いぬのせなか座

みんなの覚え書きを投稿しています。http://inunosenakaza.com

いぬのせなか座

みんなの覚え書きを投稿しています。http://inunosenakaza.com

    マガジン

    • 第3回「10日間で作文を上手にスル方法」

      第3回目の講座は、2019年2月2日(土)に三鷹の上演スペースSCOOLで行われました。講座の要約、上演用テキスト、書き起こされた対話、スライド資料、終了後の感想、上演用テキストの機械翻訳、当日にいただいたメモとその応答が収録されています。ひとくさり読み終えたところで、他に足してほしい文章があれば、ぜひコメントをお願いします。質問や「メモ」を寄せていただくのも歓迎です。

    • 現代短歌のテキストマイニング―𠮷田恭大『光と私語』を題材に

      英語圏では、自然言語処理の技術を実作の助けになるかたちで応用する学術研究が盛んです。日本語圏にも、半世紀以上に渡る、計量文体学や日本語コーパス構築の積み重ねがあります。それらの手法を日本語の現代短歌に試してみようと私たちは考えました。単語の数量や距離関係、感情の流れ、品詞構成などを計量すれば、文献の精読 (close reading)ではなく、テキストの遠読 (distant reading) ができると期待したのです。  計量文体学の測定手法、形態素解析エンジン、日本語コーパスから得られた統計情報、近年登場した自然言語処理ライブラリなどを組み合わせて用いました。ここまで多くの手法を適用し、総合したのは、日本語圏では初めての試みでしょう。

    • 第2回「主観性の蠢きとその宿」

      三鷹の上演スペースSCOOLで2018年10月13日18時から行われた、いぬのせなか座・連続講義の第2回の記録です。 正式タイトルは第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」です(字数制限でマガジンタイトルに入りませんでした)。 その日は4時間を超えてなお論点を残す長期戦でした。そこで、当日の読み原稿をもとに、大幅な加筆・修正を行ったテクストを、講演記録として公開します。 認知言語学や、時枝誠記・吉本隆明をはじめとする論者らの議論を参照しつつ、視覚詩や俳句・短歌・詩の具体的事例を検討していくことで、言語表現をめぐる思考・技術の新たな体系化を目指します。 ※当日のご感想を含む関連ツイートは、こちらから。 https://togetter.com/li/1278677

    ストア

    • 商品の画像

      三野新『クバへ/クバから』(いぬのせなか座叢書4)

      ☆第21回AAF戯曲賞最終候補☆「朝日新聞」(評=長島有里枝)、「artscape」(評=飯沢耕太郎)、「美術手帖」(評=中島水緒)、「BRUTUS」、「悲劇喜劇」など各紙で紹介[いぬのせなか座叢書 第4弾]沖 縄 を 、 い ま 、 東 京 か ら 「 撮 影 」 す る 。http://inunosenakaza.com/to_from_kuba.html--------------------- 写真を一種の演劇的手法としてとらえ、「現代の恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに多くのパフォーマンスや演劇、展示作品を発表してきた写真家/舞台作家、三野新。 福岡出身・東京在住のかれが、分厚い「沖縄写真」の歴史と、自らの内なる激しい抵抗感にともに曝されながら、「沖縄の風景」を/に向けて、撮影・編集・発表する。 被写体/撮影者、当事者/非当事者、太陽/影、植物/人間、身振り/視線、沖縄/九州、展覧会/写真集、個人制作/共同制作…… いくつもの「へ/から」の往復の果てで、〈撮影・演劇行為における素材のひとつ〉となった「私」が浮かび上がらせる、「写真(撮影行為)とは何か」という問いと、思考。そして写真たち。 装釘・本文レイアウトは、詩歌集のデザインや、小説の制作などで話題の、いぬのせなか座主宰・山本浩貴+hが担当。かれらにとって初の写真集デザインとなる。 巻末テクストは、三野のこれまでの活動を概観するとともに、今作における方法論を開示する。 写真と演劇のはざまで、さまざまな〈中間=浜〉を経巡りながら模索される、より演劇的かつ仮設的な「撮影行為」+「組写真」の方法論。その先には、はたしてどのような物語が、当事者性が、〈私〉が、ありうるのか―― 新作写真・ドローイング・コラージュ・戯曲はもちろん、これまでの全活動・全写真を振り返り、素材化し、新たな仮設的劇空間を立ち上げる。 三野新、待望の第一写真集。---------------------発行:三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクト制作実行委員会発行日:2021年6月30日判型:A4(縦297mm×横210mm) 140ページ造本:コデックス装栞=小冊子:小田原のどか・佐々木敦特製ペーパー:笠井康平装釘・本文レイアウト・解説:山本浩貴+h---------------------[著者]三野新 Arata Mino1987年福岡県生まれ。写真家・舞台作家。ヒッピー部、ニカサン主宰。舞台芸術作品を制作する「写真家」として、「現代の恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに活動。写真展示・パフォーマンス作品の発表や、他アーティスト・雑誌・ファッションブランドとのコラボレーション多数。受賞歴にフェスティバル/トーキョー12′公募プログラム選出、第2回&第4回写真「1WALL」展入賞、TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD ♯04 準グランプリ&ホンマタカシ審査員賞受賞、第19回AAF戯曲賞特別賞受賞など。本書が第一写真集。HP: https://www.aratamino.comTwitter: https://twitter.com/aRanmeno---------------------三野新写真展「クバへ/クバから」https://taa-fdn.org/events/979/三野新・いぬのせなか座 写真/演劇プロジェクト「クバへ/クバから」https://to-from-kuba.com---------------------助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京新型コロナウイルス感染症の影響に伴う京都市⽂化芸術活動緊急奨励⾦
      ¥4,950
      いぬのせなか座
    • 商品の画像

