|MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット

|モーヴ街2番地|オンライン・ギャラリー《MAUVE CABINET》は、愛書家のための小間物・服飾ブランド「霧とリボン」直営SHOP & ギャラリー《Private Cabinet》(吉祥寺)の別館。文学・アート・モードを横断する展覧会を定期開催している実店舗と連動しています。

|MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット

|モーヴ街2番地|オンライン・ギャラリー《MAUVE CABINET》は、愛書家のための小間物・服飾ブランド「霧とリボン」直営SHOP & ギャラリー《Private Cabinet》(吉祥寺)の別館。文学・アート・モードを横断する展覧会を定期開催している実店舗と連動しています。

マガジン

  • スウィンギング・ロンドン

    オンライン開催 長澤 均 & 霧とリボン 共同企画展《スウィンギング・ロンドン》|2022.11.20〜11.25|1960年代後半から1970年前半、鮮烈に花開いたロンドンのストリート・ファッションと、そのムーブメントをストリート・カルチャー史として活写した長澤 均氏の著作『BIBA Swingin’ London 1965 - 1974』へ、現代作家がオマージュを捧げます。

  • 少女の聖域vol.3〜魔法大全

    オンライン開催 霧とリボン企画 高柳カヨ子プロデュース《少女の聖域vol.3〜魔法大全》|2022.9.2〜9.9|魔法少女に変身しなくても、少女は既に魔法を内包しています。幾多の困難を乗り越えて定義から逃走 / 闘争し続ける少女という存在は、もはや魔法それ自体と言ってもいいかもしれません。精神科医 / 少女批評家の高柳カヨ子がその扉を開く《少女の聖域》、vol.3のテーマ「魔法大全」に相応しい作品が揃いました。さあ、少女という魔法を発動させましょう。

  • 影山多栄子 & 永井健一二人展《空はシトリン》

    オンライン開催|霧とリボン企画|影山多栄子 & 永井健一二人展《空はシトリン〜宮沢賢治『春と修羅』に寄せて》|2022.7.31〜8.4|【展示アーティスト】影山多栄子(人形)/永井健一(絵画)/Du Vert au Violet(コラボポプリセット)【巻頭エッセイ】森 大那【エッセイ】維月 楓/熊谷めぐみ/嶋田青磁/ヨネヤマヤヤコ|無国籍な美意識と民芸の伝統が交差する人形作家・影山多栄子と、鉱物的感性で人物や事象を夢想する画家・永井健一。『春と修羅』から着想した、具象と抽象が明滅するふたりの作品世界をお届け致します。人形、絵画、エッセイが競演する「観て読む」オンライン展覧会をどうぞお楽しみください。

