散歩の足跡(写真集)

91

新宿御苑 ロウバイ・寒桜・10月桜

10月に新宿御苑を訪れたときに、咲いていた10月桜がどうなっているか見に行きました。説明員の話だと、3月まで咲いているとのこと。

 確かに咲いていました。10月に訪れた時は、八重が主流だったのですが、一重に替わっています。

 そして、10月桜の近くでは、寒桜が満開を迎えています。

 こちらは、ピンク色に染まって、鈴なりに咲いていて、10月桜と違い、騒がしいくらいにいっぱい咲いています。

 

もっとみる

小石川後楽園

向島百花園のわきにある公園で、小梅が咲いていたので、もしやと思い、小石川後楽園を訪れると、梅が咲き始めていました。

 まずは、この時期に咲く花、ロウバイです。ソシンロウバイに比べ、質素な色合いで、かつ花が小さいので、なにげなく通ってしまうと気付かない花です。訪れている人も、ほとんど気付かずに通り過ぎてしまいます。

 でも、近づいてみると、ロウバイの香りが漂ってきます。

 ソシンロウバイも負け

もっとみる

年明けの向島百花園

先週末、今年初めて向島百花園へ行ってきました。今年は、都内9庭園共通年間パスポートを購入しました。向島百花園を初めとして、小石川後楽園、清澄庭園、浜離宮恩賜庭園、旧芝浦恩賜庭園、旧岩崎邸庭園、六義園、旧古河庭園、そして、ちょっと離れた殿ヶ谷庭園の9庭園に一年間自由に入ることができます。

 雪囲いを粧ったボタンが迎えてくれました。

 シンロウバイがきれいに咲いています。1月を代表する花で、香りが

もっとみる

桜橋近くの冬桜

浅草から15分程度歩いた桜橋の近くに2本の冬桜が並んで咲いている場所があります。

 近くには、長命寺桜餅と言門団子の店があります。車こそ行き来するものの人はそれほど通らない場所です。しかも通ったとしても、2本だけなので足を留める人はさらに少なくなります。

 でも、近寄ってみるときれいな花が元気よく、この冬の空に向かって咲いています。

 ソメイヨシノに比べると小降りで花びらが細長い感じです。ぶ

もっとみる

幸手権現堂 ニホンスイセン

幸手にある権現堂は、季節によって3種類の花々が見られます。1月がスイセンで、6月がアジサイ、そして9月になるとヒガンバナで満たされます。

 その内のひとつ、ニホンスイセンが、まだ12月だというのに各地で咲いています。最初に見かけたのが、向島百花園。

 それも、11月に訪れた時でした。これには少し驚きました。もしかして、幸手の権現堂でも、咲いているのではと思い、訪れてみると。

 満開とは言えま

もっとみる

六義園

先々週の六義園です。紅葉が見頃を迎えていました。

 毎年、水辺に写る紅葉を撮ろうと思って、見頃になる前に何度か訪れています。そのときは、緑の葉っぱがきれいに映っているのですが、見頃の時期になると落ちた葉が水面を覆い、あまりきれいに写りません。

紅葉前は、こんな感じでした。それでも、水面にきれいに映った紅葉が見られる場所もあります。

 ほとんどが、赤く色づくもみじなのですが、その仮定で黄色く色

もっとみる

浜離宮恩賜庭園 子福桜(コブクザクラ)

汐留の海辺にある浜離宮恩賜庭園は、庭園という名のつくところでは、都内一広い場所かもしれません。昔、将軍家の鷹狩り場として使われていた場所らしいです。

 今では、都内唯一の潮入湖がある庭園であり、庭園の堀では、ボラが泳いでいたりします。

 秋と言えば、コスモスの名所でもあり、日本人のみならず多くの人が押し寄せる場所です。この時期のコスモス畑は、もうその姿はみられず、来春に向けた菜の花が植えられて

もっとみる

紅葉を追い求めて

去年に比べると、紅葉が遅いように感じます。ここのところ、紅葉の状況を確認するために、週末は六義園と殿ヶ谷戸庭園を回っていますが、先週末は、ようやっと殿ヶ谷戸庭園まで、紅葉が進んだかなっという感じでした。

 六義園のもみじは、少し赤味を帯びてきましたが、まだ緑の葉の方が多い状況。去年の今頃は、下の写真のようなに紅葉真っ盛りでした。

 殿ヶ谷戸庭園は、今年始めて訪れた場所。国分寺駅から徒歩数分で行

もっとみる

殿ヶ谷戸庭園

中央本線の国分寺駅を降りて、数分歩いたところに、殿ヶ谷戸庭園があります。前から気になっていたのですが、いつも向かう立川・青梅方面とは、西国分寺から反対方向、東京方面へ向かうため、今まで訪れたことがありませんでした。こぢんまりした日本庭園で、駅前で繁華街や高層マンションが近いにもかかわらず、そこだけ、異空間になっているのではと思えるほど、ひっそりとした雰囲気を醸し出しています。

 紅葉の季節である

もっとみる