      𠮷田恭大『光と私語』(いぬのせなか座叢書3)

      ☆第54回造本装幀コンクール 読者賞受賞☆日本タイポグラフィ年鑑2020入選※拡張キットとして使える特製ペーパー「雷乃発声/区境を越える」とあわせてのご購入を、ぜひご検討ください。https://inunosenakaza.stores.jp/items/5ca9a82fb9d5f41cafb7a62a[いぬのせなか座叢書第3弾]私語と定型がゆるく織り上げるこの場所の、この出会いの奥行きに向けて。いつか訪れる、百年生きたあとの葬儀のための第一歌集。http://inunosenakaza.com/hikaritoshigo.html装釘・本文レイアウトは、加藤治郎『Confusion』や岩倉文也『傾いた夜空の下で』等におけるデザインが話題の、いぬのせなか座主宰・山本浩貴+hが担当。同封される栞には、荻原裕幸・堂園昌彦が寄稿。平成の終わりに刊行される、真に新たな、一冊。※Twitterでいただいたご感想などはこちらhttps://togetter.com/li/1330940[推薦文(随時追加 到着順)]駅や広場を暦や行事が群衆のように過ぎていく。たくさんの声。"私"すら群衆の声の一つとして稀釈される。そんな都市の中で"あなた"の声も薄まりながら、でも光のように確かに届く。これはきっと愛や永遠と呼ばれるものだ。――千種創一𠮷田くんの歌は、通常注目されるはずの物事の因果から視線を逸らす、あるいは解像度を下げることによって、世界がもともと持っていた美しさを発見している。既存の文脈の残像が残っているからこそ、彼の短歌は無軌道でアヴァンギャルドなものではなく、どこか懐かしいような抒情性を湛えているのだと思う。――堂園昌彦なにかを伝えようという役目を終えて、とうに元の姿を忘れかけながら、さまざまな声と雑じり合うようにして街のあちこちに響いている。あなたにもわたしにも宛てられてはいないけれど、喧騒の中を抜けて不思議と耳に届くささめきのような、かつて誰かの声だった歌。――山階基相当に長い時間とややこしい思考といくつもの審査を経て並べられたに違いない言葉たちは、けれど自信に満ちた顔つきというよりも、どこか素気なく突っ立っているように思える。ひそやかにひとりの人に視線を送りながら、それでいてたくさんの人々に祝福されたがっているようでもある。いま詩歌は人間の生活の中でいかに機能するのか。驚くべき精度で展開されるその探求と実践がまぶしい。おめでとう。私たちはこの歌集を待っていた。――山田亮太死んだ目で「寺山修司が好きなんです」って言う𠮷田くんと初めて会ったのはたしか夏目坂沿いの居酒屋だったように記憶している。その年の秋、大学の構内でゲリラパフォーマンスでもやろうと思い立ち、彼にも出てもらった。顔を白く塗り、軍服を着せて戦場っぽいことをやらせたらなんだか楽しそうにしていた。警備員さんにやんわり注意されたので謝って移動して、最後は文学部のすぐ脇にあった彼の部屋に行ってメイクを落とした。あれから十年くらい経って、でもこの十年くらい経ったなと思うような時間も、歌集の中には偽りなく含まれていた。――カゲヤマ気象台都市の景色を思い出せない。その手がかりを探ってこの詩集をめくるとそこにあるのは言葉によって異化された街だ。そこでは人々が帽子や手を振り、画面には腐葉土の画像が並び、その片隅で誰かが水薬を噛みしめる。ここに一冊の、言葉だけで組み上げられた世界がある。韜晦しているようで誠実、達観しているふりをしながらもおセンチ。一読すれば𠮷田恭大の目で世界を読もうとしてしまうだろう。小説家は読まないほうがいい、かも。――水原涼毎日を水平に横たわって過ごしていた時期に𠮷田君に呼び出され、デリバリーのチキンライスと1冊の本を渡された。やたら余白の多い歌集だった。チキンライスはその場で食べ、歌集は鞄に入れて1ヶ月ほどが過ぎた。例えば感傷は、傷というだけあってやがて癒えるのだろう。しかしあくまでも客観に留める𠮷田君の短歌はそれを許さず、だからこそ失われず、鞄の外で祈りや光みたいに遍在していた。ぽっかり広がる明るい余白のなかで、ずいぶんとのびのびさせてもらいました。――いつか床子発売日:2019年03月31日 第一刷    2019年07月05日 第二刷    2021年12月06日 第三刷判型:163mm×111mm 280ページ造本:コデックス装 本文二色刷り プラスチックカバー栞=小冊子:荻原裕幸・堂園昌彦装釘・本文レイアウト:山本浩貴+h[著者]𠮷田恭大(よしだ・やすひろ)1989年鳥取生まれ。歌人、ドラマトゥルク、舞台制作者。塔短歌会所属。早稲田短歌会出身。2017年4月より北赤羽歌会を運営。Twitter: https://twitter.com/nanka_daya
      ¥2,300
      いぬのせなか座
    • 商品の画像