ストア

  • 商品の画像

    野村直子|倫敦 クリスマスのシンデレラ

    ★販売は先着順 ★転売目的のご購入はお控え下さいますようお願い申し上げます ★本品は【送料着払いゆうパック】にて発送 ★当サイトでのお支払い金額は【商品代金のみ】 サイトの設定上[全国一律0円]と表示されますが、送料は発生致します 他の商品と併せて複数点ご購入の際は送料をおまとめ致します ★他の商品と複数注文の際は一番遅い納期に合わせて【一括発送】 早い納期から順に別々の発送をご希望の際は、備考欄にご明記願います ★発送は【ご入金日翌日からカウントして7営業日以内(土日祝休)】に手配 大変恐れ入りますが、順番に対応しているため、具体的な発送日のお問い合わせにはお答えすることができませんので、何卒ご了承願います ★配送のご希望がある場合は備考欄にご記入願います ・曜日 ・時間帯【午前中】【12〜14時】【14〜16時】【16〜18時】【18〜20時】【20〜21時】 ご指定がない場合は【一番早い発送・時間指定なし】でお届け致します お日にちの指定に関しては、ご入金日翌日からカウントして7営業日(土日祝休)以降のみご指定可能です * 《モーヴ街のクリスマス》出品作品。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 漱石はイギリス留学時にクリスマスシーズンの観劇としてシンデレラを観たと言います。 華やかな虚構の物語世界を楽しんだのでしょうか。 きっと演劇的悦楽を味わうだけにはとどまらなかったのではないでしょうか。 普遍的な何かを見いだしたかもしれませんし、或いは冷静に色々な思索にふけったかもしれません。 …..野村直子 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ Text|江口理恵 真夜中の鐘がなり、慌てて舞台の淵に靴の脱げた片足をかけて一歩を踏み出すシンデレラは寂し気だが凛としたプリンセスの佇まい。星月夜へと続く階段とグレイッシュ・ブルーとモーヴの色彩が私たちを虚構の世界へと誘う。同時にシンデレラの枠から出た一歩で現実に引き戻される感覚にもなる。 1900年からのロンドン留学中に度々劇場を訪れた夏目漱石。本作から立ち昇るのは、劇場を媒介とした、漱石の感激と共に異国の地で養われた知的な冷静さというアンビヴァレントな感性だ。この稀有な刹那の情景を写し出せるのが、舞台美術や衣装デザインなどで演劇に携わる美術家・野村直子の真骨頂だろう。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ ★作品情報 アクリルガッシュ・イラストボード 
作品サイズ|19.3cm×24.5cm
 額込サイズ|30.7cm×39.8cm 制作年|2022年(新作) ★複数点購入の場合で、合計金額が30万円を超える場合は【ゆうパック・セキュリティサービス】での発送となり、通常送料に【380円】が加算されます(補償額:50万円)。 ★重要なお知らせ ご不在で商品をお受け取りできなかった場合は、必ず【7日間以内に配送業者さんにご連絡の上】お受け取りをお願いします。配送業者さんの保管期間を過ぎた場合、お荷物は当方に戻り、再発送の際は、所定の手数料がかかりますこと、ご了承願います。 【発送業者さんへの手数料(着払い送料と同額)】と【再発送にかかる送料】を1週間以内に指定口座にお振込頂いた後、3営業日以内に商品を再発送致します。 ★返品・交換について 作品や商品に不備があった場合は、商品到着後、7日以内にご連絡願います。作品については問題解決後にお届け、商品については良品と交換させて頂きます。但し、代替品をご提供できない場合は、交換ではなく返金対応とさせて頂きます。返送や交換にかかる送料は当方で負担します。 お客様のご都合による返品は受け付けておりませんので、ご不明な点はご注文の前にお問い合わせ願います。 *画像の色味はできる限り現物に近づけておりますが、ご覧頂く環境により見えは変化します。ご了承願います。
    44,000円
    KIRI to RIBBON
  • 商品の画像

