組織論基礎

4

【第14回】学習する組織

<講義からの学び>
①自分がコントローラブルなことに集中する。リーダーはフォロワーの目の中にある(リーダーはフォロワーに常に見られている。リーダーであるか否かを決めるのはフォロワーである)。
➁VUCA時代:Volatility(激動)、Uncertainty(不確かさ)、Complexity(複雑さ)、Ambiguity(曖昧さ)にあふれた時代。VUCAだからこそ、自分で決断し、組織を導くリーダ

もっとみる
ありがとー!

【第13回】組織とリーダーの関係

<講義からの学び>
①リーダーとして:リーダーは形容詞の使い方に注意する。一言「辛い」と言っても人によって感じ方、捉え方が違う。同じ解釈ができる表現を使うように心がける。
➁組織としての成果にリーダーが与える影響:10割!ポストが赤い事も自分の責任(ポストを黒に変えるよう提言、働きかけられる中でしていないのだから自分の責任)と感じるくらいの意識が持てるか。
③リーダーが変われば組織は変わる。何故か

もっとみる
うれしい!

【第12回】組織評価

<講義からの学び>
①組織評価における重要ポイント:評価の「目的」を明確にすること
➁組織評価の目的:大きく4つ
1.現状を明らかにする  ⇒現在地点の理解・把握
2.変化を捉える(定期的な評価、トレンド) ⇒進捗、進歩を計測する
3.組織の理想を構築する ⇒目的地までの距離を測る
4.共通の認識を持つ   ⇒ベクトルを合わせる
③組織評価の傾向:現状⇔理想、人事・労務⇔経営・企画、実態⇔仮説検証

もっとみる

【第11回】組織形態の多様性

<講義からの学び>
①組織形態:多様な組織形態が存在。どれが最適ということはない。ケースバイケースで状況や陣営などに応じて適した組織形態は異なる。
典型的な組織形態:トップダウン型、ピラミッド型、ボトムアップ型
新しい組織形態:アメーバ型、クラウド型、狩猟型、放浪型
②5つの組織モデル:レッド(衝動型:オオカミの群れ)、こはく(順応型:軍隊)、オレンジ(達成型:機械)、緑(多元型:家族)、ティール

もっとみる
好きこそものの上手なれ⇒あなたは上手!
1