北欧研究所(Japanordic)

北欧研究所(Japanordic)は、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランド・グリーンランド・フェロー諸島など北欧諸国に特化した研究調査、ビジネス支援、コンサルティング機関です。 https://www.japanordic.com/

北欧研究所(Japanordic)

北欧研究所(Japanordic)は、デンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランド・グリーンランド・フェロー諸島など北欧諸国に特化した研究調査、ビジネス支援、コンサルティング機関です。 https://www.japanordic.com/

    マガジン

    • 北欧研究所エッセイ

      北欧研究所所員が、業務を通じて考えたこと知ったことをエッセイとしてお話しします。

    • 北欧のハピネステクノロジ

      "What ICT can do to make our life happier" 幸せの国、住みやすい国、働きやすい国として各種国際指標でトップを維持するデンマークは、電子政府指標などでも上位に出てくることの多い国だ。電子政府政策進展の恩恵を受け、デンマークでは行政手続きに止まらず、医療、福祉、教育、金融などのあらゆる分野においてデジタル化が進み、デジタルの恩恵が国民生活の隅々にまで行き届いている。デンマークは、先端技術が次々と生まれる国というわけではないものの、国内外の先端技術をうまく活用した生活を良くする工夫が次々と生まれる、「人を幸せにする技術」の国なのである。

    • 北欧の義務教育~事例紹介

      人生100年時代と言われ、コロナ渦で仕事や学習することになった私たちは、これまでの常識から新たな常識へ変化しなければならないことを実感しています。 「義務教育」と呼ばれる子供時代の学びにおいても、多くの知識を蓄えることから、その知識を他者と共に新たなアイディアに変え、実行するスキルを身に着けることを目指すようになったといえるでしょう。では、その必要な知識やスキルを、どのように育てていけば良いのでしょうか?新たな学習方法として、アクティブラーニングやICTを用いた学習が注目を集めています。北欧諸国は、これらの学習法が義務教育から行われ、注目を集めてきました。その実態はどのようなものなのか、教育者たちの声を含めた事例紹介を行います。

    • デンマークのアクティブラーニング 2021年度版

      デンマークには、アクティブラーニングの世界的先達であり、現在もアクティブラーニングの実践を行う2大学、ロスキレ大学、オールボー大学があります。コロナ禍では、世界中の学校の閉鎖や授業の休講が相次ぎ、「学び」が中断されたことは記憶に新しいとおもいます。その中断は2020年春の時点ではしょうがないことだったと言われるかもしれません。 また、近年「学び直し」という言葉が脚光を浴びています。学ぶという行為はいつでも重要なことではありますが、おそらく「学び直し」ではなく一生「学び続ける」という姿勢が、今の時代にはより重要なのではないでしょうか。 学ぶという行為は、人に一生ついて回ります。だからこそ、アクティブラーニング(自分で主体的に学ぶ)という考えは重要です。コロナ禍の影響からの新しい発見も含め、改めてアクティブラーニングについて、そしてグループワークについて考えていきます。

    • 働き方を考える

    最近の記事

    デンマーク電気自動車(EV)の現在

    ※2022年9月18日追記・修正 はじめに2019年からの世界的なコロナウイルス感染にはじまり、欧州の熱波と干ばつ、ウクライナ戦争など、世界的な情勢不安と環境問題が広がっている。特に、近日の物価上昇とエネルギー不足という問題は、筆者が住むデンマークの人々の日々の生活に広く影響を与えているだけではなく、環境問題へ取り組む障壁となっている印象を受ける。このような状況の中、消費者にとって高額商品であると同時に、環境対策の一環でもある電動自動車(以下、EV)は、どのように普及し、活

    スキ
    3
      • 高齢者のデジタルインクルージョン

        デンマークの場合2022年6月、デンマークの高齢者へのデジタルインクルージョンを調査するために若宮正子さんがデンマークを訪問されました。北欧研究所では、事前に若宮正子さんとの対話を続け、若宮さんのご希望を満たすにはどのような訪問先が最も適しているか意見を伺いつつ、現地を知る我々ならではの知見をもとに訪問先について提案もしながら、最終訪問先を選定して行きました。 今回訪問したのは、デンマークの高齢者団体(Faglig senior、Ældre Sagen)、ロスキレ市の市民課

