見出し画像

2018ベネルクス旅の記録 目次

「からんだ」の中の人

2018ベネルクス旅の記録の、各記事への目次です。
2018.9.8~2018.9.14の間、現地5泊6日で、ベネルクスの国境を巡る旅に行ってきました。

-0- 準備編【出発前】
はじめてのヨーロッパ旅、事前準備は念入りに。
旅したいと考えている方に役立つ情報になっています。
https://note.mu/karanda_videos/n/n7372e03a0b5c

-1- ドイツ入国【1日目】
日本出国、ドイツ入国から、マインツまで移動です。
https://note.mu/karanda_videos/n/nda5dff265411

-2- ドイツからベルギー【1日目】
はじめて国境を越えました。
夜中の国境地帯はデンジャラスゾーンです。また行きたい。
https://note.mu/karanda_videos/n/n81d869d0a20c

-3- リエージュとマーストリヒト【2日目】
リエージュからオランダのマーストリヒトへ
行って、帰ってくる。
https://note.mu/karanda_videos/n/na2fa1a3b444e

-4- ベルギー国内を大移動【2日目】
南東のリエージュから、北西のブルージュへと移動。
ベルギー版東海道本線、グリーン車に乗車です。
https://note.mu/karanda_videos/n/nfa89a61ffaad

-5- ブルージュから、アントウェルペン【3日目】
アントウェルペンの美しい街並みと、世界一の駅
https://note.mu/karanda_videos/n/ne16e9e8c275e

-6- デルフトと、ザーンセ・スカンス【3日目】
ベルギーからオランダへ抜けます。
国が変われば列車も変わる。
https://note.mu/karanda_videos/n/n1f6ff6a0f266

-7- アムステルダムの雰囲気【3日目】
犯罪が多いと聞いていたが、果たして。
宵闇迫るアムステルダムを歩きます。
https://note.mu/karanda_videos/n/nab8cf58fc8b5

-8- アムステルダム中央駅で撮り鉄【4日目】
中央駅に出入りする列車達を眺めます。
コロッケおいしいよ。
https://note.mu/karanda_videos/n/n59f898dd5fe8

-9- ユトレヒト鉄道博物館【4日目】
日本の鉄道博物館にも行ったことないのに、
オランダの鉄道博物館へ、行ったという話。
https://note.mu/karanda_videos/n/nb086aed10a94

-10- 国境地帯を抜けてふたたびドイツへ【4日目】
オランダからローカル列車でドイツへ。
やっぱり国境には、なんかある…
https://note.mu/karanda_videos/n/n9d66d3db55ab

-11- スリと日本人【4日目】
タイトルの通りです。私は無事です。
後半は、デュッセルドルフからコブレンツへの列車移動。
https://note.mu/karanda_videos/n/n28c7f84d53e8

-12- モーゼル川の鉄道とルクセンブルク国鉄【4日目】
未知の国、ルクセンブルクへ向かう鉄道です。
ベネルクスは奥が深い。
https://note.mu/karanda_videos/n/ncf66825107bc

-13- ルクセンブルクの風景 前編【4日目】
ルクセンブルクの風景です。
旅する前に現地の風景を見たくないという方は、
この記事を飛ばしてください。
https://note.mu/karanda_videos/n/nf2bdbf80ae3f

-14- ルクセンブルクの風景 後編【4日目】
ルクセンブルクの風景です。上に同じ。
https://note.mu/karanda_videos/n/n2b140ee67bb4

-15- 最終日、また、助けられる【5日目】
国境地帯じゃないのにトラブルに巻き込まれる。
果たして空港にたどり着けるのかぁぁぁ
https://note.mu/karanda_videos/n/nd07dd06c8189

-16- 帰国。旅、しませんか?【5日目】
空港でのあれこれと、帰国してからの印象。
旅してみませんか?という誘い。
https://note.mu/karanda_videos/n/n6c746d8b757a

-番外編①- 意識低い英語のみにつけかた
TOEIC310点でも、海外に行ける程度の英語力を
身に着けたぞ、という方法の話と、そもそも
旅へ出ることを決意した、経緯や動機。
記事は途中から有料ですが、中で紹介している
英語勉強法は、ほとんど無料ですし、
旅へ出ることを決意した動機や経緯は、無料で読めます。
https://note.mu/karanda_videos/n/nde4ef9399de3

-番外編②- AM66型電車をNゲージでつくる。
私流の、旅のアフターの楽しみ方。
旅先で印象的だった電車を、自分の手元に残す試み。
マニア向けですが、鉄道に興味がなくても
見ていて楽しめるような構成にしています。
有料ですが、最後まで読めます。投げ銭方式。
https://note.mu/karanda_videos/n/n88fe5067b8e9



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「からんだ」の中の人

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!