図書館について語るときに我々の語ること

「図書館について語るときに我々の語ること」 これは図書館や本に携わるわたしたちが、図書…

図書館について語るときに我々の語ること

「図書館について語るときに我々の語ること」 これは図書館や本に携わるわたしたちが、図書館以外の様々なジャンルの人たちと一緒に始める旅です。モデレーター:染谷拓郎(株式会社ひらく)、廣木響平(株式会社図書館総合研究所)

マガジン

  • 超図書館総合研究所

    2022年11月30日にオープンした図書館のSUPER!でHYPER!なFUTURE!を考えるための秘密基地🤭「超図書館総合研究所」。それにまつわる記事を集めます。 〒112-0012 東京都文京区大塚三丁目5-9 住友成泉小石川ビル 別館5F

  • 超映画総合研究所

    教示せよ、お薦め映画を。 確認せよ、まだ観ぬ映画を。 映画同士でシェイクハンド、 それが、超映画総合研究所です。 @超図書館総合研究所(茗荷谷) 東京都文京区大塚三丁目5-9 住友成泉小石川ビル 別館5階

  • 図書館について語るときに我々の語ること【きくこと】

    図書館業界外の方々に話をお聞きしながら、これからの図書館を考える、㈱ひらく染谷と㈱図書館総合研究所廣木による「図書館について語るときに我々の語ること」。各業界のゲストとのお話【きくこと】を時系列で読めるように整理したものです。

最近の記事

  • 固定された記事

【つくること】 超研×VIVITA×VIVIWARE、モノづくりと図書館のあたらしい関係を模索する共創プロジェクト始動!

株式会社図書館総合研究所(代表取締役社長:廣木 響平 以下図書館総合研究所)、VIVITA JAPAN株式会社(代表取締役:宮田人司 以下VIVITA JAPAN)、VIVIWARE株式会社(代表取締役:孫泰蔵、嶋田翔三郎 以下VIVIWARE)は、2023年12月8日(金)、モノづくりによる図書館のあたらしい社会価値の創出を目指して、パートナーシップを締結いたしました。 今後、東京都文京区の「超図書館総合研究所」を拠点に、「図書館×モノづくり」を軸にした多世代にわたる市民参

    • 【つくること】 第4回超映画総合研究所”志田ゼミ” DAY1(2024.5.17)レポート

      いよいよ超映研セカンドシーズンのスタートとなりました! (シーズン1の総括は以下↓) 内容はそのままに、スタッフ間では継続性を大切にしていくことをテーマに申し込みを開始したところ、これまで参加してくれたゼミ生諸氏をはじめ、新規で申し込まれた方々も多々いらして、5月17日(金) の第5期ゼミ生はギャラリー含めて総勢20名にもなりました。 プレゼンターの申し込みも多く、はじめて選出制をとらなければならなくなるほど。結果としてプレゼンターはレギュラーの志田さんを入れて6名となり、

      • 【つくること】こんな図書館あったらいいな

        「空飛ぶ図書館で、本が読めたら良いな」「母国語が違っても、本を通して通じ合えたらステキ」「本を作るところから始めるオリジナル図書館なんていいな」 人の数だけ、理想の図書館のカタチがある。 この企画は、広告制作会社ティー・エー・シー企画さんとの共同プロジェクトとして始まりました。 「こんな図書館あったらいいな」あなたの思う理想の図書館を教えて? 下は4歳から、上は50代まで、83人の人たちに同じ問いかけをしました。 似た回答はまとめたり、すでに実現されているアイデアなど

        • 【つくること】 第6回超創造総合研究所

          3月18日(月)10:00~12:00 『超創造総合研究所(通称:超創研)』 昨年12月18日にスタートし、第2回・第3回、第4回・第5回と続いた 東京23区の図書館で活躍する司書向け企画『超創造総合研究所』ですが、 今回でひと区切りの回となります。 本日も某自治体の方々が参加してくださっているので、簡単に今回の研修『超創造総合研究所』の目的や意義について、山内先生より説明をしていただきました。 今回はこれまで参加してくれていた司書さんオールスターが勢揃い!(残念ながら都合

        • 固定された記事

        【つくること】 超研×VIVITA×VIVIWARE、モノづくりと図書館のあたらしい関係を模索する共創プロジェクト始動!

