中田 達大 / インタビュアー

インタビューにまつわるお仕事をしています。ときどきライティング。インタビュアーという仕事をもっと広めたい。「聴く」ことにまつわるアレコレを書いてます。旅と鍋とミスチルが大好き。90年生。妻と猫の3人暮らし。 HP☞ https://www.naka-tatsu.com/

中田 達大 / インタビュアー

インタビューにまつわるお仕事をしています。ときどきライティング。インタビュアーという仕事をもっと広めたい。「聴く」ことにまつわるアレコレを書いてます。旅と鍋とミスチルが大好き。90年生。妻と猫の3人暮らし。 HP☞ https://www.naka-tatsu.com/

ストア

  • 商品の画像

    【ミニマガジン】農をめぐる旅 Night Before

    〈ご挨拶・商品紹介〉 ZINEをつくっていたら、移住することになりました ― 30歳、東京在住のサラリーマンがひょんなことから1冊のZINE(ミニマガジン)をつくることに。2020年初冬、「農」をめぐる旅がはじまりました。 結果的に4組の方へのインタビューが実現。 クラウドファンディングをしかける稲作農家へ。 8年前から会いたかった人には観光資源としての「農」の可能性を。 地方へ移住して「農」のプロジェクトを推進する方の話にも耳を傾けました。 そして、田舎の暮らしをつくるべく奮闘する酪農家のもとへ。 そこで聞いたたくさんの言葉。 そのうちにZINEづくりはいつしか不思議な展開をみせ、最終的に私は会社を辞めて東京を離れることを決心します。 だから本書は「農」のZINEでありながら、「不思議な数ヶ月」を記録した「旅日記」のようなZINEになりました。 タイトルには「前夜」を意味する「Night Before」を。 僕は、「農」の「前夜」を取材しました。 そしてそれは、僕自身の「出発前夜」につながっていきます。 「食べること」「耕すこと」「働くこと」「生きること」。 無限に広がるような「選択肢」のなかで、私は何を選び取ればいいのだろう。 そういったことに真正面からぶつかった数ヶ月のリアルドキュメンタリーです。 「農」に興味がある方も、移住に興味がある方も、何かを始めようとしている方も。 よければ、手に取ってみてください。 〈書誌情報〉 タイトル:農をめぐる旅 Night Before インタビュー: ①井上敬二朗・真梨子さん(稲作本店) ②青木優さん(MATCHA) ③岡山史興さん(70seeds) ④山川将弘さん(森林ノ牧場) 企画・編集:中田 達大 サイズ:A5横 ページ数:60ページ
    750円
    クウトクル store

マガジン

  • はじめましての方へ:こんなこと書いてます

    まずはこのページをご覧くださり、ありがとうございます。 これまで600本ほどの記事を書いてきたなかで、「はじめまして」の方に、私の自己紹介がてら読んでいただくなら、どの記事がいいだろうかという観点で選んだものをまとめました!フォローはお気軽にどうぞ!

  • インタビューの勉強会

    個人的に面白かったインタビュー記事や動画を「インタビューを学ぶ」という視点で集めています! インタビューって豊富に入門書があるわけでもないし、どうやって勉強しようか…と悩んでいる方もいらっしゃるのでは(僕も仲間です!)。インタビューに興味のある方と一緒に勉強していければな~。「こんな記事もあるよ!」とおススメあればコメント欄で教えてほしいです^^

  • インタビューメディアができるまで

    21年7月からインタビューを中心に据えたWEBメディアづくりに挑戦中!自分でつくるのは初めてです!ここではその制作過程を公開していきます。(11月に完成しました!https://musubi-kata.net/)

  • 1冊ができるまで(抜粋版)

    20年12月から21年5月にかけて、初めてのZINE(ミニマガジン)づくりに挑戦しました!1冊ができるまでの裏側をリアルタイムで公開しながら制作を進めた当時の記録(抜粋版)です。 ※上から順番に時系列で並んでいます!

