中田 達大 / インタビュアー

インタビューにまつわるお仕事をしています。ときどきライティング。noteは出会いと対話…

中田 達大 / インタビュアー

インタビューにまつわるお仕事をしています。ときどきライティング。noteは出会いと対話と考察の記録。旅と鍋とミスチルが大好き。90年生。妻と猫の3人暮らし。 お仕事依頼や楽しいお誘いはコチラから☞ https://www.naka-tatsu.com/

ストア

  • 商品の画像

    【ミニマガジン】農をめぐる旅 Night Before

    〈ご挨拶・商品紹介〉 ZINEをつくっていたら、移住することになりました ― 30歳、東京在住のサラリーマンがひょんなことから1冊のZINE(ミニマガジン)をつくることに。2020年初冬、「農」をめぐる旅がはじまりました。 結果的に4組の方へのインタビューが実現。 クラウドファンディングをしかける稲作農家へ。 8年前から会いたかった人には観光資源としての「農」の可能性を。 地方へ移住して「農」のプロジェクトを推進する方の話にも耳を傾けました。 そして、田舎の暮らしをつくるべく奮闘する酪農家のもとへ。 そこで聞いたたくさんの言葉。 そのうちにZINEづくりはいつしか不思議な展開をみせ、最終的に私は会社を辞めて東京を離れることを決心します。 だから本書は「農」のZINEでありながら、「不思議な数ヶ月」を記録した「旅日記」のようなZINEになりました。 タイトルには「前夜」を意味する「Night Before」を。 僕は、「農」の「前夜」を取材しました。 そしてそれは、僕自身の「出発前夜」につながっていきます。 「食べること」「耕すこと」「働くこと」「生きること」。 無限に広がるような「選択肢」のなかで、私は何を選び取ればいいのだろう。 そういったことに真正面からぶつかった数ヶ月のリアルドキュメンタリーです。 「農」に興味がある方も、移住に興味がある方も、何かを始めようとしている方も。 よければ、手に取ってみてください。 〈書誌情報〉 タイトル:農をめぐる旅 Night Before インタビュー: ①井上敬二朗・真梨子さん(稲作本店) ②青木優さん(MATCHA) ③岡山史興さん(70seeds) ④山川将弘さん(森林ノ牧場) 企画・編集:中田 達大 サイズ:A5横 ページ数:60ページ
    750円
    クウトクル store

マガジン

  • はじめましての方へ:こんなこと書いてます

    まずはこのページをご覧くださり、ありがとうございます。 これまで600本ほどの記事を書いてきたなかで、「はじめまして」の方に、私の自己紹介がてら読んでいただくなら、どの記事がいいだろうかという観点で選んだものをまとめました!フォローはお気軽にどうぞ!

  • インタビューの勉強会

    個人的に面白かったインタビュー記事や動画を「インタビューを学ぶ」という視点で集めています! インタビューって豊富に入門書があるわけでもないし、どうやって勉強しようか…と悩んでいる方もいらっしゃるのでは(僕も仲間です!)。インタビューに興味のある方と一緒に勉強していければな~。「こんな記事もあるよ!」とおススメあればコメント欄で教えてほしいです^^

  • インタビューメディアができるまで

    21年7月からインタビューを中心に据えたWEBメディアづくりに挑戦中!自分でつくるのは初めてです!ここではその制作過程を公開していきます。(11月に完成しました!https://musubi-kata.net/)

  • 1冊ができるまで(抜粋版)

    20年12月から21年5月にかけて、初めてのZINE(ミニマガジン)づくりに挑戦しました!1冊ができるまでの裏側をリアルタイムで公開しながら制作を進めた当時の記録(抜粋版)です。 ※上から順番に時系列で並んでいます!

