今井 正司

臨床心理士・公認心理師・特別支援教育士・指導健康心理士|メタ認知と注意制御に焦点をあてた心理的支援を専門としています|Twitter では note 記事の元になっている大判スライドを投稿しています。

今井 正司

臨床心理士・公認心理師・特別支援教育士・指導健康心理士|メタ認知と注意制御に焦点をあてた心理的支援を専門としています|Twitter では note 記事の元になっている大判スライドを投稿しています。

マガジン

  • 中高生のための心理学

    中高生のみなさんが感じているさまざまな思いを心理学で整理してみませんか?人間関係・勉強のこと・家族のこと、様々なことでモヤモヤしていることがあるかもしれません。自分らしく生きようとするみなさんを応援します!

  • 子育てと教育

  • 大人のADHDのためのマインドフルネス

    大人のADHDのためのマインドフルネスは全部で8ステップで構成されています。それぞれのステップについて、スライドとともにわかりやすく説明します。また、補足資料なども随時公開していきます。

  • マインドフルネス

    マインドフルネスの記事をマガジンにしました。マインドフルネスの概念をわかりやすく説明し、みなさんが実践できるような情報を順次アップデートいたします。

  • マインドフルな子育て

    子育ては喜びとともに苦しいことや辛いこともあります。そんな時は、マインドフルネスの考え方や実践を取り入れてましょう。自分らしい子育てを実践する方を応援します。

最近の記事

いじめ防止の3R|認識する(Recognize)

 いじめを防止するためには、いじめとは何かということを知り、その現状を適切に把握することが大切になります。この note の記事では、学苑社『いじめ防止の3R』をもとに日本の状態を加味して作成したスライドに解説を交えながら、いじめ予防について考えていきたいと思います。  「いじめ予防の3R」の最初のRは、Recognize(認識する)のRです。いじめについて正しく認識することは、いじめの防止や対応になくてはならないことです。今回は、日本におけるいじめの現状をふまえながら、いじ

    • Step 2|マインドフルな呼吸

       呼吸は意識をしなくても自動的に作動してくれています。そのような普段意識していない呼吸にあえて意識(注意)を向けることは、簡単そうで難しい活動です。マインドフルな呼吸法を実践し始めると、知らない間に、いつものように呼吸は自動化され、ぼーっと他のことを考えてしまうことがあります。そんな時は、どのように対応したらいいかというポイントについて、Q & A を交えながら紹介したいと思います。 1. マインドフルな呼吸法のポイント 呼吸法を取り入れたマインドフルネスのエクササイズは、

      • Step 1-4:注意について知る|日常生活でできる注意の整え方

        1. ちょっと意識をしながら普段通りの生活をしてみる Step 1-1 から Step 1-3 までに注意の働きについてまとめてきました。特に、注意の働きを意図的に使うことの重要性について説明してきましたが、どのようにエクササイズをしたらいいのでしょうか?マインドフルネス瞑想はそれらのエクササイズの1つですが、もっと簡単に日常生活に取り入れられる方法がります。それは五感を使ったエクササイズです。 触覚のエクササイズ  普段から私たちは様々なものに触れて生活しています。一番

        • Step 1-3:注意について知る|方向性ネットワーク

          1. どのような向きで注意を向けるか Step1-2でご紹介した「注意の実行ネットワーク」のところでは、意図的に注意を向ける働きと自動的に注意が向いてしまう働きの2つについて説明しました。ADHDの症状がある場合は、自動的に注意が向いてしまう働きが強くなるため、意図的な注意の働きを強めることがポイントとなります。これらの実行ネットワークの状態を改善するためには、方向性ネットワークについても理解しておくといいでしょう。  人が何かに注意を向ける時は、1つのものに注意を向けている

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 中高生のための心理学
          今井 正司
        • 子育てと教育
          今井 正司
        • 大人のADHDのためのマインドフルネス
          今井 正司
        • マインドフルネス
          今井 正司
        • マインドフルな子育て
          今井 正司
        • 基礎から学ぶメタ認知療法|準備中
          今井 正司

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          マインドフルネス-2|あることモード

          1. あることモード「あることモード」の原語は being mode です。「あることって、何が?」と初学者の私は戸惑い、哲学的な感じの名称に身構えたものです。しかし、そんなに難しい話ではなく、簡単に言ってしまうと「(自分の思考や感情を)変化させようとしない」ということに近いニュアンスだということがわかりました。下のイラストは「あることモード」についてまとめたものです(私の中のあることモードは凧揚げのイメージです)。 2. あることモードの要点あることモードは「変化させよう

          Step 1-2:注意について知る|実行ネットワーク

          1. 好きなことだと集中できるという状態について集中力に関するご相談を受けていると、必ずと言っていいほど「好きなことだと集中できるのに、嫌なことは集中できない」という内容をお聞きします。このことは、ADHDであってもなくても、ほぼ全ての人が自覚していることです。「仕事も楽しければ、どれだけでも頑張れるのに・・」と愚痴をこぼしてしまうこともあるかもしれませんが、楽しくない仕事もあることも全ての人が分かっています。それでも、仕事に集中して働ける人は、どんな注意の特徴をもっているの

          STEP 1-1:注意について知る|覚醒ネットワーク

          1. 注意の覚醒について集中しようと思っても集中がうまくできない時があります。疲れていている時は集中しようと思っても、なかなか集中できないものです。このような状態は、注意の覚醒が弱い状態ということができます。反対に、元気な時には課題にすぐに集中できます。このような状態は注意の覚醒が強い状態といえます。 注意の覚醒は強ほど良い状態と思われるかもしれませんが、注意の使い方が苦手な人は、覚醒が強すぎることで困った状態になることもあります。その代表的な例としては「過集中」をあげるこ

