見出し画像

福岡と食(北海道フェアin福岡)

ザ・北海食道

5/16・17・18・19
天神中央公園で、
第8回北海道フェアin福岡、「ザ・北海食道」が
開催されています。

昨年も同時期に行われていたこのイベント。

全国各地で行われているイベントのようです。

食が似通る福岡と北海道

「食が似通る」といっても、
この狭い日本の中ではだいたい食なんて似通るもの……。
と言われてしまうとそうなのですが、
今回のイベントの冊子にはこんな風に書かれています。

新鮮な海鮮、北海道産肉、ラーメン、スイーツと
どれを食べても北海道がギュッと詰まっています。

「食」で挙げられる部分が、福岡と結構似てるなと。

新鮮な海鮮
・福岡……カキ、明太子、フグetc.
・北海道……カニ、ウニ、いくら、数の子、イカetc.


・福岡……もつ鍋(牛)、焼き鳥、水炊き(鶏)
・北海道……鹿肉、ジンギスカン(羊)、ザンギ(鶏)

ラーメン
・福岡……豚骨ラーメン
・北海道……味噌ラーメン

スイーツ
・福岡……いちご
・北海道……メロン

もちろん料理や食材自体は違いますが、
北と南、環境的にも違うところが多いのに、
推している「食」は似通ったところがあるなと再確認しました。

福岡と食

生まれ育ちがずっと福岡、というわけではない自分にとって、
福岡の食は、まさに「福岡一色」というイメージです。

福岡に来て一番に感じたのは、
そこらじゅうで出会う「豚骨の匂い」。
今でこそ全く気にならなくなりましたが、
最初の頃は車の中にいてもお店からの豚骨の匂いがするほど。

来てすぐの頃は「匂い」というより、
鼻をつくような「臭い」という感じでした。
食べると全然そんなキツい感じではないのですが。
他の都道府県から来た方は、
この感じに共感できる方もいるのではないかと思います。

どこに行っても、どこの路地を入っても、出会うお店は
「豚骨ラーメン」「もつ鍋」「水炊き」「焼き鳥」「餃子」。
今では同じラーメンや鍋料理でも、
色々な種類のものを楽しめるようになっています。

が、10年ちょっと前の福岡では
ラーメン:豚骨一択
鍋:基本的にもつ鍋、もしくは水炊き
というのが自分のイメージでした。

もちろん、観光に来た人にとっては
これでもかというくらい福岡を味わえる。
福岡にいる人にとっても、
手軽にソウルフードを食べることが出来る。

福岡の食文化が徹底している良さもありながら、
ここ最近は国内外の様々な食事が食べられるような
お店の広がりを見せていて、
自分にとってはそれもありがたいなと思っています。

だからこそこの4日間は楽しめる

福岡の人は、やっぱり福岡の食に自信を持っていると思うし、
誰もが言うように「安くて美味しい」福岡の食はオススメ。

だからこそ、似通っていて、でも明らかに違う
メニューをラインナップしている「ザ・北海食道」は、
ちょっと比べてみる意味でも楽しめると思います
(決して優劣をつけるという意味ではなく)

冊子やサイトを見るだけでも、
明らかにいつもの福岡で見るような食とは異なるメニューが
かなりあります。

上で比べたようなもの以外にも、
じゃがバターや利尻昆布ラーメンといったものも
ラインナップされていたり。

いつも美味しくて食べ慣れている福岡の食から少し離れて、
日本の真反対の地域にある食文化に触れられる
いい4日間になるんじゃないでしょうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。