  • 商品の画像

    【ミニマガジン】農をめぐる旅 Night Before

    〈ご挨拶・商品紹介〉 ZINEをつくっていたら、移住することになりました ― 30歳、東京在住のサラリーマンがひょんなことから1冊のZINE(ミニマガジン)をつくることに。2020年初冬、「農」をめぐる旅がはじまりました。 結果的に4組の方へのインタビューが実現。 クラウドファンディングをしかける稲作農家へ。 8年前から会いたかった人には観光資源としての「農」の可能性を。 地方へ移住して「農」のプロジェクトを推進する方の話にも耳を傾けました。 そして、田舎の暮らしをつくるべく奮闘する酪農家のもとへ。 そこで聞いたたくさんの言葉。 そのうちにZINEづくりはいつしか不思議な展開をみせ、最終的に私は会社を辞めて東京を離れることを決心します。 だから本書は「農」のZINEでありながら、「不思議な数ヶ月」を記録した「旅日記」のようなZINEになりました。 タイトルには「前夜」を意味する「Night Before」を。 僕は、「農」の「前夜」を取材しました。 そしてそれは、僕自身の「出発前夜」につながっていきます。 「食べること」「耕すこと」「働くこと」「生きること」。 無限に広がるような「選択肢」のなかで、私は何を選び取ればいいのだろう。 そういったことに真正面からぶつかった数ヶ月のリアルドキュメンタリーです。 「農」に興味がある方も、移住に興味がある方も、何かを始めようとしている方も。 よければ、手に取ってみてください。 〈書誌情報〉 タイトル:農をめぐる旅 Night Before インタビュー: ①井上敬二朗・真梨子さん(稲作本店) ②青木優さん(MATCHA) ③岡山史興さん(70seeds) ④山川将弘さん(森林ノ牧場) 企画・編集:中田 達大 サイズ:A5横 ページ数:60ページ
    750円
    クウトクル store

最近の記事

  • 固定された記事

はじめまして/自己紹介

※本記事ははじめて私のアカウントを見てくださった方向けの記事です。(23年1月更新) はじめまして、インタビュアーの中田 達大と申します。 インタビュアーと名乗って仕事をしている人はそんなに多くないと思います。なので、これを読んでくださってる方の頭に「??」が浮かんだかもしれません。 そこで、インタビューを仕事にするまでの経緯も含めて、私がどんな人間なのかをここで自己紹介できればと思います! 後半は長くなりますが、よければ手前のプロフィールだけでも覗いていってください

    • インタビューは出会いと再会のよろこび

      とてもうれしいことがありました。 インタビューにまつわることです。 詳細はここに書きませんが、今晩のハイボールはいつもより確実に美味しいんだろうなぁと思います。よし絶対にハイボールを飲もう。今日は、僕がインタビューをする理由の根っこに触れた日でした。 インタビューとは出会いと再会のよろこびの一つの表現方法。 最近、そんな言葉が頭の上を浮遊しています。 これまで、インタビューを通じて、いろんな方と出会わせていただきました。自分からお声がけしたこともあれば、声をかけていただ

      • 「一人ひとりが自分の生き方を肯定できる社会」を目指して活動する任意団体「あわひ」さんの「あいだの生き方ラジオ」にゲスト出演させていただきました!インタビュアーは以前雑談したことがあった安久都さん。とてもたのしい時間でした~ https://open.spotify.com/episode/3GATiIFg41GipZzeZTNtcq?si=z6NFrWfyTg6G9lTJTKDQ7g&nd=1&dlsi=057690e3f23e40e5

        • 「キリンさんがすきです」で始まるCMが昔あったような

          “すき”という感情が好きだ。 と、いきなり書き出してみる。 でも、本当にそうだ。誰に教わらずとも子供がすでに知っており、“愛する”という言葉ほど高尚でなく、日常のあちこちにありふれた心と身体の動き、それが“すき”という感情だ。 カレーライスがすき。猫の寝顔がすき。サッカーがすき。晴れた夏の空がすき。鳥の鳴き声で目覚める朝がすき。あのアーティストがすき。この歌詞がすき。雪見だいふくがすき。あの人がすき。自分がすき。 そこにあるのは、生き生きとした気持ち。それは純粋で、直感

        • 固定された記事

        はじめまして/自己紹介

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • はじめましての方へ:こんなこと書いてます
          中田 達大 / インタビュアー
        • インタビューの勉強会
          中田 達大 / インタビュアー
        • インタビューメディアができるまで
          中田 達大 / インタビュアー
        • 1冊ができるまで(抜粋版)
          中田 達大 / インタビュアー

