見出し画像

AirPods Proを使って1年〜音楽が聞ける「デジタル耳栓」

AirPods Proを購入して、約1年が経ちました。

手持ちのアップル製品(iPhone・iPad・iMac・Apple Watch)と、ペアリングや接続の切り替えが楽ちんです。

Appleの思うつぼのような気もしますが、使い勝手が良く、毎日使っています。

作業に集中できる「デジタル耳栓」

在宅ワークなどで、作業に集中したいときは、AirPods Proをノイズキャンセリングモードにして使います。

家の周りの音、エアコンの音、キーボードのタイピング音などがかなり小さく抑えられ、目の前の作業に没頭できます。

逆に、外部音取り込みモードにすると、周りの音が聞こえやすくなります。

家族の声など、家の中の音に注意を払う必要があるときは、この外部音取り込みモードにしておきます。

モード切替は、本体を長押しするだけです。

在宅ワークでAirPods Proを活用する方法を、ブログ記事にまとめてみました。


運動不足解消に

社会情勢が変わったので今は行かなくなりましたが、一時期、フィットネスジムに通っていました。

AirPods Proのノイズキャンセリングをオンにすると、音がシャットダウンされます。思った以上に、ジムの中は音がするんですね。

曲を聞きながら運動するときは、ノイズキャンセリングをオンにしておくと、ボリュームを絞っても聞こえやすくなります。

また、外でジョギングするときは、外部音取り込みモードを使います。

ノイズキャンセリングとは逆の機能で、周りの音を聞こえやすくする仕組みです。車の音などが聞こえやすくなります。

AirPods Proは、シリコンのイヤーパッドが付いているので、密閉性が高いです(無印AirPodsにはイヤーパッドは付属していない)。

そのため、周りの音が聞こえにくくなるので、ジョギング・ランニング時には、この外部音取り込みモードにして、安全に気をつけています。

音楽サービスは何が良い?

作業中、運動中に使っている音楽サービスは、Amazon の Music Unlimited です。

無料のAmazonミュージックは、曲数が少ないし、プレイリストの種類も多くないのが不満で、月額サブスクのMusic Unlimitedを登録

好きな曲やプレイリストは、iPhoneにダウンロードできるので、外で使ってもパケットを使いません。

私は、Amazonのプライム会員になっているので、月々200円引きで利用できます。


Appleユーザーご用達のワイヤレスイヤホン

ノイズキャンセリング・外部音取り込みモードがあるAirPods Proは、「デジタル耳栓」として、仕事やプライベートに活用できます。

邪魔なコードもなく、取り回しが良いです。

Apple製品とのペアリングや接続切り替えがスムーズです。

接続後は、端末からもいろいろと設定ができるのがメリット。

Appleユーザーの方はAirPods Proを持っておくと、何かと便利です。

詳細は、ブログのレビュー記事で。


この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
デジタルガジェット好きブロガー。 地元でWebクリエイター・カメラマンとして活動中。WEBデザイン・撮影機材・ガジェットのことを書き綴ります。ブログ→ https://jungo.jp/gadget (アイコンイラスト:ヘイソン・ニャー)