        マガジン

        • 超図書館総合研究所
          19本
        • 超映画総合研究所
          9本
        • 図書館について語るときに我々の語ること【きくこと】
          16本

        記事

          【つくること】 第5回超創造総合研究所

          3月4日(月)10:00~12:00 『超創造総合研究所(通称:超創研)』 前半となる第4回は、VIVIWARE Shellを使ってコマをデザインし、カッティングプロッターとレーザー加工機を使ってすごろくのコマを制作しました。 本日、後半となる第5回は、『Tinkercad』という3DモデリングWebアプリを使ったサイコロづくりに挑戦します。 ・・・とその前に、本日は某自治体の方々も参加されているため、 簡単に「ものづくりって?」というお話と、山内先生の所属するVIVIT

          【つくること】 第5回超創造総合研究所

          【つくること】 第4回超創造総合研究所

          2月19日(月)10:00~12:00 『超創造総合研究所(通称:超創研)』 第1回目「つくるとは?」という座学から始まった超創研。 第2回・第3回は前半と後半に分け、すごろく作りを行いました。 今回から始まる第4回・第5回はメンバーを新たに、 再び前半・後半に分けてすごろく作りを行います! さて今回のメンバーはどんなすごろくを作ってくれるのでしょうか! 前半は、VIVIWARE Shellというアプリを使ったワークです。 VIVIWARE Shellは、専門的な知識が

          【つくること】 第4回超創造総合研究所

          【かんがえること】超映画総合研究所 企画の意図と検証についてのまとめ

          2023年度ももう終わりますね😅今年度、超図書館総合研究所で実施された事業の中でも、何かと話題だった「超映画総合研究所」。その1stシーズンを終え、ゼミ長の志田一穂さんからレポートをいただきましたので下記に掲載いたします。 超映画総合研究所 企画の意図と検証についてのまとめ  記 志田一穂掲題の通り本件は2023年上半期より小生が企画立案した「映画シェア部(仮)」を発展させた「超映画総合研究所」についての意図、及び各期における実践後の検証を独自にまとめたものである。構想に基

          【かんがえること】超映画総合研究所 企画の意図と検証についてのまとめ

          【つくること】 第3回超創造総合研究所

          2月5日(月)10:00~12:00 昨年末に発足した『超創造総合研究所(通称:超創研)』 いよいよ第3回目の開催です! 第3回目とはいいつつ、今回は1月19日に開催した第2回の後半戦。 まずは第2回(前半戦)にデータを作成したものの、完成まで時間が足りず見れなかった3Dプリンター作のサイコロを確認するところからスタート! 2グループとも、あまり時間が無い中でも協議しながら 凝ったサイコロをデザインしていました。 完成したサイコロを見て、みんなでひとしきり盛り上がった後

          【つくること】 第3回超創造総合研究所

          【つくること】 みんなの空想会議Vol.0

          1月27日(土)13:00~17:00 超研×VIVITA×VIVIWAREパートナーシップ締結リリース記念! ということで「みんなの空想会議Vol.0」を開催しました。 「みんなの空想会議」とは、自分の頭の中にある空想を生成AIを使ってイメージをつくり、奇想天外な未来のニュースを新聞記事にして発表するワークショップです! 今回のワークショップには、小学生から大人まで、関係者を含め12名が参加。みんなで空想を自由に楽しみました! 空想会議ってどんなことをするんだろう?

          【つくること】 みんなの空想会議Vol.0

          【つくること】 第3回超映画総合研究所”志田ゼミ” DAY2(2024.2.2)レポート

          超映研第三期DAY2 2024.2.2(FRI) お馴染み前回プレゼンされた映画の感想交換会。これまでの一期、二期のプレゼンター諸氏や、ギャラリーとして繰り返し参加してくださっている方々、そして今回からの新規参加の方々と、回を重ねる毎にコミュニティが広がっており、会場もオープンから賑やかな雰囲気で嬉しい限り。 今回のプレゼンは5作品。実に多岐に渡るジャンルで、それぞれの感想で最初から最後まで、熱いトークが繰り広げられました。 『パラサイト 半地下の家族』(監督 ポン・ジ