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          歩くこと、そしてすでにここにある自由について【歩き旅を終えて③】

          歩いていると、僕は「自由」を感じる。 自由については、よく分かっていないので、「自由的な何か」を感じるといったほうがよいのかもしれない。 どこへ進んでもいい、速度を上げてもいい、いつ止まってもいい、上を見上げても下を見つめてもいい、いま僕と僕の身体は空の下で自由に開かれている、そんな感覚になる。そして、生き生きとした気持ちが内側から湧いてくる。そのときの感覚や気持ちが僕は好きだ。 それは一つに歩くことが「ゆっくり」だから実現すると思う。目的地に「はやく」到達しようと考え

          歩くこと、そしてすでにここにある自由について【歩き旅を終えて③】

          歩くこと、そして境界線を疑うことについて【歩き旅を終えて②】

          今回の旅では、東京~神奈川、神奈川~静岡、静岡~愛知、愛知~三重、三重~滋賀、滋賀~京都と6つの都府県境をまたいだ。いずれの都府県境も、実にささやかなものだった。国道上のなんてことないポイントで県が切り替わる場合が多かったように思う。ぼーっとしていて、気づけば越えていた、なんてこともあった。道は道として、淡々と続いていた。 あらためて、境界線は人間が頭のなかで作ったものにすぎないと体感した。ま、よく言われていることだ。過去にいろんな国を旅をしたときも、「境界線なんて実はない

          歩くこと、そして境界線を疑うことについて【歩き旅を終えて②】

          歩くこと、そして疲れることについて【歩き旅を終えて①】

          20日間、約500キロ。東京・日本橋から京都・三条大橋までの距離を歩いて旅した。その後、熊野古道にも数日立ち寄り、また歩いたため、合計すると530キロの道のりを1カ月弱かけて歩いた計算になる。 帰宅した日の夜は8時間ぐっすり眠った。久しぶりの家のお布団はふかふかで幸せだった。それでも、朝目覚めると、ずっしりと重い「疲れ」が僕の身体の奥深くにまだたくさん残っている感覚があった。「身体の芯から疲れている」。それが率直に思ったことだった。そして、この疲労がましになるまでには、おそ

          歩くこと、そして疲れることについて【歩き旅を終えて①】

          今日から、東京~京都間を歩きます

          今日から、ちょっとした旅に出ます。 一人旅は久しぶりです。前回は10年前の世界一周のときでしょうか。そして今回は、歩き旅。東京から京都までを、だいたい20日くらいかけて向かいます。あれです、東海道五十三次です。 いまは、すんごい楽しみです。胸が高鳴ります。旅だけがくれる感覚がたしかにあります。でもなぜそんなことをしようとしているのだろう、とふとシラフになる瞬間もあります。そこで、自分になぜかと問うてみたら、思い返せば、妻のひとことがきっかけでした。 「今年は、一人旅した

          今日から、東京~京都間を歩きます

          思い出すから思い出になる

          「思い出」という言葉はじっと見れば見るほど、なんだか味わい深い。 「思い出」の真意が「過去の出来事のメモリー」なら、本来は「記憶」という言葉で事足りるのではないか、とさえ思う。だけど、「記憶」では零れ落ちてしまうから「思い出」という言葉があるのだろう(語源はよく知らないが)。「思い出す」という動詞と関わりの深い言葉として。 「記憶」していないようなことをふっと思い出すことがある。それまでは自分の中のデータバンクになかったことが、誰かのひとことで、ふと耳にした音楽で、懐かし

          思い出すから思い出になる

          休日は休まなくていい

          (気づけば、日曜日が終わろうとしている。明日はもう月曜日。できるなら、金曜日の夕方に戻りたい) 社会人デビュー後のはじめの3年間は毎週末このようなことを思っていた気がする。 (休日をいかに有意義に使って休むか) この問いにド真面目に向き合っていたような気がする。もうちょっとだけ日曜日の夜が続くように、そんな儚い願いを込めて、TSUTAYAで借りてきた映画をよく見ていた。それでも時は変わらず進むのだが。 (あぁ、なんだかあんまり休めなかったなぁ) 月曜の朝、布団から這

