見出し画像

「あそび場」をつくることは、誰かの背中をそっと押すことにつながる、かもしれない話【移動式あそび場レポ】

こんにちは、まちのこ団です。
今回は、セミナー会場にあそびを届けてきました!

セミナー会場にあそび…?

(「日立地区産業支援センター」の外観)

6月25日(土)。
場所は、茨城県日立市にある「日立地区産業支援センター」。
「Business Challenge Program」(以下「県北BCP」)というプログラムの中で開催されているセミナーで、主催は茨城県の県北振興局、運営は株式会社しびっくぱわー他。

Business Challenge Programとは
茨城県北地域の企業による事業開発を通した将来的な雇用創出を目的に開催。事業開発に必要となる、自社の課題や特色を理解し、異業種との対話を通して知見と視点を学ぶセミナーを経てアイデアソンによるディスカッションとPoCを通した事業開発を実現するアクセラレータープログラム。

Business Challenge Program 公式HPより

当日のセミナー等の内容についてはこちらからご覧いただけます。https://civicpower.jp/bcp/news/2867/

「県北BCP」の運営者である株式会社しびっくぱわーの方々には、まちのこ団立ち上げ当時から大変お世話になっていて、今回も、セミナー会場にあそび場があったら素敵ですよね~と話をしていたのを、形にする機会をつくっていただき、実現しました。

(建物に入ると)
(目の前にあそび場)

一緒にあそぼう!

13時開始のセミナーに合わせ、あそび場を準備しました。セミナーに参加するお母さんに連れられてやってきた子どもたちや、「あそびに来たよ~!」と以前からあそび場に来てくれている子どもたちも。開始前から10人ほどの子どもたちがあそんでいました。

お母さんがセミナーに行ってしまうと、少し不安そうな表情を浮かべる子。そんな子に、「一緒にあそぼ!」と声をかける子。終わるころにはすっかり仲良くなっていました。子どもってすごいなあ。

(はじめは不安そうな顔をしていた姉妹。すっかり仲良しになっていました)
(まちのこ団のあゆむくん(左)。はじめましての子と一緒にあそぶ姿が頼もしかった!)
(手作りコリントで大はしゃぎ)
(「ここに三角を置くと、100000点に入りやすくなるんだよ!」将来がたのしみな男の子)

セミナー参加者、女性人数、過去最高。

運営側の方からのお話では、今までの県北BCPセミナーの中では、女性参加者の人数が過去最高だったそうです。もちろん、子どもの数も過去最高でした。

お母さんがセミナーに参加していて、ときどき見に来るとすぐに駆け寄っていく、そんな少し寂しがりやの男の子がいました。一緒にあそんでいると、ふと話し始めてくれました。

「おうちはもっと南のほうなの。今日は電車で2時間くらいかけてきた。お母さんとあとおばあちゃんと一緒に住んでる。お父さんはいない」

そうなんだね。それは長旅だったね、なんて相槌をうちながら。そうか、参加したいセミナーや集まりなどがあったとしても、様々な事情で行けない人はたくさんいるのかも。

「あそび場」は、あなたの背中を押すことができるかもしれない

「このセミナー参加したい!あ、でも土曜日か。子どもどうしよう。預けられるあてないし…。今回は諦めるか…」

「子どもがいるうちはやっぱりなかなかむずかしいよね…。大きくなってから考えよう」

今回、セミナー会場であそび場をつくることになって初めて、そんなお母さんお父さんたちの存在を知りました。本当は、チャレンジしたいという気持ちがある。でも、様々な障壁がありすぎて、今は踏み出せない。障壁なんて言いたくないけど、現実問題は、そう簡単なことじゃない。

それは、その人自身の人生にとっても、もっと大きく言えば世の中的にも、国家的にも、もったいないことかもしれない。

「あそび場があって、本当によかったです」

「以前は、会議室みたいなところで、2時間くらい待っててもらってたんですけどね。本を数冊渡して、でもやっぱり退屈しちゃって」

「セミナーには参加したいけど、子どものことを考えると躊躇しちゃいますよね。こういう場所があるだけで、本当に助かります」

お母さんたちからのそんな一言が、とてもうれしく思えた1日でした。

県北BCPアイデアソンに参加します!&あそび場つくります!

(県北BCP公式FBページより引用)

いよいよ、第1回目が今週の土曜日(7月16日)に迫ってまいりました!

県北BCPアイデアソンとは
Business Challenge Program(以下、県北BCP)では、新規事業開発を目指したアイデアソンを開催します。
10社それぞれの企業の方がBCPリーダーとなり、事業開発に向けた先導をしつつ、10社それぞれからのテーマに対し多様な参加者がBCPチャレンジャーとして対等な立場で意見を出し合い、新しいアイデアから事業を創出していきます。

このアイデアソンにて、参加企業の事業開発に関するアイデアを出し合い、ともに事業開発をしていく参加者の方を募集します!
🚩一般参加者募集中(1回から参加可能!地域に関わらずどなたでもご参加いただけます!

Business Challenge Program 公式HPより

アイデアソン参加企業は、10社!に、まちのこ団も選んでいただくことができました!皆さまとのディスカッションを通して、さらなるパワーアップをしていきたいと思います!

ちなみに、地域に関わらずどなたでもご参加いただけます!一緒にまちのこ団の未来を考えてくださる方、アイデアをお持ちの方、ぜひ共に歩んでいけたら嬉しいです!!

県北BCPアイデアソンについて、詳しくはこちらからご覧いただけます。
https://civicpower.jp/bcp/news/3002/

この記事が参加している募集

子どもに教えられたこと

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?