    くるはらきみ|ユッタとヒルデガルト

    ★販売は先着順となります。 ★本品は【送料着払いゆうパック】にて発送致しますので、当サイトでのお支払い金額は【商品代金のみ】となっております。サイトの設定上[全国一律0円]と表示されますが、送料は発生致します。発送のご連絡時に送料をお知らせ致します。他の商品と併せて複数点ご購入の際は送料をおまとめ致します。 ★他の商品と複数注文の際は一番遅い納期に合わせて【一括発送】とさせて頂きます。早い納期から順に別々の発送をご希望の際は、備考欄にご明記願います。 ★発送は【ご入金日翌日からカウントして7営業日以内(土日祝休)】に手配致します。大変恐れ入りますが、順番に対応しているため、具体的な発送日のお問い合わせにはお答えすることができませんので、何卒ご了承願います。 ★配送のご希望がある場合は、備考欄にご記入願います。 ・曜日 ・時間帯【午前中】【12〜14時】【14〜16時】【16〜18時】【18〜20時】【20〜21時】 ご指定がない場合は【一番早い発送・時間指定なし】でお届け致します。 お日にちの指定に関しては、ご入金日翌日からカウントして7営業日(土日祝休)以降のみご指定可能です。 * くるはらきみ & 霧とリボン共同企画、後期くるはらきみ個展《ヒルデガルト点描》出品作品。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 春から夏にかけて野山を彩るオダマキの花は尼僧服を連想させる。 木漏れ日の中寄り添って咲く様に、楽器の稽古をするユッタとヒルデガルトの御姿を重ねました。 …..くるはらきみ ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ Text|熊谷めぐみ 植物に造詣の深いヒルデガルトに敬意を表すように、くるはらきみは様々な植物を用いてヒルデガルトの姿を描き出した。 少女ヒルデガルトは、先輩修道女のユッタに尊敬のまなざしを向けている。その瞳には、隠し切れない音楽への強い好奇心も浮かんでいるようだ。二人の姿は、修道服とあいまって、まわりに立ち並ぶ背の高いオダマキたちに溶け込んでいる。 上を見上げるヒルデガルトと、彼女をユッタと同じ目線で見下ろすオダマキのコントラストも微笑ましい。オダマキはオダマキで、彼女たちを見守っているようにも、音楽に耳を傾けているようにも見える。もしかしたら、風に身を揺らして一緒に音を奏でているのかもしれない。 
彼女たちがオダマキに似ているのか。オダマキが彼女たちに似ているのか。二人が奏でる音楽によって、その境界線がユーモラスに溶け合っていくような、作家の豊かな感性が光る一作である。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ ★作品情報 油彩・キャンバス 作品サイズ|33.3cm×24.2cm 額込みサイズ|42.3cm×33.3cm 制作年|2022年 ★重要なお知らせ ご不在で商品をお受け取りできなかった場合は、必ず【7日間以内に配送業者さんにご連絡の上】お受け取りをお願いします。配送業者さんの保管期間を過ぎた場合、お荷物は当方に戻り、再発送の際は、所定の手数料がかかりますこと、ご了承願います。 【発送業者さんへの手数料(着払い送料と同額)】と【再発送にかかる送料】を1週間以内に指定口座にお振込頂いた後、3営業日以内に商品を再発送致します。 ★返品・交換について 作品や商品に不備があった場合は、商品到着後、7日以内にご連絡願います。作品については問題解決後にお届け、商品については良品と交換させて頂きます。但し、代替品をご提供できない場合は、交換ではなく返金対応とさせて頂きます。返送や交換にかかる送料は当方で負担します。 お客様のご都合による返品は受け付けておりませんので、ご不明な点はご注文の前にお問い合わせ願います。 *画像の色味はできる限り現物に近づけておりますが、ご覧頂く環境により見えは変化します。ご了承願います。
    132,000円
    KIRI to RIBBON
  • 商品の画像

    野村直子|倫敦 クリスマスのシンデレラ

    ★販売は先着順 ★転売目的のご購入はお控え下さいますようお願い申し上げます ★本品は【送料着払いゆうパック】にて発送 ★当サイトでのお支払い金額は【商品代金のみ】 サイトの設定上[全国一律0円]と表示されますが、送料は発生致します 他の商品と併せて複数点ご購入の際は送料をおまとめ致します ★他の商品と複数注文の際は一番遅い納期に合わせて【一括発送】 早い納期から順に別々の発送をご希望の際は、備考欄にご明記願います ★発送は【ご入金日翌日からカウントして7営業日以内(土日祝休)】に手配 大変恐れ入りますが、順番に対応しているため、具体的な発送日のお問い合わせにはお答えすることができませんので、何卒ご了承願います ★配送のご希望がある場合は備考欄にご記入願います ・曜日 ・時間帯【午前中】【12〜14時】【14〜16時】【16〜18時】【18〜20時】【20〜21時】 ご指定がない場合は【一番早い発送・時間指定なし】でお届け致します お日にちの指定に関しては、ご入金日翌日からカウントして7営業日(土日祝休)以降のみご指定可能です * 《モーヴ街のクリスマス》出品作品。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 漱石はイギリス留学時にクリスマスシーズンの観劇としてシンデレラを観たと言います。 華やかな虚構の物語世界を楽しんだのでしょうか。 きっと演劇的悦楽を味わうだけにはとどまらなかったのではないでしょうか。 普遍的な何かを見いだしたかもしれませんし、或いは冷静に色々な思索にふけったかもしれません。 …..野村直子 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ Text|江口理恵 真夜中の鐘がなり、慌てて舞台の淵に靴の脱げた片足をかけて一歩を踏み出すシンデレラは寂し気だが凛としたプリンセスの佇まい。星月夜へと続く階段とグレイッシュ・ブルーとモーヴの色彩が私たちを虚構の世界へと誘う。同時にシンデレラの枠から出た一歩で現実に引き戻される感覚にもなる。 1900年からのロンドン留学中に度々劇場を訪れた夏目漱石。本作から立ち昇るのは、劇場を媒介とした、漱石の感激と共に異国の地で養われた知的な冷静さというアンビヴァレントな感性だ。この稀有な刹那の情景を写し出せるのが、舞台美術や衣装デザインなどで演劇に携わる美術家・野村直子の真骨頂だろう。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ ★作品情報 アクリルガッシュ・イラストボード 
作品サイズ|19.3cm×24.5cm
 額込サイズ|30.7cm×39.8cm 制作年|2022年(新作) ★複数点購入の場合で、合計金額が30万円を超える場合は【ゆうパック・セキュリティサービス】での発送となり、通常送料に【380円】が加算されます(補償額:50万円)。 ★重要なお知らせ ご不在で商品をお受け取りできなかった場合は、必ず【7日間以内に配送業者さんにご連絡の上】お受け取りをお願いします。配送業者さんの保管期間を過ぎた場合、お荷物は当方に戻り、再発送の際は、所定の手数料がかかりますこと、ご了承願います。 【発送業者さんへの手数料(着払い送料と同額)】と【再発送にかかる送料】を1週間以内に指定口座にお振込頂いた後、3営業日以内に商品を再発送致します。 ★返品・交換について 作品や商品に不備があった場合は、商品到着後、7日以内にご連絡願います。作品については問題解決後にお届け、商品については良品と交換させて頂きます。但し、代替品をご提供できない場合は、交換ではなく返金対応とさせて頂きます。返送や交換にかかる送料は当方で負担します。 お客様のご都合による返品は受け付けておりませんので、ご不明な点はご注文の前にお問い合わせ願います。 *画像の色味はできる限り現物に近づけておりますが、ご覧頂く環境により見えは変化します。ご了承願います。
    44,000円
    KIRI to RIBBON
  • 商品の画像