      三野新『クバへ/クバから』(いぬのせなか座叢書4)

      ☆第21回AAF戯曲賞最終候補☆「朝日新聞」(評=長島有里枝)、「artscape」(評=飯沢耕太郎)、「美術手帖」(評=中島水緒)、「BRUTUS」、「悲劇喜劇」など各紙で紹介[いぬのせなか座叢書 第4弾]沖 縄 を 、 い ま 、 東 京 か ら 「 撮 影 」 す る 。http://inunosenakaza.com/to_from_kuba.html--------------------- 写真を一種の演劇的手法としてとらえ、「現代の恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに多くのパフォーマンスや演劇、展示作品を発表してきた写真家/舞台作家、三野新。 福岡出身・東京在住のかれが、分厚い「沖縄写真」の歴史と、自らの内なる激しい抵抗感にともに曝されながら、「沖縄の風景」を/に向けて、撮影・編集・発表する。 被写体/撮影者、当事者/非当事者、太陽/影、植物/人間、身振り/視線、沖縄/九州、展覧会/写真集、個人制作/共同制作…… いくつもの「へ/から」の往復の果てで、〈撮影・演劇行為における素材のひとつ〉となった「私」が浮かび上がらせる、「写真(撮影行為)とは何か」という問いと、思考。そして写真たち。 装釘・本文レイアウトは、詩歌集のデザインや、小説の制作などで話題の、いぬのせなか座主宰・山本浩貴+hが担当。かれらにとって初の写真集デザインとなる。 巻末テクストは、三野のこれまでの活動を概観するとともに、今作における方法論を開示する。 写真と演劇のはざまで、さまざまな〈中間=浜〉を経巡りながら模索される、より演劇的かつ仮設的な「撮影行為」+「組写真」の方法論。その先には、はたしてどのような物語が、当事者性が、〈私〉が、ありうるのか―― 新作写真・ドローイング・コラージュ・戯曲はもちろん、これまでの全活動・全写真を振り返り、素材化し、新たな仮設的劇空間を立ち上げる。 三野新、待望の第一写真集。---------------------発行:三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクト制作実行委員会発行日:2021年6月30日判型:A4(縦297mm×横210mm) 140ページ造本:コデックス装栞=小冊子:小田原のどか・佐々木敦特製ペーパー:笠井康平装釘・本文レイアウト・解説:山本浩貴+h---------------------[著者]三野新 Arata Mino1987年福岡県生まれ。写真家・舞台作家。ヒッピー部、ニカサン主宰。舞台芸術作品を制作する「写真家」として、「現代の恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに活動。写真展示・パフォーマンス作品の発表や、他アーティスト・雑誌・ファッションブランドとのコラボレーション多数。受賞歴にフェスティバル/トーキョー12′公募プログラム選出、第2回&第4回写真「1WALL」展入賞、TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD ♯04 準グランプリ&ホンマタカシ審査員賞受賞、第19回AAF戯曲賞特別賞受賞など。本書が第一写真集。HP: https://www.aratamino.comTwitter: https://twitter.com/aRanmeno---------------------三野新写真展「クバへ/クバから」https://taa-fdn.org/events/979/三野新・いぬのせなか座 写真/演劇プロジェクト「クバへ/クバから」https://to-from-kuba.com---------------------助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京新型コロナウイルス感染症の影響に伴う京都市⽂化芸術活動緊急奨励⾦
      ¥4,950
      いぬのせなか座
    • 商品の画像

