ほんのひととき

“旅がもっと面白くなる読みもの”をご提供しています。月刊誌「ひととき」の人気連載や特集の一部が読めるほか、文化や歴史をテーマとする書籍の内容、旅や季節にちなんだウェブ限定記事もお楽しみいただけます。[運営]株式会社ウェッジ ✉️honno.hitotoki@wedge.co.jp
    • 町田忍の懐かしの昭和家電

      いま、全国の博物館で昭和の生活を回顧する企画展が開催されるなど、“昭和レトロ”のブームが再燃しています。とくに当時の家電は「シンプルで可愛らしい」と若者にも大人気。2022年5月刊行の『町田忍の懐かしの昭和家電百科』より一部抜粋してお届けします。

    • 日本人の忘れもの

      万葉集研究の第一人者である中西進さんのロングセラー『日本人の忘れもの』の内容を特別にお届けします。

    • 旅に効く、台湾ごよみ

      台湾にも南国ならではの季節の移ろいがあります。この連載「旅に効く、台湾ごよみ」では、季節の暦(二十四節気)に準じて、暮らしにとけこんだ行事や風習、日台での違いなどを、現地在住の作家・栖来ひかりさんが紹介。より彩り豊かな台湾の旅へと誘います。

    • 超約版 方丈記

      「ゆく河の流れは絶えずして……」の出だしで知られる『方丈記』は、命のはかなさを川面に浮かんでは消えゆく泡に喩え、鴨長明独自の「無常観」を表した作品として知られています。そんな名作が800年の時を経て、いま再び注目されています。このマガジンでは『超約版 方丈記』(ウェッジ刊)の内容を抜粋してお届けしていきます。

    • 「ひととき」の特集紹介

      旅の月刊誌「ひととき」の特集の一部をお読みいただけます。

    • すべてのマガジンを表示
  • ひととき2022年6月号 特集 鎌倉、ほほえみの美仏

  • 町田忍の懐かしの昭和家電百科

    町田 忍
  • 超約版 方丈記

    鴨長明
  • 執権義時に消された13人ー闘争と粛清で読む「承久の乱」前史(仮)

    榎本 秋
  • 芭蕉の風景 上

    小澤 實

電気になる前の洗濯はキツイ仕事だった|懐かしの昭和家電百科(2)

日本人は長い間、洗濯板やタライなどを使って、洗濯ものを手でゴシゴシと洗っていた。電気で動く洗濯機が登場すると、人々はキツイ家事労働から解放され、オーバーではなく…

台湾の人々に慕われる八田與一を偲ぶ|立夏~小満|旅に効く、台湾ごよみ(20)

濡れた街で楽しむ優雅な薫り5月になると台湾は、日本よりひとあし先に梅雨にはいる。台湾の梅雨は薫りの季節だ。 夜も更けるころ、雨音といっしょに、開け放したベランダ…

【鎌倉紀行】ほほえみの美仏に会いに行く(案内人・山本勉さん、旅人・みほとけさん)

地域のシンボル 白衣観音像 大船観音寺 新緑の芽吹きが朝露を弾き、きらきらと光が反射する。むせかえるような土と緑の匂いを胸いっぱいに吸い込みながら、急坂の参道を一…

【青梅縞】再び、まちを藍色に染め上げる 青梅のブルー

「江戸時代、このあたりで織られていた青梅縞は、最先端のおしゃれ着として大流行していたんです。この青梅縞を復元しよう、そんな目標が先にあって、天然藍灰汁醗酵建*1を…

あの日、古墳の街で予言者になったかもしれない私。|浅生ハルミン(イラストレーター、エッセイスト)

 昨年の、晴れた秋の日。分倍河原駅から西府のあたりまで古墳を見て歩いた。分倍河原は東京都府中市の真ん中から少しばかり西に位置し、東隣の駅には有名な府中競馬場があ…

“たび” つまみ食い観光の現代旅行事情|中西進『日本人の忘れもの』

たびと旅行は違うずいぶん前のことになるが、先にも登場していただいた池田弥三郎さん*が、新聞に書いておられたことを覚えている。 「たび」と旅行はちがうというのであ…