    くるはらきみ|ユッタとヒルデガルト

    ★販売は先着順となります。 ★本品は【送料着払いゆうパック】にて発送致しますので、当サイトでのお支払い金額は【商品代金のみ】となっております。サイトの設定上[全国一律0円]と表示されますが、送料は発生致します。発送のご連絡時に送料をお知らせ致します。他の商品と併せて複数点ご購入の際は送料をおまとめ致します。 ★他の商品と複数注文の際は一番遅い納期に合わせて【一括発送】とさせて頂きます。早い納期から順に別々の発送をご希望の際は、備考欄にご明記願います。 ★発送は【ご入金日翌日からカウントして7営業日以内(土日祝休)】に手配致します。大変恐れ入りますが、順番に対応しているため、具体的な発送日のお問い合わせにはお答えすることができませんので、何卒ご了承願います。 ★配送のご希望がある場合は、備考欄にご記入願います。 ・曜日 ・時間帯【午前中】【12〜14時】【14〜16時】【16〜18時】【18〜20時】【20〜21時】 ご指定がない場合は【一番早い発送・時間指定なし】でお届け致します。 お日にちの指定に関しては、ご入金日翌日からカウントして7営業日(土日祝休)以降のみご指定可能です。 * くるはらきみ & 霧とリボン共同企画、後期くるはらきみ個展《ヒルデガルト点描》出品作品。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 春から夏にかけて野山を彩るオダマキの花は尼僧服を連想させる。 木漏れ日の中寄り添って咲く様に、楽器の稽古をするユッタとヒルデガルトの御姿を重ねました。 …..くるはらきみ ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ Text|熊谷めぐみ 植物に造詣の深いヒルデガルトに敬意を表すように、くるはらきみは様々な植物を用いてヒルデガルトの姿を描き出した。 少女ヒルデガルトは、先輩修道女のユッタに尊敬のまなざしを向けている。その瞳には、隠し切れない音楽への強い好奇心も浮かんでいるようだ。二人の姿は、修道服とあいまって、まわりに立ち並ぶ背の高いオダマキたちに溶け込んでいる。 上を見上げるヒルデガルトと、彼女をユッタと同じ目線で見下ろすオダマキのコントラストも微笑ましい。オダマキはオダマキで、彼女たちを見守っているようにも、音楽に耳を傾けているようにも見える。もしかしたら、風に身を揺らして一緒に音を奏でているのかもしれない。 
彼女たちがオダマキに似ているのか。オダマキが彼女たちに似ているのか。二人が奏でる音楽によって、その境界線がユーモラスに溶け合っていくような、作家の豊かな感性が光る一作である。 ・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ ★作品情報 油彩・キャンバス 作品サイズ|33.3cm×24.2cm 額込みサイズ|42.3cm×33.3cm 制作年|2022年 ★重要なお知らせ ご不在で商品をお受け取りできなかった場合は、必ず【7日間以内に配送業者さんにご連絡の上】お受け取りをお願いします。配送業者さんの保管期間を過ぎた場合、お荷物は当方に戻り、再発送の際は、所定の手数料がかかりますこと、ご了承願います。 【発送業者さんへの手数料(着払い送料と同額)】と【再発送にかかる送料】を1週間以内に指定口座にお振込頂いた後、3営業日以内に商品を再発送致します。 ★返品・交換について 作品や商品に不備があった場合は、商品到着後、7日以内にご連絡願います。作品については問題解決後にお届け、商品については良品と交換させて頂きます。但し、代替品をご提供できない場合は、交換ではなく返金対応とさせて頂きます。返送や交換にかかる送料は当方で負担します。 お客様のご都合による返品は受け付けておりませんので、ご不明な点はご注文の前にお問い合わせ願います。 *画像の色味はできる限り現物に近づけておりますが、ご覧頂く環境により見えは変化します。ご了承願います。
    132,000円
    KIRI to RIBBON
  • もっとみる