      𠮷田恭大『光と私語』(いぬのせなか座叢書3)

      ☆第54回造本装幀コンクール 読者賞受賞☆日本タイポグラフィ年鑑2020入選※拡張キットとして使える特製ペーパー「雷乃発声/区境を越える」とあわせてのご購入を、ぜひご検討ください。https://inunosenakaza.stores.jp/items/5ca9a82fb9d5f41cafb7a62a[いぬのせなか座叢書第3弾]私語と定型がゆるく織り上げるこの場所の、この出会いの奥行きに向けて。いつか訪れる、百年生きたあとの葬儀のための第一歌集。http://inunosenakaza.com/hikaritoshigo.html装釘・本文レイアウトは、加藤治郎『Confusion』や岩倉文也『傾いた夜空の下で』等におけるデザインが話題の、いぬのせなか座主宰・山本浩貴+hが担当。同封される栞には、荻原裕幸・堂園昌彦が寄稿。平成の終わりに刊行される、真に新たな、一冊。※Twitterでいただいたご感想などはこちらhttps://togetter.com/li/1330940[推薦文(随時追加 到着順)]駅や広場を暦や行事が群衆のように過ぎていく。たくさんの声。"私"すら群衆の声の一つとして稀釈される。そんな都市の中で"あなた"の声も薄まりながら、でも光のように確かに届く。これはきっと愛や永遠と呼ばれるものだ。――千種創一𠮷田くんの歌は、通常注目されるはずの物事の因果から視線を逸らす、あるいは解像度を下げることによって、世界がもともと持っていた美しさを発見している。既存の文脈の残像が残っているからこそ、彼の短歌は無軌道でアヴァンギャルドなものではなく、どこか懐かしいような抒情性を湛えているのだと思う。――堂園昌彦なにかを伝えようという役目を終えて、とうに元の姿を忘れかけながら、さまざまな声と雑じり合うようにして街のあちこちに響いている。あなたにもわたしにも宛てられてはいないけれど、喧騒の中を抜けて不思議と耳に届くささめきのような、かつて誰かの声だった歌。――山階基相当に長い時間とややこしい思考といくつもの審査を経て並べられたに違いない言葉たちは、けれど自信に満ちた顔つきというよりも、どこか素気なく突っ立っているように思える。ひそやかにひとりの人に視線を送りながら、それでいてたくさんの人々に祝福されたがっているようでもある。いま詩歌は人間の生活の中でいかに機能するのか。驚くべき精度で展開されるその探求と実践がまぶしい。おめでとう。私たちはこの歌集を待っていた。――山田亮太死んだ目で「寺山修司が好きなんです」って言う𠮷田くんと初めて会ったのはたしか夏目坂沿いの居酒屋だったように記憶している。その年の秋、大学の構内でゲリラパフォーマンスでもやろうと思い立ち、彼にも出てもらった。顔を白く塗り、軍服を着せて戦場っぽいことをやらせたらなんだか楽しそうにしていた。警備員さんにやんわり注意されたので謝って移動して、最後は文学部のすぐ脇にあった彼の部屋に行ってメイクを落とした。あれから十年くらい経って、でもこの十年くらい経ったなと思うような時間も、歌集の中には偽りなく含まれていた。――カゲヤマ気象台都市の景色を思い出せない。その手がかりを探ってこの詩集をめくるとそこにあるのは言葉によって異化された街だ。そこでは人々が帽子や手を振り、画面には腐葉土の画像が並び、その片隅で誰かが水薬を噛みしめる。ここに一冊の、言葉だけで組み上げられた世界がある。韜晦しているようで誠実、達観しているふりをしながらもおセンチ。一読すれば𠮷田恭大の目で世界を読もうとしてしまうだろう。小説家は読まないほうがいい、かも。――水原涼毎日を水平に横たわって過ごしていた時期に𠮷田君に呼び出され、デリバリーのチキンライスと1冊の本を渡された。やたら余白の多い歌集だった。チキンライスはその場で食べ、歌集は鞄に入れて1ヶ月ほどが過ぎた。例えば感傷は、傷というだけあってやがて癒えるのだろう。しかしあくまでも客観に留める𠮷田君の短歌はそれを許さず、だからこそ失われず、鞄の外で祈りや光みたいに遍在していた。ぽっかり広がる明るい余白のなかで、ずいぶんとのびのびさせてもらいました。――いつか床子発売日:2019年03月31日 第一刷    2019年07月05日 第二刷    2021年12月06日 第三刷判型:163mm×111mm 280ページ造本:コデックス装 本文二色刷り プラスチックカバー栞=小冊子:荻原裕幸・堂園昌彦装釘・本文レイアウト:山本浩貴+h[著者]𠮷田恭大(よしだ・やすひろ)1989年鳥取生まれ。歌人、ドラマトゥルク、舞台制作者。塔短歌会所属。早稲田短歌会出身。2017年4月より北赤羽歌会を運営。Twitter: https://twitter.com/nanka_daya
      ¥2,300
      いぬのせなか座
    • もっとみる

