見出し画像

カラダンス! インタビュー企画②🎉

株式会社ハグカム|プロダクト開発チームnote

こんにちは!五十嵐涼です。
株式会社ハグカムのインターン生です!僕についてはこちらの記事で書いてますので、ぜひご覧ください~

ハグカム代表道村さんにインタビュー🎤

 
 さて、今回は株式会社ハグカムの代表、道村弥生さんにインタビューしてきました!

 道村さんには一度インタビューをしているのですが、今回カラダンス!のiPhone版がリリースされてことに合わせて、再度インタビューしてきました!
 道村さんから見たカラダンス!の可能性や、エイベックスと協力することで見えてきたことなど、たくさん聞いてきましたよ~♪


↑ 以前のインタビュー記事です。よかったら是非!


①手応えを得られた「動画×先生」のレッスン形態

 
 以前、カラダンス!について道村さんにインタビューしたのは4ケ月ほど前。その際には「先生の役割を決めるのが大変だった」と道村さんは言っていました。動画教材と先生の掛け合わせでレッスンを進めるカラダンス!ならではの悩みですが、4ケ月たった今、考えがどう変わったか聞いてみました~!

 確かに、サービスを作る段階では「先生の役割や、生徒とのコミュニケーションをどうすべきか」ということに悩みました。ただ、今は動画教材と先生の声掛けでレッスンを進めていくという形が確立しています。この4ケ月間レッスンを提供していった中で、さらに手応えも感じられるようになってきました。

 子どもたちはどのような音楽やリズムにワクワクし、どのような動画教材に身体を動かしたくなるのか、レッスンを重ねていったり、エイベックスの方とお話していく中で見えてきた部分もあります。

道村さんへのインタビューより

  

②ハグカムとエイベックス、両社の力を出し合えている事業提携

 
 さて、今回のカラダンス!ではエイベックスさんにカリキュラムなどの面でお世話になっています。そこで、エイベックスさんからのアドバイスがどのような形でカラダンス!に生かされているのか聞いてみました~。

 カラダンス!のカリキュラムは、ダンスの技能を細分化し18段階のレベルに分けています。また、それぞれのレベルに4つに分けたダンススキルメニューを取り入れています。このような本格的なダンスのカリキュラムは、エイベックスさんとの協業がなければ実現しませんでした。エイベックスさんのおかげで、ダンス初心者の方でも基礎から楽しく学んでいけるカリキュラムができたと思います!

 エイベックスさんとは「一緒に素晴らしいオンラインダンススクールを作りたい」という想いをお互いに持てていると思います。ここまでお互いの力を出し合えている協業はなかなかないと思います!

道村さんへのインタビューより


③オンラインに特化したダンスレッスン

 
 以前のインタビューでは聞いていなかったので、今回は道村さんが思うカラダンス!の特徴や今後の展望についても聞いてみました~。

 カラダンス!はオンラインに特化して考え抜かれたレッスンです。「スタジオでレッスンができないからオンラインで配信しよう」ではなく、「オンラインで最も効果のあるレッスン形式とは何だろうか、子どもが楽しく、身体づくりができる習い事にならないだろうか」を考え抜き、生まれたのがカラダンス!です。
 「動画教材×先生の個別指導」で進むレッスンは、テンポよく20分で楽しみ尽くせる「子どもの記憶に残る」ものになっていると思います!


 今後は、グループレッスンも展開していきたいです!今のマンツーマンレッスンと比べて、同じクラスの子から刺激をもらえるという利点が増えるのではないかと思います。
 また、オンラインでダンス発表会なども開催できたらなと考えています!

道村さんへのインタビューより
キリンも楽しそうに踊ってます🎵


子どもの記憶に残るレッスン💃


 インタビューの一幕、道村さんにも「カラダンス!を一言で表すと?」という質問をすると、「子どもの記憶に残るレッスンです。」という答えが返ってきました!

 週1回、20分のオンラインレッスンなのに子どもの記憶に残る。
 気が付くと子どもが動画教材の音楽を口ずさんでいる。

 そんなダンスレッスンが、カラダンス!です。
 僕たちハグカムの社員は、もっと子どもたちが楽しく身体を動かせるようなサービスがお届けできるように日々奮闘していきます!

 道村さん、インタビューにご協力くださりありがとうございました!

 次回もお楽しみに~✨

やっぱり最後はパンダ🐼


カラダンス!登録はこちら

開発チームではメンバーを募集中です!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社ハグカム|プロダクト開発チームnote
子どもたちが楽しく学び続けられるオンラインスクールをつくる、ハグカムのプロダクト開発について発信します。