【百科詩典】しじょう【市場】

市の発生が、共同体というセーフティーネットから落ちこぼれた人々や、共同体の法を犯したり、共同体のルールを超越する霊能者や、芸能者、異邦人たちが作り上げた辺境の逃亡の町であったというのは、網野善彦の胸のすく仮説だった。
そこは、共同体の掟や法権力が及ばないが故に、無縁の者たちが生きていける空間であった。
そして、この無縁の市で、人と人をつないでいるものは、唯一お金という無色透明な交換物であった。

〜平川克美「『消費者』主権国家まで」
共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
1
寛ぎながら生きてます。お台場でメディアに悩む報道記者。ラジオ『今宵、貴方をしゃべり倒したくて』&ピアノ弾き語りを配信中。内田樹を私淑。映画鑑賞ソムリエ。夏はスワローズ&冬はサンロッカーズ。寂しがりやの一人好き。青春は槇原敬之とあだち充と村上春樹。昭和56年生。2男児と笹塚在住。

こちらでもピックアップされています

百科詩典
百科詩典
  • 215本

つぶやきとか名言とかテレビコメントとか夫婦の会話とか、短い言葉が飛び交う日々をどうにか寛ぎたいので、情理を尽くした文章やなにげないセリフや恥ずかしい歌詞や内田樹先生の至言などなど集めてます。言葉に置き換えていないと生きた心地のしない臆病者の寛生のネタ帳のようなものだったりもします。「Ctrl+F」を押して、何か言葉を検索して頂ければ、何かじんわりするような発見があるかもしれません。ないかもしれません。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。