    最近の記事

    お詫びと今後につきまして/note定期購読マガジン「三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクトアーカイヴ」をご購読いただいたみなさまへ

    note定期購読マガジン「三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクトアーカイヴ」をご購読いただいたみなさま 三野新・いぬのせなか座 写真演劇プロジェクト制作実行委員会の三野新と申します。 過日にはnote定期購読マガジンをご購読いただき、誠にありがとうございます。 この度、私たちの不手際により、定期購読マガジン「三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクトアーカイヴ」を停止・廃刊してしまい、誠に申し訳ございませんでした。みなさまへ事前にお知らせもできず、またその後のご連

    スキ
    3
      • 【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.10)

        (Part.9はこちら) 「行かなくてもいい」というフィクション山本 一方で、「行かない」けれども同様のメタファーを立ち上げる、という話として……何らかのフィクションを作ろう、というとき、例えば「現実に沖縄に行くよりも、沖縄の戦争での出来事を考える上でより役立つようなフィクションを作りたい」などと言ったりしますよね。それを「フィクションの力」と呼んだりもする。そこでの「フィクションの力」とは、現実にある場所に行き、立ち会う、というのとは別のかたちで、何らかを真に受けることを

        • 【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.9)

          (Part.8はこちら) 全体をふり返って笠井 今日は『クバへ/クバから』の編集会議でした。前半は7夜(※実際は6夜)のまとめからコンセプトを整理して、後半はすでにある素材から写真集の関係の網目がどのように作れそうかを話してきました。まだ空白になっているけれど、全体を統御するのではない、いわば数珠繋ぎになった一連のシリーズのひとつ目の珠の部分を見つけること、(ホワイトボードの空白を指さして)ここに向かって、ひとまずそれぞれの創作をやっていけそうな気配が出てきた感じですかね。

          スキ
          1
          • 【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.8)