最近の記事

大串祥子|漆黒の闇の歩き方~空想旅行ガイドブックとしての『少林寺』~

 時代は変わった。何もかもが逆さまになってしまった。世界が嫉妬するほど拡大しつづけた豊かな隣国の民は、疫病で一転、寄る辺なき闇夜をさまよう旅人となった。  日本という国で、本当の暗闇というものを知っている人はどれほどいるのだろう。早朝の読経を撮るため、朝4時に起きる。真っ暗闇の山道に足を踏み出す、いや、踏み出す以前に、宿の2階からドアの位置を手で探り当て、足で階段を見つけるのが先だ。凍てつく空気で、外に出たことを知る。壁伝いに道まで進み、坂道で転ばないよう、恥ずかしいほど慎

    • 大串祥子|エーテルの海を泳いで~『美少年論』前日譚~

       庭の一角、美少年たちの名を冠したバラが咲いている。花が開けば、彼らに訪れた幸運を知る。何もない日は水をやり、彼らと対話し、遊ぶのだ。  インターネットのない田舎暮らしの少女時代、西風が吹けば小躍りした。この風は美少年の国の風。極東で胸いっぱいに吸い込んで、吐き出した空気は、再び偏西風に乗って海を越え、かの国に戻って混じり合う。  異国の貨幣にもときめいた。美少年の手から手に渡ったであろう金属片から感じる波動を、間接的に記憶してみたり。  ロラン・バルトは「写真とは、技

      • スウィンギング・ロンドン|DAY 4

        本記事はオンライン展覧会《スウィンギング・ロンドン》DAY 4最終日の配信記録です。 Text霧とリボン  澄み渡る空の下、足音迫るアドベントにワクワクと心踊る頃——  4日間に渡りお送りしてきた長澤 均 & 霧とリボン共同企画展は、本日最終日を迎え、無事閉幕致しました。  かの時代へと時空を超えて繋がった本展、お楽しみ頂けましたでしょうか。オンライン上に華やぐストリートを散策して下さった皆様に深く感謝申し上げます。  貴重な資料をご提供下さり、巻頭エッセイで本展を牽引

        • スウィンギング・ロンドン|massaging capsule & 霧とリボン|うたかたの日々へのオード

           夜の訪れと共にストリートに繰り出す若者たち。お気に入りの装いにスパイスとなる小物を取り入れて、待ち合わせへと急ぐ。一瞬にも、永遠にも感じられる夜の海に身を浸して、黒々とした波間にゆれる月明かりをじっと見つめている。  瞬く間に時は過ぎて、薄明を合図に遠のいてゆくロマンティックな夢の時間。今日もまた、吸い込んだ空虚や焦燥を紫煙と共に吐き出し、倦怠の朝を迎える——  若者たちのうたかたの日々へのオードとなるカフスとサコッシュを発表します。  漆黒にモーヴ色の千鳥格子が映え

