見出し画像

マルコムXとモハメド・アリの邂逅の夜『あの夜 マイアミで』

サム・クックを演じたレスリー・オドムJr が助演男優賞でアカデミー賞にノミネートされていて、観てみた。もともとは2013年の戯曲で、1964年2月25日にカシアス・クレイ(後のモハメド・アリ)がヘビー級のチャンピオンになる日の物語。

マルコムXが出てきていることでわかるように、公民権運動に対して、この黒人のヒーローたちがどのように向き合っているか、というのがドラマの中心だ。マルコムは自分が幹部になっているNOI(ネイション・オブ・イスラム)の教祖の不正を告発して教団を辞め、自身の教団をスタートさせようとしているところ。カシアス・クレイはイスラム教に改宗して、モハメド・アリと名乗る直前。黒人だけでなく白人にも受けた、サム・クックは自身の音楽出版社を持ち、権利を自分たちが持つことで、正当な黒人アーティストの利益を獲得した、単なる優秀なソウルシンガーではないビジネスマン。ジム・ブラウンはNFLのランニングバックで後に映画スターにもなる人気者だった。

そして、マルコムはこの翌年1965年2月に、公式にはNOIのメンバーに銃撃され、命を落とす。モハメド・アリは1967年に「良心的徴兵拒否」でベトナム戦争の従軍を拒否し、WBC,WBAのヘビー級チャンピオンの地位を剥奪され、1971年までボクシングができない状況に置かれた。サム・クックは公民権運動のアンセムとなった曲「A change is gonna come」を1964年に発表したけど、12月にはモーテルで射殺される。

カシアス・クレイがモハメド・アリと名乗ることを決めた日、なにがモーテルの一室で話し合われたのか、記録には残っていない。そのスキマに脚本家が入り込んで「最高の夜」の物語にした。

亡くなったチャドウィック・ボーズマンが出演した『Ma Rainy's Black Bottom』は1920年代の話で、マルコムXが生まれたのが1925年なので、この2つの物語はつながっている。ボーズマンがアカデミー賞の主演男優賞の本命って言われてるので、これも楽しみ。両方の作品が戯曲で、熱い会話劇。BLMのコンテクストもあって、注目されている。両方とも引き込まれた、素晴らしい作品。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
角野 信彦

読んだり、観たりしたコンテンツについて書くことが多いです。なのでサポートより、リンクに飛んでそのコンテンツを楽しんでくれるのが一番うれしいです。でもサポートしてもらうのもうれしいです。

スキありがとうございます!
2
コミュニティや好きなメディア&コンテンツについて書きます。クラシコム社長室 上場・映画配給宣伝・法務・アライアンスなど / コルク「数字の編集部」/コルクラボ/幻冬舎/ライブドアパブリッシング, マンガHONZ, マンガ新聞の立上げ/大前研一のBBT大学「ベンチャー経営研究」講師