いぬのせなか座

みんなの覚え書きを投稿しています。http://inunosenakaza.com
    • 三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクトアーカイヴ
      三野新・いぬのせなか座写真/演劇プロジェクトアーカイヴ
      • ¥1,250 / 月

      写真家・舞台作家の三野新と、いぬのせなか座による、沖縄の風景のイメージをモチーフとした写真集を共同制作するプロジェクト「クバへ/クバから」のアーカイヴです。 制作風景やリサーチ内容、各種イベントの映像記録・テキストを、毎月2回に分けてお届けします。 このプロジェクトでは、三野新の作品歴に関するレクチャー(10月10日配信)、沖縄写真史に関するレクチャー(10月予定)、シンポジウム(11月予定)、オンラインワークショップ(2021年1月予定)を行います。 それらを通じて写真集『クバへ/クバから』(仮題、5月刊行予定)を制作し、都内適地で展覧会・パフォーマンスを行います(5月下旬予定)。 三野新の過去作や写真集に収録予定の写真、いぬのせなか座による詩作、写真集デザインラフ、文化マネジメントの考え方なども掲載していきます。 約8ヶ月をかけて行う長期間の「上演」に、ぜひご参加ください。

    • 第3回「10日間で作文を上手にスル方法」
      第3回「10日間で作文を上手にスル方法」
      • 33本
      • ¥800

      第3回目の講座は、2019年2月2日(土)に三鷹の上演スペースSCOOLで行われました。講座の要約、上演用テキスト、書き起こされた対話、スライド資料、終了後の感想、上演用テキストの機械翻訳、当日にいただいたメモとその応答が収録されています。ひとくさり読み終えたところで、他に足してほしい文章があれば、ぜひコメントをお願いします。質問や「メモ」を寄せていただくのも歓迎です。

    • 現代短歌のテキストマイニング―𠮷田恭大『光と私語』を題材に
      現代短歌のテキストマイニング―𠮷田恭大『光と私語』を題材に
      • 12本

      英語圏では、自然言語処理の技術を実作の助けになるかたちで応用する学術研究が盛んです。日本語圏にも、半世紀以上に渡る、計量文体学や日本語コーパス構築の積み重ねがあります。それらの手法を日本語の現代短歌に試してみようと私たちは考えました。単語の数量や距離関係、感情の流れ、品詞構成などを計量すれば、文献の精読 (close reading)ではなく、テキストの遠読 (distant reading) ができると期待したのです。  計量文体学の測定手法、形態素解析エンジン、日本語コーパスから得られた統計情報、近年登場した自然言語処理ライブラリなどを組み合わせて用いました。ここまで多くの手法を適用し、総合したのは、日本語圏では初めての試みでしょう。

    • すべてのマガジンを表示
  • 西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』

    西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』

    http://inunosenakaza.com/syoshikou.html「本書にはわたしの学んだ造本に関する知識のすべてが盛り込まれている。自ら書き、造り、語る、という長年夢に見てきた書物がようやくにして実現したのである。」 美術文献学や博物館工学など、様々な角度から芸術の歴史、技術、実践を総合的に問う第一線の研究者でありながら、自著の装釘や、館長を務めるインターメディアテクや東京大学総合研究博物館での画期的展示を数多く手がけてきた実作者としても知られる、西野嘉章。本書は一九七〇年代初めの同人誌から近刊書まで、半世紀に亘る「拙著出版史」であり「拙著造本批判」である。 印刷博物館にて行なわれた講演原稿「造本批評拙著篇」をはじめ、自らが手掛けてきた多数の書物を通じて縦横無尽に語られる印刷/芸術/書物論。それは、代表作のひとつ『装釘考』のカウンター・パートを成すと同時に、若者らへ向けての極めて具体的な方法論の開示となる。装釘・造本は『村上善男――玄々とした精神の深みに』(第52回造本装幀コンクール 経済産業大臣賞 受賞)と同じく西野嘉章+山本浩貴。カラー図版多数。限定出版。発行所:東京大学総合研究博物館「インターメディアテク」装釘・造本:西野嘉章+山本浩貴印刷所:秋田活版株式会社発売:いぬのせなか座※小口側を黒く塗っていないバージョンも、極少部数、販売致します。以下よりご覧ください。https://inunosenakaza.stores.jp/items/6011712924386074721339e3※西野嘉章+山本浩貴による装釘・造本の以下2冊も、ぜひあわせてご検討ください。・西野嘉章『村上善男――玄々とした精神の深みに』https://inunosenakaza.stores.jp/items/5c1da3c9e73a2563624f550e・西野嘉章『雲の伯爵 富士山と向き合う阿部正直』https://inunosenakaza.stores.jp/items/5fb9ce968a45720dd5db5d65
    ¥3,700
    いぬのせなか座
  • 西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』(小口塗りなし)※極少部数