  • 商品の画像

    【ミニマガジン】農をめぐる旅 Night Before

    〈ご挨拶・商品紹介〉 ZINEをつくっていたら、移住することになりました ― 30歳、東京在住のサラリーマンがひょんなことから1冊のZINE(ミニマガジン)をつくることに。2020年初冬、「農」をめぐる旅がはじまりました。 結果的に4組の方へのインタビューが実現。 クラウドファンディングをしかける稲作農家へ。 8年前から会いたかった人には観光資源としての「農」の可能性を。 地方へ移住して「農」のプロジェクトを推進する方の話にも耳を傾けました。 そして、田舎の暮らしをつくるべく奮闘する酪農家のもとへ。 そこで聞いたたくさんの言葉。 そのうちにZINEづくりはいつしか不思議な展開をみせ、最終的に私は会社を辞めて東京を離れることを決心します。 だから本書は「農」のZINEでありながら、「不思議な数ヶ月」を記録した「旅日記」のようなZINEになりました。 タイトルには「前夜」を意味する「Night Before」を。 僕は、「農」の「前夜」を取材しました。 そしてそれは、僕自身の「出発前夜」につながっていきます。 「食べること」「耕すこと」「働くこと」「生きること」。 無限に広がるような「選択肢」のなかで、私は何を選び取ればいいのだろう。 そういったことに真正面からぶつかった数ヶ月のリアルドキュメンタリーです。 「農」に興味がある方も、移住に興味がある方も、何かを始めようとしている方も。 よければ、手に取ってみてください。 〈書誌情報〉 タイトル:農をめぐる旅 Night Before インタビュー: ①井上敬二朗・真梨子さん(稲作本店) ②青木優さん(MATCHA) ③岡山史興さん(70seeds) ④山川将弘さん(森林ノ牧場) 企画・編集:中田 達大 サイズ:A5横 ページ数:60ページ
    750円
    クウトクル store

最近の記事

  • 固定された記事

はじめまして/自己紹介

※本記事ははじめて私のアカウントを見てくださった方向けの記事です。(22年7月更新) はじめまして、インタビュアーの中田 達大と申します。 インタビュアーと名乗って仕事をしている人はそんなに多くないと思います。なので、これを読んでくださってる方の頭に「??」が浮かんだかもしれません。 そこで、インタビューを仕事にするまでの経緯も含めて、私がどんな人間なのかをここで自己紹介できればと思います! 後半は長くなりますが、よければ手前のプロフィールだけでも覗いていってください

    • 昨日のインタビュー。最初の10分間を振り返る【メンバーシップ限定】

      こんにちは! お腹の調子がよくないのでこの1週間は禁酒している中田です。 11月も終わりが見えてきています。 那須では今日から本格的にストーブを使い始めており、灯油を買いに行く季節の訪れを実感しています。まわりもみなさん忙しそうで、師走なんだなぁとしみじみ遠い目をしています。 slackに移行したので、今後の連絡事項はそちらにて! 早速、中身に入っていきます。 今週の振り返り(11/16~11/22)

      • 課題にみえるそれは実は。

        大好きなMr.childrenの 大好きな曲の大好きなフレーズ。 目に見えているものと、 目に見えないけれどその奥にあるもの、 その両者の存在を教えてくれます。 例えば、ついつい仕事を詰め込みすぎてしまう自分がいます。 その奥には、妻との暮らしを守りたい、なんて力んじゃっている自分がいます。他にも、まだ出会っていない人との出会いを期待している自分もいます。 一方、仕事を詰め込みすぎてしまい、新しいインタビューサービスを企画する時間をなかなかとれていないことを悩む自分もい

        • 【メンバーシップ限定】コミュニケーションの肝となる中間地点

          ■聴くこと探求日記【22/11/9~11/15】 こんにちは! ただただ日曜日の布団のなかで漫画を読みたい中田です。 なんとかギリギリこの週報を継続できています。年末が近づくにつれてみんなが忙しそうですね。僕もありがたいことに、なんやかんや忙しくしています。 もうちょっと頑張りましょう…! 今週の振り返り(22/11/9~11/15)11月9日(水)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • はじめましての方へ:こんなこと書いてます
          中田 達大 / インタビュアー
        • インタビューの勉強会
          中田 達大 / インタビュアー
        • インタビューメディアができるまで
          中田 達大 / インタビュアー
        • 1冊ができるまで(抜粋版)
          中田 達大 / インタビュアー

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • カンタン自己紹介

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ご連絡用

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • なんでもシェア

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • リクエストBOX

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • カンタン自己紹介

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • ご連絡用

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • なんでもシェア

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • リクエストBOX

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          昨日のインタビュー。最初の10分間を振り返る【メンバーシップ限定】