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • スウィンギング・ロンドン
          |MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット
        • 少女の聖域vol.3〜魔法大全
          |MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット
        • 影山多栄子 & 永井健一二人展《空はシトリン》
          |MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット
        • ヒルデガルト・シリーズ共同企画展
          |MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット
        • ruff個展《菫色少年秘密倶楽部〜ゼニアオイの箱庭》
          |MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット
        • 三人展《シェイクスピアの妹たちの部屋》
          |MAUVE CABINET|モーヴ・キャビネット

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          スウィンギング・ロンドン|massaging capsule《2》|石畳をスキップで

           あの時代のロンドンの、自由な風の中で生きる少女の日々を思い描きました。  決してリッチガールではないけれど、とっても頑張って一枚ずつ揃えたモードがお部屋のクローゼットにはぎっしり詰まっています。鏡の前で袖を通せば、まるで雑誌から抜け出たみたいに変身できる、そんな宝物ばかりです。  渾身のコーディネートを選んで、今夜は噂の人気ナイトクラブへ遊びにゆく約束です。ブティックに並んでいた素敵なあの最新ワンピースを来週は着たいから、少し寒いけれどクローク利用は我慢することにしてコー

          スウィンギング・ロンドン|DAY 3

          本記事はオンライン展覧会《スウィンギング・ロンドン》DAY 3の配信記録です。 Text霧とリボン  冷たい雨から一転、美しい空が広がり心地よい風が吹き抜けた一日。  長澤 均 & 霧とリボン共同企画展は、本日より会期後半を迎えました。  追憶とモダンの間を行き来する描線と一閃の香りが菫色の小部屋をスウィングしたDAY 3——オンライン上のストリートを散策して下さいました皆様に深く感謝申し上げます。  2020年秋に開催予定だった本展は、パンデミックの影響で延期を重ね、

          スウィンギング・ロンドン|Du Vert au Violet|モーヴ色が仄香る夕暮れのStreet

           長澤 均氏ご著作『BIBA Swingin’ London 1965-1974』を紐解くと香り立つ、当時の息吹。わけてもバーバラ・フラニッキが創業したBIBAのロマンティックな世界観と一連のノスタルジックな写真に魅せられ、儚く過ぎ去った神話の美しい残像を、香りで表現してみたいと思いました。  1973年、ケンジントン・ハイ・ストリートにBIBAが移転し「Big BIBA」をオープン。ポプリ名「Kensington High Street 1973」の由来はここから。  

          スウィンギング・ロンドン|河井いづみ《2》|呟声と時間

           時代の嵐が去った後も残り続けるモノ――。独特のノイズ感をもった鉛筆画から、じっと動かないモノの息遣いが秘かに聞こえてきます。  衣装替えの混乱が終わったあと、人々の気配が充満する部屋。傾いたハイヒール、飲み干された空瓶、打ち捨てられた林檎。  時間が止まったモノクロームの世界で、静物であるはずのモノたちがぬるりと生きているようにその存在を表している。呼吸を繰り返し、ふくらんだカーテン。来客を迎えようと、鷹揚に構えたソファ。  現在でも、オークションを華やがせるそれらは

          スウィンギング・ロンドン|須川まきこ《2》|浮遊する時代

           クールとチャーミングが同居するスウィンギング・ロンドンの女性たち。自己プロデュースに長けた女の子たちの自由で華やかな世界へ。  ふわりふわり、ひらりひらりと舞うのは、美しいレースのガウン。  ガウンの中ではたくさんの蝶が舞い踊り、自由に飛び回っているかのよう。  だが本当の自由を謳歌しているのは、ガウンを広げた女性だろう。  浮遊感とともに漂う安定感は揺るぎない信念の証。  時代とは、レースのガウンを広げた先にあるものなのかもしれない。 *  オシャレをして集まった

          スウィンギング・ロンドン|DAY 2

          本記事はオンライン展覧会《スウィンギング・ロンドン》DAY 2の配信記録です。 Text霧とリボン  英国ではクリスマスプディングを用意する「ステアアップ・サンデー/Stir up Sunday」の昨日より開幕した、長澤 均 & 霧とリボン共同企画展。DAY 2を迎えた本展をご高覧頂きました皆様に深く感謝申し上げます。  かき混ぜた(Stir up)プディングのように、時を超えて新旧のアートとモードが行き交うここオンライン・ギャラリー「MAUVE CABINET」。本日