        スキ
        12
        • デンマークのマタニティハラスメント

          2016年、幸せの国第1位[1]に返り咲いた国デンマーク。 そのイメージは、幸福、福祉国家、ジェンダー平等と日本が目指すべき国家モデルを兼ね備えているように見える。では、そんなポジティブなイメージの強いデンマークには、一切の問題もないのだろうか。 世界経済フォーラムが発表している男女平等指数(ジェンダーギャップ指数)の2015年度ランキング[2]によれば、デンマークは世界14位、日本は101位となっている。日本の順位の低さもさることながら、デンマークは北欧諸国で唯一トップ

          スキ
          11
          • デンマークで注目されるサステナブル・ファッションとは?

            近年、デンマークでは、世界中から企業が集まる国際的なファッションやデザインの祭典が開催されるようになってきています。たとえば、6月15−17日に開催される3Days of Design、8月に開催されるコペンハーゲン・ファッション・ウィークなどがあります。 近隣にファッションの都『パリ』など昔から注目される都市がある中、北欧のファッションは、歴史が深いわけではありません。ただ、今の社会において重要なある一つの観点から、北欧のファッションやデザインは、世界的にも注目されるよう

            スキ
            36

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 北欧研究所エッセイ
            北欧研究所(Japanordic)
          • 北欧のハピネステクノロジ
            北欧研究所(Japanordic)
          • 北欧の義務教育~事例紹介
            北欧研究所(Japanordic)
          • デンマークのアクティブラーニング 2021年度版
            北欧研究所(Japanordic)
          • 働き方を考える
            北欧研究所(Japanordic)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            デンマークにおける和食の普及とその課題

            文責:内田真生 2021年5月 我々日本人が古来より口にしてきた和食は、2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」として、ユネスコ無形文化遺産に登録された[1]。来年2023年には、登録10周年を迎える。ユネスコに登録された和食とは、①多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重、②栄養バランスに優れた健康的な食生活、③自然の美しさや季節の移ろいの表現、④年中行事との密接な関わり、という要素を持つ、「自然の尊重」という日本人の精神を体現した食に関する「社会的慣習」のことを指す[2]

            スキ
            30

            「コロナパス」デジタル化賞にノミネート

            デンマークで開発され利用されてきたデジタルアプリ「コロナパス」が、2022年度のデジタル化賞にノミネートされた[1]。コロナパスとは、2021年5月、デンマークデジタル化庁が発表したデンマークのデジタルワクチンパスポート(Digital Corona Pass, coronapas-appen, 以下コロナパス) のことだ。 ノミネートされたコロナパスに関しては、弊所安岡の「デンマークのコロナパス(ワクチンパスポート)」[3]に詳しいが、そのほか井上陽子さんの「北欧の明暗を

            スキ
            7

            2021年の記録

            2022年になりました。皆様、あけましておめでとうございます。本年も北欧研究所をよろしくお願いします。 北欧研究所は、北欧から日本へのメッセージとして、どのようなものが求められているのだろうと常々模索しながら、研究を進めています。本Noteの閲覧数は、一つの指標となっているのではないかと考えています。 2021年一番人気!NO TEが作成くださっている『2021年の記録』は、2021年1月1日から12月31日までの閲覧記録を見ることができます。そこからは、デンマークのデジ

            スキ
            8

            4. 北欧の義務教育とは?

            文責:内田真生 本記事は、全4回連載『北欧の義務教育~事例紹介』のうちの一つです。 これまでの3回の事例紹介をもとにふりかえりを行った結果をまとめます。 ふりかえり これまで、北欧の義務教育におけるICTの活用とアクティブラーニングについて、計4事例を見てきた。ここでは、前回の「3.アクティブラーニング実践方法とは?」でも触れた「ふりかえり」として、筆者自身が学んだことについてまとめる。 本稿は事例数が非常に少ないため、ここで「これが北欧の義務教育である」と断定するには

            スキ
            21

            3. アクティブラーニング実践方法とは?

