人事ソリューション・エヴァンジェリスト

HR-DXによりサービス提供側(人事)と顧客(従業員)の双方にメリットをもたらすことができるという信念のもと、最新のテクノロジーを活用したタレントマネジメント・ソリューションを提供します。データ活用ならびにジョブ定義、スキル・コンピテンシー定義を促進させるための啓蒙活動にも従事。
  • 一般メンバープラン(2次募集)

    通常プランです。(初期メンバー限定プランおよび1次募集は終了しました。)

      • 『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note
        『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note
        • 9本

        共著者の一人として、難しい問題をかみ砕いてみました。特に「労働法」「個人情報」パートについて。

      • 【SDGs/ESG/ISO/人的資本経営】持続可能な働き方
        【SDGs/ESG/ISO/人的資本経営】持続可能な働き方
        • 7本

        なぜ、米国でヒューマンキャピタル・レポーティングが義務化されたか?その背景を「個人のキャリア」の視点から捉えたような記事を紹介していきます。 今後はSDGs、ESG投資の流れを受けて、人材マネジメントの領域でも「持続可能な働き方」(Sustainable Performance)がキーワードになりますが、この点に興味を持っていただけるような記事を紹介していきます。

      • 「人的資本の情報開示」(ISO 30414) 研究会
        「人的資本の情報開示」(ISO 30414) 研究会
        • 2本

        「研究会」におけるディスカッション内容のまとめ等、具体的なアウトプットをこちらの記事としてまとめていきます。

      • 人事関連記事批評
        人事関連記事批評
        • 17本

        新聞や経済誌に掲載された人事関連の記事に対して、HRテクノロジー利活用の観点から批評やコメントを行い、noteの形式でまとめたものです。

    固定された記事

    ピープル・アナリティクス不要論

    #DIAMONDハーバードビジネスレビュー  この記事の筆者であるペンシルバニア大学ウォートンスクールのジョージ W. テイラー記念経営学講座教授・同校人材センター所長 ピ…

    『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note ~共著者の一人として、難しい問題をかみ砕いてみた~ ⑨第7章 安全配慮・退職…

    まえがき  「HRテクノロジーで人事が変わる」(2018年、労務行政)の「第3章 テーマⅣ 安全配慮・退職 労働法の視点から」(担当:倉重公太朗 弁護士)の執筆内容、およ…

    『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note ~共著者の一人として、難しい問題をかみ砕いてみた~ ⑧第6章 組織・人材開発…

    まえがき  「HRテクノロジーで人事が変わる」(2018年、労務行政)の「第3章 テーマⅡ 配置 個人情報保護の視点から」(担当:板倉陽一郎 弁護士)の執筆内容について「…

    『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note ~共著者の一人として、難しい問題をかみ砕いてみた~ ⑦第5章 組織・人材開発…

    まえがき  「HRテクノロジーで人事が変わる」(2018年、労務行政)の「第3章 テーマⅢ 組織・人材開発 労働法の視点から」(担当:倉重公太朗 弁護士)の執筆内容につい…

    【SDGs/ESG/ISO/人的資本経営】「ジョブ型」を捉えなおす。

    1.「人的資本の情報開示」研究会の活動について  なぜ、米国でヒューマンキャピタル・レポーティングが義務化されたか?その背景を「個人のキャリア」の視点から考える…

    『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note ~共著者の一人として、難しい問題をかみ砕いてみた~ ⑥第4章 人材配置におけ…

    まえがき  「HRテクノロジーで人事が変わる」(2018年、労務行政)の「第3章 テーマⅡ 配置 個人情報保護の視点から」(担当:板倉陽一郎 弁護士)の執筆内容について「…