          スウィンギング・ロンドン|massaging capsule《1》|翳りを纏うアームコルセット

           『BIBA スウィンギン・ロンドン 1965-1974』に掲載されている活き活きとした図版の数々の中でも、とりわけ心を撃ち抜かれたのが、サラ・ムーンの撮影した、宵闇から浮かび上がるような、いや反対に溶け込んでもいるような少女の肖像です。  巻き毛がかかる額、20年代を思わせる黒いアイメイク、ボルドー色の口紅、大きな瞳の物憂い眼差し、何よりもゴスへの系譜にも繋がるそのアンニュイな仄暗さが衝撃でした。それまでは漠然とポップでミニマムなイメージだけを持っていた60’sモードのこ

          スウィンギング・ロンドン|須川まきこ《1》|クイーン・オブ・ハートの鼓動をきいて

           華々しく時代を一新し、自らの眩しさによって神話と化したブランド〈BIBA〉。神話を作りあげたのは、ショップに並んだ伝説を、選び取り、身に纏った女の子たち。  最新作のバッグ、オリエンタルな髪留め、愛用の仮面と羽根飾り。ごちゃまぜな懐古主義が、部屋を舞い踊る。  モダンの終焉を予見したバーバラ・フラニッキが作り上げた王国〈BIBA〉、ついたてさえない試着室は、毎日が盛大なパーティーのようだっただろうか。人間も衣服も、もみくちゃに、生身をもった物質へと一体となりながら。

          スウィンギング・ロンドン|カタユキコ|未来の旅1965-1974

           エネルギッシュで象徴的な世界観を持つカタユキコさまの作品は、まさに1960年代半ばから瞬く間に広がったロンドンの熱気そのもの。  シンメトリ―な女性たちが連帯し始める、爽やかな時代の息吹きを描いた4作をご紹介します。  ミニスカートから、大胆に突き出した脚が枠ぶちのように、扉の中から二人の女性に誘われる――女たちが紡いできたパッションへと!   小首を傾げ、余裕を残した姿態は新しいモードの萌芽を感じさせる。 *  芝生の草が肌をやさしく刺激する。ヒールを投げ出して

          スウィンギング・ロンドン|DAY 1

          本記事はオンライン展覧会《スウィンギング・ロンドン》DAY 1の配信記録です。 Text霧とリボン  モーヴ色の空から時を超えて頽廃の香気が舞い降り、小雨となって冷たい空気をスウィングさせた一日。  パンデミックの影響で延期を重ね、二年越しに開催が叶った長澤 均さま&霧とリボン共同企画展が本日ついに開幕しました。  オンライン上のストリートを闊歩しながら、スウィンギング・ロンドンの空気を胸いっぱい吸い込んで下さった皆様に深く感謝申し上げます。 *  はじまりは、一冊の

          スウィンギング・ロンドン|宇山あゆみ|華やかな時代へ

           ポーズ人形とスウィンギング・ロンドンの出会い。その奇跡のきらめきがここに。  スウィンギング・ロンドンをテーマに人形作家・宇山あゆみが創作したのは、時代を牽引したBIBAのファッションにオマージュを捧げたポーズ人形。  時代の魅力を巧みに掬い上げ、ノスタルジックな感情を呼び起こすことに長けた作家ならではの、細部までこだわりを感じさせる愛らしさと懐かしさにあふれた作品となっている。その魅力を余すことなく伝える写真は、作家自身によって撮影されたものである。  昭和の時代に

          スウィンギング・ロンドン|河井いづみ《1》|おいでよ、あたらしい時代

           時代が動く音がする。  刹那的で爆発的なエネルギーを秘めた特別な時代へ、河井いづみの魅力あふれる四点の作品が明るく手招きする。  あの空気。あの匂い。あの感触。  スウィンギング・ロンドンの世界へ、ようこそ。  響き渡るハロー!の声。新しい時代。  あたたかなイエローとユニオンジャックをまとった凛とした手袋が、ストリートの視線を釘付けにする。私たちも行かなくちゃ。乗り遅れないように。 *  躍動する時代。その中心にはいつだって輝く若者たちの存在がある。いつもより少し攻