見出し画像

2018ベネルクス鉄道の旅(番外編)AM66型電車をNゲージでつくる。

「からんだ」の中の人
本記事は、有料ですが、最後まで読めます。投げ銭方式ですね。
もし面白いと思っていただけましたら、ご支援いただけますと、
うれしいです。(次の作品製作に使わせていただきます)
★旅行記本編の目次はこちら★
https://note.mu/karanda_videos/n/n01e4cf58ffab

私は鉄道模型、1/160スケールのNゲージというものも
趣味として、楽しんでおります。

今回の旅の中で、もっとも印象深かった、AM66型電車。
初日にアーヘンから国境を越える区間で乗車した、片面の電車ですが…
これを、旅の思い出とともに、模型にしてみたいと思ったのです。

フル・スクラッチで、製作します。
(既製品の改造などではなく、プラ板とデザインナイフだけで創り上げることをいいます)

↑今回製作する、AM66型電車はこれ。
この前後で何があったかは、旅行記の(2)を、参照(↓)
https://note.mu/karanda_videos/n/n81d869d0a20c

↑フル・スクラッチの場合、図面もイチから自分で作らないといけません。
Jw-Cadというフリーソフトで、図面を引きます。
直感的に操作がしやすくて、機能も豊富な、素晴らしいソフトです。

設計図を印刷して、スプレーのりでプラ板(0,3ミリ厚)に貼り付けます。
この線に沿って、デザインナイフを入れることで
設計図通りにプラ板が切り抜けるのです。

↑デザインナイフで抜いていく。ここはかなり慎重に作業しなければならないと、ほっそい窓の桟がプチっと逝ってしまいます。。

↑側板は、2枚貼り重ねて立体感を出すように表現します。

↑このように、外板と内板を切り出して、

↑2枚貼り重ねます。ドアが一段奥まった表現になりました。
窓の桟も、外板はL字、内板は一文字で、貼り合わせてスライド窓を表現しています。

↑もう1両の側面もおなじように製作。

↑2両分・4枚の側板をつくりました。
側板は3枚重ねにするので、まだ完成ではありません。
ここまで作業開始から数週間。毎晩チマチマやってきました。

前面の製作に入ります。

↑前面も3枚貼り重ねて、立体的に表現。
さらにその上に、幌をとめる枠で4枚貼り重ねにします。

↑貼り重ねた状態で、瓶に巻き付けて二晩放置します。
こうすると、瓶の曲げ癖をつけることができるんです。

↑こんな感じ。右が曲げたあと、左が曲げる前。

↑前面にはライトがつきます。ライトは、グリーンマックス社が出している「腕木式信号機」という、鉄道信号機のキットがちょうどよさそうなので
これを拝借。
http://www.gm-store.co.jp/blog/gmstore-staff/archives/28491

↑側面、前面すべてのパーツが、そろった…ように見えますが、側板の3枚目がまだ。

↑背面もつくりました。

↑3枚貼り重ねた側板と、前面、背面を接着して、箱型に組み上げます。

↑屋根を接着。屋根もプラ板から切り出して製作しました。

↑内側から瞬間接着剤で補強をしました。

↑まるっこい屋根は、プラ板を3枚貼り重ねてやります。
結果的には、3枚では足りず…もう3枚貼り重ねるべきでした。
こういう失敗ができるのも、スクラッチの醍醐味です、は言い過ぎでしょうか。

↑段差をパテで埋めます。
パテはにおいが非常にきっつ~~~~~~~~~いので…
なるべくなら、使いたくない

↑たまーに削りすぎるので、瞬間接着剤で補填してやります。

↑基本的な形ができたので、サーフェイサーを吹きます。
サーフェイサーは細かい隙間を埋めてくれる、パテの粒子のようなスプレーです。

↑サーフェイサーを噴くと、細かい傷やら削り忘れやらが浮き出てくるので、修正していきます。

↑基本的な形ができたので、雨樋やクーラーをプラ板で表現していきます。

↑塗装をしていきます。まず白を噴射。

↑次に黄色

↑赤を噴いて、複雑なマスキングをして…

↑青色を噴くと、こうなります。だんだん雰囲気でてきました。

↑屋根と車体裾にグレーを噴くいて、塗装完成。ライトも銀と黒で塗ってやりました。ガンダムマーカーというペンを使用しています。

↑車体ができたので、モーターを組み込みます。
鉄道模型、Nゲージというやつは、線路の上を走ります。
なので、ただリアルにつくればいい、というわけにはいきません。
走るに耐えられるだけの、強度、構造、ときにはデフォルメも必要になってきます。

↑たとえば、ドアの下のステップは、動力車がカーブを曲がるときに干渉することが判明したので、ギリギリまで削って修正。
こんな微修正を繰り返して、よく走る状態までもっていきます。

↑謎の機器箱?や、連結器
この辺は、グリーンマックスの車両キットの、あまりパーツを持ってきています。

↑向かって右側の、電源ケーブルをプラ線で表現。
パンタグラフ(集電装置)も、他のNゲージから持ってきて接着。
電車らしくなってきました。

↑貫通扉の渡り板を、カレンダーの切れ端からつくって、接着。
これにて完成とします。

製作期間は、10月末から12月頭の、1か月半ぐらいでしょうか。

↑ケースもつくって、完成。

↑自宅のジオラマにのっけて撮影。モーター入っているので、当然に、走りますよ。

↑旅の思い出。夜のアーヘンの風景が、こうして再現されました。
改善点もありますが、まずはこうして、形にできたことが嬉しい。

旅は、計画して楽しみ
旅先で楽しみ
振り返って楽しみ
模型で楽しむ。

明日は再び旅行記に戻ります。
私なりの、旅の楽しみ方でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★目次はこちら★
https://note.mu/karanda_videos/n/n01e4cf58ffab

この続きをみるには

この続き: 0文字

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「からんだ」の中の人

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!