          【つくること】 第3回超映画総合研究所”志田ゼミ” DAY2(2024.2.2)レポート

          【つくること】 第2回超創造総合研究所

          1月22日(月)10:00~12:00 昨年末に発足した『超創造総合研究所(通称:超創研)』 いよいよ第2回目の開催です! 今回は、第1回目に参加してくれた受託スタッフを中心に計7名が参加。 前回と比べ、あえての少人数制により密度の濃い研修を目指します。 まずは超研ツアーからスタート! 超研メンバー以外はめったに足を踏み入れることが出来ない、禁断の(でもない)オフィス内に潜入です。 普段目にすることのない3Dプリンタやレーザー加工機、カッティングプロッターなどの機器を前に

          【つくること】 第2回超創造総合研究所

          【つくること】 第3回超映画総合研究所”志田ゼミ” DAY1(2024.1.19)レポート

          1月19日(金) 第3期志田ゼミ。 プレゼンターの申し込みは4名。 プラス、今回から志田さんが正式レギュラー登板となったので計5名となりました。 ギャラリー参加の方々もどんどん増えてきてスタート前から賑やかな雰囲気に。 さて、何かと話題となってきた超映画総合研究所 志田ゼミ。第3期はどんな作品がプレゼンされたのでしょうか…。 「パラサイト 半地下の家族」2019 プレゼンター 小澤由武さん まずトップバッターは韓国映画、しかもアカデミー賞受賞をはじめ当時世界の映画祭を席巻

          【つくること】 第3回超映画総合研究所”志田ゼミ” DAY1(2024.1.19)レポート

          【つくること】 超創造総合研究所はじまります!

          12/18(月)15:00~17:00 2023年12月8日、超図書館総合研究所とVIVITA/VIVIWARE社がパートナーシップを締結。その取り組みのひとつとして、『超創造総合研究所』(通称:超創研)が発足されました。 超創研では今後、受託館スタッフを中心に、超研にあるデジタルファブリケーション機器等も活用しながら、モノづくりだけでなく、ファシリテーションスキルやワークショップデザインなど、モノづくりに関連するさまざまなWS等を行う予定です。 初回ということで、VIVI

          【つくること】 超創造総合研究所はじまります!

          【つくること】 第3回 なんとなくあるく、なんとなくあらわれる

          2023年12月17日(日)13:30~16:00 最終回となる第3回「なんとなくあるく、なんとなくあらわれる」のfeel度walk先は、北区十条です。 図書館総研が計画に携わった、今年度OPEN予定の図書館的施設『ジェイトエル』が入居するタワーマンションが駅前に絶賛建設中で、その横には入り組んだ路地裏と、安くて旨い惣菜屋などが軒を連ねる十条銀座商店街や十条仲通り商店会がはり巡る、なんとも味わい深いエリア。 10月22日(日)、11月5日(日)と2回にわたり活動してきた

          【つくること】 第3回 なんとなくあるく、なんとなくあらわれる

          【つくること】 第2回 なんとなくあるく、なんとなくあらわれる

          あけましておめでとうございます🎍本年もよろしくお願いいたします🍡 遅くなりましたが😅昨年行われた第2回「なんとなくあるく、なんとなくあらわれる」のレポートをアップします。 2023年11月5日(日)13:30~16:00 第1回目の「なんとなくあるく、なんとなくあらわれる」から2週間。第2回目が超研にて開催されました。 今回のfeel度walkは前回とは少し志向を変え、「止まってばかりで少しずつ進む」ではなく、「ところどころ少し止まり」ながら、少し足を延ばして小石川図書館

          【つくること】 第2回 なんとなくあるく、なんとなくあらわれる

          【きくこと】 第13回 面白法人カヤック  丹治拓未

          丹治拓未 面白法人カヤック所属。企画部/グループ戦略室/リーダー/M&A責任者/ぜんいん人事部 廣木:図書館について語るときに我々の語ること第13回。本日は面白法人カヤックの丹治拓未さんにいらっしゃっていただいています。 丹治:面白法人カヤックの丹治拓未と申します。よろしくお願いいたします。 廣木:私は図書館総合の廣木と申します。 染谷:株式会社ひらくの染谷です。よろしくお願いします。 廣木:今、実は3つの会社であるまちの図書館の整備計画に携わっていて、毎日泣いたり

          【きくこと】 第13回 面白法人カヤック  丹治拓未