          「広場にエントリー」に参加すると読めます

          こんにちは! お腹の調子がよくないのでこの1週間は禁酒している中田です。 11月も終わりが見えてきています。 那須では今日から本格的にストーブを使い始めており、灯油を買いに行く季節の訪れを実感しています。まわりもみなさん忙しそうで、師走なんだなぁとしみじみ遠い目をしています。 slackに移行したので、今後の連絡事項はそちらにて! 早速、中身に入っていきます。 今週の振り返り(11/16~11/22)

          【メンバーシップ限定】コミュニケーションの肝となる中間地点

          「広場にエントリー」に参加すると読めます

          ■聴くこと探求日記【22/11/9~11/15】 こんにちは! ただただ日曜日の布団のなかで漫画を読みたい中田です。 なんとかギリギリこの週報を継続できています。年末が近づくにつれてみんなが忙しそうですね。僕もありがたいことに、なんやかんや忙しくしています。 もうちょっと頑張りましょう…! 今週の振り返り(22/11/9~11/15)11月9日(水)

          slackへお引越し(メンバーシップのみなさんへ)

          「広場にエントリー」に参加すると読めます

          メンバーシップにご参加のみなさん

          【メンバーシップ限定】3ヶ月いろんな人と雑談していま思うこと

          「広場にエントリー」に参加すると読めます

          ■聴くこと探求日記【22/11/2~11/8】 こんにちは! ブラックパンサーの続編が早く観たい中田です。 今週はちょっとバタバタしてしまい、お送りするのが遅くなってしまいすみません…!月4本といっておきながら、毎週お届けするのが習慣になってきました(笑)

          メンバーシップのみなさんにアンケート(掲示板の運用について)

          「広場にエントリー」に参加すると読めます

          こんにちは! 今日はみなさんの声をアンケートで集めさせていただきたく、こちらで連絡しました!

          【メンバーシップ限定】聴くことに関するとあるCMを見て

          「広場にエントリー」に参加すると読めます

          ■聴くこと探求日記【22/10/26~11/1】 こんにちは! メンバーシップのコミュニケーションツールを見直したいなぁと思っている中田です!(近々またみなさんに簡単なアンケートのお願いするかもです) さて11月に入りました。 今日はとある理由でくたくたです笑(後日noteでも記事にします〜) 今月はもうちょっとメンバーシップにご参加してくださっているみなさんが気楽に交流できるように整えていきたいと思ってます。早めに動きますー! 掲示板にこんなお誘いきていたのでシェア

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          1年に一度インタビューさせてくれる人がいたら、30年後はどうなっているのだろう?

          タイトルそのままですが、1年に一度インタビューさせてくださる方がいたら、どうなるんだろうなぁと思います。 当然、相手の方も変化するし、聴き手である私も変化するでしょう。 だからこそ、1年に一度インタビュしたら、互いの変化を「きろく」として残しておけるかもしれません。 そんなことが30回も続けば、30年。 30年前のインタビューと、そのときのインタビューは、何が違って、何が変わってないんだろう。 そういう関係で付き合える人がいたら、なんて素敵で、なんて喜ばしいことだろ

          「聴く」ことを高尚なものにしない

          肉体とたましい。 どうやら二つは別々のものとして語られることが多いらしい。でもその境界線、ほんとにそれほど明確なものなのか、ぼくには真偽はわからない。 肉体を生かすための「食」がある。 私たちは食べないと死んでしまう。 それは人間だけの話ではない。 じゃあ、たましいを生かすものは何があるだろう? ぼくにはよくわからない。 でも「聴く」ことや「対話」することが、その人の存在を受け入れる行為なのだとしたら、たましいを生かすものの一部に含まれていても、ちっとも不思議ではない

          slackへお引越し(メンバーシップのみなさんへ)

          メンバーシップにご参加のみなさん

          大人だって、もっと話したい。

          メンバーシップに参加してくださっている「とべかえる」さんが、かえるトークと称して雑談のお誘いをしていました。 私も今年から初対面の方とも気軽に雑談をするようにしています。少なくとも週に1人の方とは出会い、雑談しているように思います。 大人になるとどうしても人間関係が固定化されていきます。高校の入学式とか、大学の新歓コンパみたいなワクワク感は何処へやら。でもそれを「昔はよかったなぁ」と懐古するだけはくやしいので、大人になっても出会い、話すということをしていきたい。そう思った