            (Part.7はこちら) 隠れて撮る/情報量を増やす三野 えっと、ちょっと隠れて撮ることにかんしては、なんとなく実感を持っていて。写真の情報量を増やしたいなと思ってるんですよ。 山本 (なまけが夜話で指摘していた)あの、木の写真の話ですか? 三野 木のやつもそうで、けっこうよくやっちゃうんですよ。 なまけ 木の幹をこうやって(半身だけ傾けて木の幹からのぞき込む身振りで)撮ってるやつとか。 h これとかですかね? 三野 これめっちゃいい写真なんですよ。 h 山本く

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 第3回「10日間で作文を上手にスル方法」
            いぬのせなか座
            ¥800
          • 現代短歌のテキストマイニング―𠮷田恭大『光と私語』を題材に
            いぬのせなか座
          • 第2回「主観性の蠢きとその宿」
            いぬのせなか座
            ¥800
          • イベント「新聞家 VS いぬのせなか座」に向けて
            いぬのせなか座
          • いぬのせなか座・リリースノート
            いぬのせなか座
          • 第1回「言葉の踊り場」言語表現を酷使する(ための)レイアウト
            いぬのせなか座
            ¥800

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.7)

            (Part.6はこちら) ところで、どうしてクバなのか?笠井 hさんは聞いていてどうですか? h 三野さんが九州や福岡でもクバを撮ろうというときに、まだやはりこれまでの座談会や活動の中でクバについてが体系化されて語られてきていないと思うので、なぜこの植物に三野さんが惹かれるのか…… 三野 気にしているのか。 h (大きくうなずきながら)というのが、やはりひとつ、まとめなくてはならないところなのかなっていうのが、出てきはする気がしています。ただ単に「沖縄で神聖なものだか

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.6)

            (Part.5はこちら) 「どこ」へ向かった移動の記録か三野 そこは目論見どおりというか、すごいパフォーマティブな写真群になったなぁ、というのは見て取れて、写真集にしたときの重要な要素となっていく感じはある。 笠井 (企画発足の)最初に三野さんは形態的な類似の話をされていましたが、今の山本くんの話を受けると、これからは「撮られたもの」の議論から、まさしくパフォーマティブな意味で、ルポルタージュやドキュメンタリーのように、一連の物語と呼びうる筋書き、登場人物、関係性があって

            スキ
            1

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.5)

            (Part.4はこちら) ヘッドコピーとキーワード三野 休憩中にも考えていたんですが、さっきぼくが言った話に補足すると、今回の上演や座談会が写真集の「言い訳」として扱われたくない気持ちが強いんだな、と。写真集のコンセプトが、なにこれふつうじゃん、みたいに読者に理解されたことによって、テキストが「長い言い訳」として読まれるかたちには絶対したくないんです。写真群は写真群でコンセプチュアルかつ強度もある状態なんだけれども、沖縄に関する問題について議論してきたものが別としてあるから

            スキ
            1

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.4)

            (Part.3はこちら) どのレイヤーに置くべきフィクションか三野 最初に山本くんたちに(写真集を出したい、と)話した時にも、ペドロ・コスタ『Casa de Lava-『溶岩の家』スクラップブック』にすごく影響を受けてるんだよね、と話していたんです。この形式は、ペドロ・コスタ本人はもう二度とやらないと言ってるんだけど(*1)。1回やったらもうおしまいだと。  ペドロ・コスタは脚本嫌いで有名で、脚本を書くのは、金集めの方法でしかなくて、本当は脚本なんて要らないみたいなこと言

            スキ
            1

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.3)

            (Part.2はこちら) 2分冊にしては?山本 ぼくからみなさんに事前に共有した案は――あくまで仮案、たたき台として受け取ってもらえればと思いますが――①2分冊にする、かつ、②小さい判型にする、という2点から成っています。 山本 まずひとつめ、2分冊について。  今お話したように、今回の企画では、写真集に収録可能なテキストがすでにかなりの分量ある。と同時に、本来メインとなるべき三野さん撮影の写真もある。両者の組み合わせを、写真集としてまとめる上では考えなければならない。

            スキ
            2

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.2)