    西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』(小口塗りなし)※極少部数

    ※この商品は、西野嘉章『書姿考――拙著造本篇』の、小口側を黒く塗っていないバージョンです。 小口側を塗っている通常版は、以下よりご注文ください(商品概要も以下をご覧ください)。https://inunosenakaza.stores.jp/items/60117025c19c4552c9f3dc8e
    ¥3,500
    いぬのせなか座
  • 西野嘉章『雲の伯爵 富士山と向き合う阿部正直』

    西野嘉章『雲の伯爵 富士山と向き合う阿部正直』

    旧福山藩主の嫡男に生まれ幼少期から発明に没頭、富士山麓に「雲気流研究所」を設立した阿部正直。映像と気象学草創期に生きた科学少年のアヴァンギャルドな人生と驚異の撮影観察記録。(平凡社Webサイトより https://www.heibonsha.co.jp/book/b517419.html)===幼少期から機材を自作し特異な合成写真を撮影。雲の研究者になってからも、コマ落とし撮影や立体映画撮影の手法を取り入れたり、被写体を立体的に観測するために500m離れた2地点から同時撮影するなど、科学的アプローチと芸術表現と発明が同居していた。そうして得られたイメージの強度、先駆性――。『村上善男――玄々とした精神の深みに』(https://inunosenakaza.stores.jp/items/5c1da3c9e73a2563624f550e )に続く、西野嘉章+山本浩貴 装釘・造本。図版多数。A5 、352ページ。いぬのせなか座でも限定数販売。
    ¥3,520
    いぬのせなか座
  • もっとみる

【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)…

(Part.9はこちら) 「行かなくてもいい」というフィクション 山本 一方で、「行かない」けれども同様のメタファーを立ち上げる、という話として……何らかのフィクショ…

【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)…

(Part.8はこちら) 全体をふり返って 笠井 今日は『クバへ/クバから』の編集会議でした。前半は7夜(※実際は6夜)のまとめからコンセプトを整理して、後半はすでにあ…

【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)…

(Part.7はこちら) 隠れて撮る/情報量を増やす 三野 えっと、ちょっと隠れて撮ることにかんしては、なんとなく実感を持っていて。写真の情報量を増やしたいなと思って…

【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)…

(Part.6はこちら) ところで、どうしてクバなのか? 笠井 hさんは聞いていてどうですか? h 三野さんが九州や福岡でもクバを撮ろうというときに、まだやはりこれま…

【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)…

(Part.5はこちら) 「どこ」へ向かった移動の記録か 三野 そこは目論見どおりというか、すごいパフォーマティブな写真群になったなぁ、というのは見て取れて、写真集に…

【symposium3】「クバへ/クバから」第3回座談会(シンポジウム)上演記録「『沖縄の風景』をめぐる7つの夜話」第7夜(12/27)…

(Part.4はこちら) ヘッドコピーとキーワード 三野 休憩中にも考えていたんですが、さっきぼくが言った話に補足すると、今回の上演や座談会が写真集の「言い訳」として…