かんべたかこ/介護の未来研究家

「わたしの看護婦さん」代表。https://my-nurse.jp/ あさイチ出演、内閣府主催女性のチャレンジ賞 他。「家族がすべき介護」を代行、介護に前向きに向き合える社会を模索しつつ、ヤングケアラー支援を行っている。福岡出身。趣味は糖度が高いサツマイモを探すこと。勝率88%

自分の暮らしと親の介護を両立する、ハイクオリティな介護サービス「わたしの看護婦さん」

「介護のことはよく分からないけど、年老いた親をいたわってあげたい」「年齢相応だと言われても、親が健康であり続けることを諦めたくない」 「今、自分があるのは親のお…

久々の帰省だからこそ、親と介護について話しておきたい6つのこと聞くポイント

コロナ禍で迎える2回目の年末年始。感染者数がいったんの落ち着きを見せ、いよいよ今年は帰省できると荷造りに励んでいる方も多いと思います。 ようやく対面して話すこと…

価値観を通せない介護保険サービス

アナタはどっち派? スプーンを筒状の入れ物に立てるとするならば、持ち手を上にするか下にするか、さぁどっち? スタッフの意見が二分しています。 スプーンを取る時に…

地元銀行と協業する意味

【鳥取銀行と協業します!】 この度、N.K.Cナーシングコアコーポレーション合同会社は、鳥取銀行と業務協定を結びました。 え?介護と銀行?関係あるの?ってピンと来な…

ヤングケアラー支援にご協力をお願いします。

ヤングケアラーSNS(LINE)相談窓口を、全国に先駆けて8月からスタートしました。 運営から2ヶ月で、 登録者、67名 延べやり取り件数 919回 (集計期間:2021年8月1日〜…

自分のため、家族のために。実際に終活ノートを書いてみた。

親御さんやご親戚さんの介護が心配な世代のみなさま、こんにちは。 介護をする人の応援団をしている神戸です。 介護に関する講演で、 「人生会議をしましょう。親御さん…