            (Part.1はこちら) 「遠ければ書ける」笠井 ふり返ると、第1夜から第6夜までの話題は、三野さんが第1回の座談会で自作について語ってくれたことと弱く響くところもあれば、ダイレクトにつながる論点もありますね。 笠井 ちなみに三野さんは、(夜話を聞きながら)どんなことを考えていましたか。 三野 いま、みなさんの話を聞きながら考えていたんですけれど……みんないっせいに動き出しましたね(笑)……全体的に自分と相手の関係性についての興味があるんだな、と。hさんの回について、三

            【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)「写真集制作に向けた公開編集会議の上演」(Part.1)

            (記事一覧はこちら) 前回のふり返り三野 「クバへ/クバから」第3回の座談会を始めたいと思います。よろしくお願いします。今回は――笠井さんがホワイトボードに本日の座談会の予定と今までの座談会で話された内容がざざざっと書いていただいております。 山本 自己紹介をしたほうが(笑)。 三野 自己紹介しましょう(笑)。三野と申します。よろしくお願い致します。 h はい、いぬのせなか座の―― なまけ なまけです。お願いします。 h hです。 山本 ぼくがいちおう主宰という

            スキ
            2

            【symposium3】「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第6夜(12/26)「写真へ/写真から、詩を書いてみて考えたこと」(発表:鈴木一平)

            ※本稿は、「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)「「沖縄の風景」をめぐる7つの夜話」第6夜(12/26(土)20:00-)の発表資料です。 鈴木一平による、三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクト「クバへ/クバから」の「外」で演じられた「上演」の部分的な報告。 「プロジェクト上演」としても位置づけられる本プロジェクトの以前から実施されている鈴木一平による「生活の上演=詩」として、webマガジン「空気の日記」で掲載された、本プロジェクトをめぐる詩について。 ●

            スキ
            4

            【symposium2】(Part.9)「クバへ/クバから」第2回座談会(レクチャー2)上演記録「『クバへ/クバから』の写真群と沖縄写真史をめぐって」

            (Part.8はこちら) コンセプトはどこへ?三野 他者。謎他者。 鈴木 これをパフォーマンス材料として使うというか、これをうまく演じる人間として、存在するようでしていない謎の登場人物として、なんか「やってこないゴドー」みたいなものとは違うような、立ち上がらせ方はできないのかなぁと。 三野 できるのじゃないですかね。 鈴木 コンセプトは別に、僕は、僕自身の問いとしてもそれはすごく考えたいなとは思うんですよ。僕にとっての地元みたいな。 三野 そうだと思います。コンセプ

            【symposium3】「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第5夜(12/25)「沖縄にいったときの日記と三野さんの写真で考えたこと」(発表:なまけ)

            ※本稿は、「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)「「沖縄の風景」をめぐる7つの夜話」第5夜(12/25(金)20:00-)の発表資料です。 ※ヘッダ画像はなまけ撮影の写真。 1.沖縄にいったときの日記  1-1.辺野古ゲート前抗議(2020.10.30)  1-2.摩文仁の崖(2020.10.31)  1-3.伊原第一外科壕(2020.10.31)  1-4.嘉手納基地(2020.11.01) 2.三野さんの写真で考える  2-1.雑感  2-2.『植物の生の哲

            【symposium3】「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第4夜(12/24)「兼業作家と複合芸術のための契約・マネジメント」(発表:笠井康平)

            ※本稿は、「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)「「沖縄の風景」をめぐる7つの夜話」12/24(木)20:00-の回での発表資料です。 https://www2.slideshare.net/ssusereeaa6c/4-240537874 ※Google DriveにもPDFファイルをアップロードしています。うまく閲覧できない方は、こちらをご覧ください。

            【symposium3】「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第3夜(12/23)「沖縄報告――「私はそこに私を見る」を支える言語/写真(のインスタレーション性)、あるいは紙面レイアウトにおける上演の試案」(発表:山本浩貴)

            ※本稿は、「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)「「沖縄の風景」をめぐる7つの夜話」第3夜(12/23(水)20:00-)の発表資料です。 1 はじめに  A.今回の要約  B.外部から沖縄を撮影する者たち――東松照明と中平卓馬 2 ルポルタージュとリアリズム、私と公共――東松照明  A.沖縄のためのルポルタージュ  B.岩波写真文庫と組写真  C.名取・東松論争――群写真とリアリティ  D.ズレと国家――岡﨑乾二郎「写真が存在する場所」  E.まとめ:ルポルター

            スキ
            7