            文責:内田真生 本記事は、全4回連載『北欧の義務教育~事例紹介』のうちの一つです。 「1.北欧の義務教育~事例紹介」でも述べたように、アクティブラーニングは世界中で注目を浴びている教授法で、その種類や実践方法は多様です。北欧ではどのような方法で義務教育に取り入れられているのでしょうか? なぜ、アクティブラーニング? アクティブラーニングは、簡潔に言うと、「学習者が自身の活動を通じて学ぶ」学習方法である。ただし、その定義には様々な表現があり、実践方法も多様である。例えば、課

            スキ
            7

            2. ICT学習環境を整備するとは?

            文責:内田真生 本記事は、全4回連載『北欧の義務教育~事例紹介』のうちの一つです。 前回「1.北欧の義務教育~事例紹介」でも述べたように、今やICTは我々の生活また学習環境の一部になりつつあります。北欧では、どのように導入され、使用されているのでしょうか? 北欧諸国のICT学習環境の変化 2019年から世界的影響を与えているコロナウイルス感染を経て、世界的、特に先進国において、義務教育へのICT利用が加速した。デンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、エストニア

            スキ
            7

            1. 北欧の義務教育~事例紹介

            文責:内田真生 本記事は、全4回連載『北欧の義務教育~事例紹介』のうちの一つです。 はじめに~事例紹介をしたい理由2019年以降、世界的なコロナウイルスというパンデミックに襲われた私たちは、「ニューノーマル」と言われる時代に生きることになった。そして、人生の歩み方を再考すると共に、これまで以上にICTを使って、人とコミュニケーションを取る必要性が生まれた。インターネット上で活動する中で、多種多様な人々と協働する経験をした人も増えただろう。これまで理想とされてきたスキルや能

            スキ
            8

            5.グループワークの鉄則

            文責:安岡美佳・内田真生 前回までの「3. デンマークのグループワークの手引き」「4.オンライン・グループワークの手引き」では、グループワークの手引きということで細かい実践的な提案や具体例などを示しました。改めて、アクティブラーニングという観点から、筆者らのデンマークでの実践と学習を基に、グループワークの進め方で不可欠な鉄則ともいえる5項目を抽出しています。 グループワークの鉄則5条- グループワークの目的を常に意識する - ルールを明確に定め、ペナルティも決定しておく

            スキ
            5

            4.オンライン・グループワークの手引き

            文責:安岡美佳・内田真生 はじめに本記事は連載のうちの一つです。「前書き. デンマークのアクティブラーニング」、「1. デンマークの大学とその特徴」、「2. ロスキレ大学PPLとオールボー大学PBL」、「3. デンマークのグループワークの手引き」も併せてお読みください! グループワークは、複数の多様な人たちが集まる学習の場であるため、学習の進め方の違いや人間関係などの影響による活動が困難になることもあります。しかしながら、グループワークをうまく進めるコツや方法論があること

            スキ
            5

            3. デンマークのグループワークの手引き

            文責:安岡美佳・内田真生 はじめに 本記事は連載のうちの一つです。「前書き. デンマークのアクティブラーニング」、「1. デンマークの大学とその特徴」、「2. ロスキレ大学PPLとオールボー大学PBL」も併せてお読みください! デンマークの大学や初等教育機関などでも活用されているグループワーク。グループワークは、アクティブラーニングの重要な要素の一つですが、グループワークと聞いて、皆さんはどのような活動を思い浮かべるでしょうか?方法は目的やプロジェクトタイプに応じて多様に

            スキ
            7

            2.ロスキレ大学PPLとオールボー大学PBL

            文責:安岡美佳・内田真生 はじめに大学の創設理念や成り立ちは非常に類似しているロスキレ大学(RUC)とオールボー大学(AAU)(前章「1. デンマークの大学とその特徴」参照のこと)でありますが、学習モデルは、RUCではProblem-oriented Project Learning(PPL)、AAUでは、Problem and Project Based Learning(PBLもしくはPOL)と呼ばれます。RUCのPPLは、環境の作り方も重視する点が、またAAUのPBL

            スキ
            5

            1. デンマークの大学とその特徴

            文責:安岡美佳・内田真生 はじめにデンマークの高等教育機関は基本的に全て国立で、大学は8校のみです。8校以外にも英語訳や日本語訳で大学とされることもあるビジネスアカデミ(Erhvervskakademi)やカレッジ(Professionshøjskole)があります。教育機関の切り分けは日本とは少々異なるので、全体像がイメージがしにくいもしれません。8大学以外の高等教育機関は、いわゆる職に直結する専門教育プログラムを提供する専門学校と考えて良いでしょう。例えば、カレッジでは

            スキ
            15