          マインドフルネス-1|することモード

          1. マインドフルネスに見られる様々なモードマインドフルネス(mindfulness)に興味をもって勉強を始めようとすると、最初の壁が立ちはだかります。それは、マインドフルネスの「定義」です。様々な定義があるのですが、中でも難しさを感じるのは「今ここ」や「評価しない」などの言い回しだと思います。心理学の知識は正しく学んだ方が役に立ちますので、定義を理解することは避けては通れないのですが、別のアプローチからマインドフルネスを理解する方法もあります。それは、マインドフルな状態やマ

          褒め方・叱り方-2|子どもの成長を抑えてしまう褒め方と成長を支えられる褒め方

          1. 子どもの褒め方に良し悪しはない?本屋で育児書などのコーナーを眺めていると「褒め方」と「叱り方」について書かれたものをたくさん見かけます。それほど、褒め方や叱り方に自信が持てなかったり、反対に、子どもをより成長させたい気持ちがあるのだと思います。特に、叱り方については、一歩間違うと子どもの成長に影響が出てしまうということは想像しやすいと思います(Blossomeのnote記事をご参照ください:←リンクをクリック)。褒め方については、より上手に褒めたいということがテーマのよ

          褒め方・叱り方-1|子どもを強く叱っても悪循環:「叱る」から「伝える」へ

          1. 子どもを叱った後の親の気持ち子育てをしているとついつい強く叱ってしまうこともあると思います。 教育現場などでは「怒る」と「叱る」の違いについて共有されることもありますが、この「叱る」という言葉も人によっては受け取り方が異なると思います。たとえば、子どもが危険な行動をした時には「叱る」ということも必要だと感じる方は多いと思います。「このような状況でもなお、『叱らないで、話し合うべきだと思う』という発言をされる方がいたとしたらどうですか?」という質問を子育て中のお母さん方が

          セルフ・コンパッション - 2|自分に優しくなるためのトレーニング

          1. 仏教とセルフ・コンパッション私たちは自分の欲求を満たしたい気持ちがあります。何かを欲しがる気持ちもそうですが、成功したい・優位に立ちたいという欲求を満たそうとすればするほど誰かに嫉妬したり、自分勝手に振る舞ってしまい、人間関係がうまくいかないなどの不幸な結果を招いてしまいます。また、「家族のために、自分さえ我慢して働けばいいんだ」という自分を苦しめることで幸せを得ようとすることも、結果的に不幸を招くことになります。このような両極端な感情に対してどのように心を保てばいいの

          セルフ・コンパッション - 1|自分への優しさとは?

          1. セルフ・コンパッションとは?Self-Compassion(セルフ・コンパッション)は「自己への慈しみ」と訳される心の状態です。Compassionには、慈しみという訳の他に、「優しさ」や「思いやり」などの訳もあります。これらの訳語をつかうとセルフ・コンパッションを簡単に表現すると「自分への優しさ」と言えます。 自分への優しさというと、なんだか自分を甘やかしているような気持ちになってしまう人もいるかもしれません。甘やかしと慈しみの違いは何かということを知るために、Se

          リニューアルをします

          Twitterと連動した大幅リニューアル臨床心理学に関連する理論や方法を多くの方に知っていただきたいという想いから、1日1トピックを目標にTwitterでスライドをアップ活動を始めて1ヶ月ぐらいが経ちました(現9月27日)。この活動を始める前は、フォロワー数が約500人でしたが、1ヶ月ほど経った現在は4000人以上の方にフォローしていただき、多くのコメントや「いいね」を頂けるようになりました。 手軽に分かりやすく説明するために、イラストなどを用いて1枚のスライドに要点だけを

          No.17|心理学入門|性格とは何か? 自分探しからの脱却

          この記事で紹介している内容は、Youtube の "エスプリチャンネル" でも公開されています(https://www.youtube.com/watch?v=fD3x0YLteFQ)。 自分のことが好きですか?日本人は「自分に自信がない」とか「自尊心が低い」などと言われています。事実、児童期から青年期を対象に「自分のことが好きですか?」という質問をした国際的調査の結果は、欧米諸国に比べて「好き」という回答をする割合が少ないということが報告されています。また、年齢が高い

          # 臨床・社会|視線の心理学-3:見られている自分への恐怖:対人不安のメカニズム

          自分に向けられた否定的な表情に視線が向きやすい?私たちは「他人の目」をとても気にします。どのように見られているかということを知るためには、相手の表情や仕草などから読み取るしかありません。もちろん、私たちは超能力者ではないので、あくまで個人的経験から推測しているに過ぎませんが、それでも自分の推測は正しいと思い込んでいるのも私たち人間の特徴でもあります。対人不安や社交不安症に関する臨床心理学の分野では、どのように相手の表情を読み取ろうとしているかということを「視線」から読み取る研

          No.13|育児・教育|子どものマインドフルな学び#2:グリットとマインドセット

          才能や能力で未来を切り開く時代は終わった!自分なりに頑張っていたことが報われなかった時は、「才能がなかった」とか「自分には向いていなかった」と諦める人は多いと思います。それでは、子どもの時から誰もが羨むような才能やIQを持っている人が成功しているか、または、自分自身に満足しているかというと、決してそうではないことが分かっています。 アメリカでの調査では、IQが高い人よりも「ある特性」を持ち合わせている人の方が成功していることが明らかになりました。その特性は「グリット(GRI