 人付き合い

            実は人付き合いが得意な方ではない。 こんなことを言うと驚かれる方もいるかと思う。僕自身、自分のことを基本的に社交的だと自覚しているし、コミュニケーション能力が低いとは思っていない。当然だが、緊張することはあっても、人前に出ていくことを厭わない。 職業柄「我が身を晒して生きる」と覚悟している。 バーテンダーという仕事の基本は接客で、その能力が低いとは思わないが、それはこの仕事を始めて訓練を積み重ね、手に入れた能力だと考えている。 「接客力」という言葉があるなら、その能力

            #002 リスク・コミュニケーション

            前回はリスク・コミュニケーションなどと、ちょっと面倒な言い方をしてしまったが、要するに僕はそれを「居酒屋で友達と飲んでいたら、隣のテーブルの知らない人からツッコミが入る不愉快さ」と説明したらいいだろうと考えている。 こちらのテーブルで共有できている前提を、隣のテーブルでは共有できない。その前提を確認し合う作業をすっ飛ばし、僕らの話は既に先へと進んで行く。ところが、その枝葉の話に引っかかってしまう人がいる訳だ。 残念なことに(そして腹立たしいことに)、その部分における彼らの