          猫の好きなとこ

          保護猫が我が家に来てからもう一年と五ヶ月になる。 いやいや、猫から学ぶことは多い。 下手な本よりも最近は猫からいろいろなことを教わっている。 猫のいいとこの一つは「世界をどうこうしようとしないとこ」だと、僕は思う。 少なくとも僕には、窓際で寝ている猫から「どうこうしたい」気配は感じない。 すやすや寝ている猫の背中は、呼吸のたびに上下している。つまり(当たり前だが)生きている。いわば、ただ生きている。死ぬことを考えるのはもっとずっとあとでいいや、とばかりに今を生きている

          キングダムを愛する経営者の方々の対談記事を執筆させていただきました! 音源を聴きながらワクワクしちゃって、思わず1巻からキングダムを読み返すことに。キングダムファンの方、よければぜひ! ▼ ▼ 経営者、『キングダム』に学ぶ https://listen-web.com/topic/kingdom-vol1-1/

          キングダムを愛する経営者の方々の対談記事を執筆させていただきました! 音源を聴きながらワクワクしちゃって、思わず1巻からキングダムを読み返すことに。キングダムファンの方、よければぜひ! ▼ ▼ 経営者、『キングダム』に学ぶ https://listen-web.com/topic/kingdom-vol1-1/

          社会課題を解決し続け、日本の民間企業初の「ノーベル平和賞の受賞」をゴールに掲げる株式会社ヘンリーさんで取材記事を書かせていただきました! ◆医療SaaSで市場を変える。鍵は「顧客の成功」へのフォーカス|開発 執行役員インタビュー https://note.com/henry_app/n/nd3fa1b5a65eb

          社会課題を解決し続け、日本の民間企業初の「ノーベル平和賞の受賞」をゴールに掲げる株式会社ヘンリーさんで取材記事を書かせていただきました! ◆医療SaaSで市場を変える。鍵は「顧客の成功」へのフォーカス|開発 執行役員インタビュー https://note.com/henry_app/n/nd3fa1b5a65eb

          いい時間。

          「いい時間」というのは、ふわっとした言葉だが、たしかに存在している。 むしろ、そこかしこにある。 仕事終わりのビール、居酒屋のカウンターでの談笑、猫をなでなで、没頭する読書時間、映画館のポップコーン、意味のない散歩、初めて訪れた街の風、他愛のないおしゃべり、夕暮れの公園、おいしい拉麺、余韻の残るあれこれ。 一人で過ごす「いい時間」もあれば、誰かと過ごす「いい時間」もある。「いい時間だなぁ」とそのとき感じることもあれば、「いい時間だったなぁ・・・」と後から振り返ってしみじ

          80歳と32歳でも友達になれるだろうか?

          ⁡ 先日、こんなことがあった。 東京発、広島行きの新幹線、三列シートの窓際の席に座っていると、髪を黄色に染めた女性が隣に座った。 ホームではおそらく娘夫婦と孫と思しき人たちが見送りに来ていて、その女性は席に座ってからも反対側の窓に向かってしばらく手を振っていた。 ⁡ 発車後、その人はおもむろに全国版の地図帳を開き、緑色のマーカーで何やら線を引き始めた。何の気なしにその様子を横目で見ていると「八王子ってどこかわかる?」と突然声をかけられた。 ⁡ 「八王子って確かこの辺だった

          80歳と32歳でも友達になれるだろうか?

          「自然」ってなんだろう?【散歩しながら考えた】

          今日の那須はたまらない青空だった。 思わず散歩に出ちゃうくらいで、 思わず写真を撮り忘れるくらいの。 空を眺めながら歩いていると、 無料でできる その日のコンディションチェックを思いついた。 === ①空に浮かぶ雲に気づかない(目に入らない) →ちょっと疲れているかもねぇ ②空に浮かぶ雲を見て「きれいだなぁ」と思う →悪くない、悪くない。その調子で。 ③空に浮かぶ雲を見て「気持ちよさそうだなぁ」と思う →肩の力が抜けていい感じ。そんな日はなかなか少ないけどね。 ===

          「自然」ってなんだろう?【散歩しながら考えた】