          【メンバーシップ限定】3ヶ月いろんな人と雑談していま思うこと

          ■聴くこと探求日記【22/11/2~11/8】 こんにちは! ブラックパンサーの続編が早く観たい中田です。 今週はちょっとバタバタしてしまい、お送りするのが遅くなってしまいすみません…!月4本といっておきながら、毎週お届けするのが習慣になってきました(笑)

          ◎インタビューしました! 日本で民間企業初のノーベル平和賞の受賞を目指すヘンリーさまにてインタビューを担当させていただきました!「そもそもチームはなぜ必要か?」という問いから始まる張さんのお話、わくわくしながら聴きました! https://note.com/henry_app/n/ncfe150986697

          メンバーシップのみなさんにアンケート(掲示板の運用について)

          こんにちは! 今日はみなさんの声をアンケートで集めさせていただきたく、こちらで連絡しました!

          山と海と森と時間と(つぶやきnote)

          山を見ると「向こう」に自然と想いを馳せてしまう。 海を見ると「あの先」に、森を見ると「この奥」に想いが向く。 2000年前も、人は似たようなものだったんじゃないかと想像する。 「あっちには、何があるのだろう?」 僕は想像する。 その想像は、けれど、裏切られてほしいと同時に思っている。 自分の陳腐な想像をはるかに超える何かを、そのギャップを夢見て、冒険に出てきた人たちがたくさんいた。 時間というものに目盛りをつけた僕たちは、時間についても「この先」を想像するようになった。

          分かっていたことより、分からないことの方が多かった人間、ここに眠る

          たまにこんなこと考えます。 アメリカ映画みたいに、自分の墓標に言葉を刻みつけるとしたら、なんて書いてもらうとしっくりくるだろうかって。 あくまで「いまの僕」なら、 分かっていたことより、分からないことの方が多かった人間、ここに眠る って書いてもらえたら、 なんだか自分っぽいなぁと感じます。 「分からない」ことってたくさんあります。 愛するということさえ、僕はまだよく分かりません。「友達」ということも、「憎む」ということも、「うれしい」と言うことも、突き詰めて考えて

          長距離走者みたいにロングインタビュアーがいてもいい

          小説には、短編小説から長編小説まである。なかにはシリーズものになっていることもある。 映画にも、短編映画と長編映画がある。同じくシリーズものだってある。 絵画の世界にもさまざまなサイズの絵が存在する。小ぶりなサイズが得意な人がいれば、大聖堂の天井一面に描いた人もいる。 才能が集まる場所には、選択肢があるような気がする。表現の幅の選択肢。 インタビューの世界にいろんなバックグラウンドや特徴を持った人が参加しやすくするためには、この表現の幅について考えてみるのは悪いことで

          丸一日歩いたあとの晩御飯はどれくらい美味いのか?65㎞先に暮らす友人のもとへ歩いて向かってみた。

          運動した後のビールってなんであんなに美味いのだろう? とすれば、もっと運動すれば、あのビールはもっと美味しくなるのだろうか。そんな素朴な疑問が浮かんだので、早速実験してみることにしてみた。 題して「ウォーキング飯」。 その名の通り、ウォーキングした後に美味しいご飯を楽しむという究極的にひとりよがりの企画である。そうと決まればと、先日の祝日を使って、丸一日歩いてみることに。 目指すは那須から郡山。 どうやら約65㎞、歩いて13時間かかるそうだ。 13時間歩き続けられる

          ライフワークにしてみようか。

          もう3ヶ月前かぁ、と思う。 土曜日の朝に一対一で雑談するお誘いをnoteに書いた日のこと。ひっそりとこっそりと、同時に「雑談」という言葉の甘美な響きに魅せられて、えいやで投稿した。 このnoteを見てくれた方と何人もお話したし、このnoteを介したわけではないけどひょんなご縁で雑談した方も何人もいる。どれもたのしかった、ほんとに。 雑談ってありふれた言葉だけど、僕にとってはもはやありふれた言葉ではなくなった。 数年前の僕が言う「雑談」と、いまの僕がいう「雑談」は、全然