平田雄大✒︎⚽️

フロンターレ大好きな感じの人 スポーツとマンガが好き、仕事もそっち系

平田雄大✒︎⚽️

フロンターレ大好きな感じの人 スポーツとマンガが好き、仕事もそっち系

    マガジン

    • コミックBEAN

      株式会社スポマがめちゃコミックで展開するレーベル”コミックBEAN”(https://sp.comics.mecha.cc/labels/2089)についてのマガジンです。

    最近の記事

    固定された記事

    ルヴァンカップ優勝と「明日も」

    2019JリーグYBCルヴァンカップFINAL 北海道コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ 今まで生観戦した試合の中で”史上最高の試合”でした… そんな史上最高の試合と、ルヴァンカップへの思い。そして名曲「明日も」について書かせてくださいお願いします。 とりあえず、名曲「明日も」を聴きながら読んでください〜 試合前半 「脳裏をよぎるのは悪夢」 いつもの通りなのか…FINALでは6度目となる先制点を喰らう我らがフロンターレ。周りのサポーターも「またかよぉおおおおおおお

    スキ
    14
      • 「土の匂いが香るマンガ」”バトルスタディーズ”

        こんにちは、漫画編集者をやっている平田と申します。 日々、いろんな漫画を読んでいるですが、この漫画が面白い!ってのをちゃんと伝えることができるのか…?と思いまして、noteにしたためていく次第です! 今回紹介するのは『バトルスタディーズ』 甲子園を目指す、若き高校生の野球漫画…というとありきたりな”青春スポ根もの”と思われますが… 1.くさい!青春スポ根ものというと、爽やかな汗、綺麗な涙、照りつける太陽…とテンプレとも言える”セイシュン”的絵柄が想像されますが… この

        スキ
        4
        • 100万回キックを蹴る男・進撃のYは”凡人のヒーロー”なんだと思う

          ■「もしもヘタクソが100万回キックを練習したら?」このチャンネルを知っているだろうか? チャンネル主”進撃のY”は元々は、そこそこサッカーができる、決して”上手い”とは言えないプレイヤーだった。 そんな彼が5年前に始めた挑戦が、「もしもヘタクソが100万回キックを練習したら?」という動画シリーズだ。 この動画で、彼はもうすぐキック7万回を迎えるのだが、今では「無回転キック」「アウトカーブ」「縦回転」といった、数々の魔球とも呼べるキックを習得している。 今ではこのチャンネ

          スキ
          2
          • 主人公は”倍返し”だけじゃない

            主人公。 マンガにしろ、ドラマにしろ、観客は主人公に自分自身を重ねて熱中し、そして終演すると”面白かった”という感想と共に、”あんな主人公になりたいな”という羨望や哀愁を感じる。 あのドラマ『半沢直樹』放映翌日の月曜日には、会議で上司に異論を唱える社員が増えたらしい、が半沢直樹のようには行かないのが現実。 マンガやドラマの世界は脚色で、現実なんてうだつの上がらない、つまらない毎日が続くものなのか、と感じてしまう人が多いと思う。 ■主人公って誰だ?実際、現実はドラマのよう

            スキ
            8

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • コミックBEAN
            平田雄大✒︎⚽️

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            社会人として、大事なことを教えてくれたのは”紙”でした。

            どうも、マンガ編集をやっています、平田雄大と申します。 この度、”めちゃコミック”さんで原案・編集を担当した作品『紙っ娘』が配信となります! 久々のガッツリ商業マンガの編集だったんですが…中々に楽しむことができました! 今回の作品に込めた思いを少しばかり…語らせていただければと思います…🤔 はじめに 作品紹介本作品、『紙っ娘』のあらすじは… “紙が女の子に見える”という特殊能力を持つ紙問屋の息子・三島連(みしま・れん)。連は紙っ娘(かみっこ)の活躍する場を作るために、印

            スキ
            6

            鹿島の壁

            いよいよ今週からJ1リーグが再開しますね〜 そして有吉の壁も、”一般人の壁”シリーズが今週放送から再開… 壁…壁… そう、我らが川崎フロンターレにとって”壁”と言ったら鹿島アントラーズ。 フロンターレが初タイトルを掲げる2017シーズンまで、計算が間違っていなければ5回、鹿島は川崎の前に立ちはだかっています。 そんな川崎にとっての”壁”、鹿島アントラーズが再開後の初戦ということで…その歴史を振り返っていきましょう。。 1. 2度のリーグ準優勝(2008、2009) こ

            スキ
            1

            スポーツとマンガ、スポマです〜投稿紹介〜

            スポーツとマンガ。 ドカベン、キャプテン翼、SLAM DUNKと名作に始まり… 最近ではハイキュー、アイシールド21、灼熱カバディ、GIANT KILLINGなど、熱いスポーツマンガが次々と生み出されていまよね、、 そんなスポーツマンガの未来を作っていきたい、と始めたサイトが 弊社の”スポマ”になります。 今回は、スポマに継続的に投稿してくれている漫画家さん、イラストレーターさんを紹介していく感じです🔥 1.さとうもぐもさん広島のイラストレーター”さとうもぐも”さん。

            スキ
            7

            男子校の現実

            男子校。 それは、地獄であり、楽園でもある。 近年、少子化社会にも関わらず中高一貫校への志望者は増えているらしい。 しかもその中でも男子校への受験者数は増えているという。 これは、由々しき事態だ。 中学受験というと、小学生自身の自覚というよりも親御さん教育方針で受験をする子が圧倒的に多いと感じている(あくまでも個人の感覚ですが)。 親御さんは”男子校の現実”を知らずに受験させているのだッ!!!! 今日は中高一貫の男子校出身の僕が、”男子校の現実”を皆さんに伝えようと思う

            スキ
            21

            Jリーグ塗り絵をまとめてみた

            コロナで中断となったJリーグ… (6/27からの再開が決まりました!!) 中断からはや3ヶ月が経とうとしていますね。 そんな中、各クラブがSNSやYoutubeでサポーター向けの企画を打っています!!ありがたや… 今回はそんな中でも、塗り絵企画ってのが話題になってるので、まとめてみました!! 1.FC東京まずはFC東京🔥 今シーズンからスポンサーになった、「めちゃコミック」との共同企画ですね。 東京ドロンパとめちゃコミのめちゃ犬(CMにも出てくるあいつです)が躍動している

            <マンガの仕事やってます>平田 雄大のポートフォリオ【2022/2月 更新】

            平田 雄大 【出身】神奈川県川崎市 【職歴】大王製紙(営業)→ワンディエゴ丸出版社(編集等)→スポマ(編集・営業)→and factory(ディレクター) 【編集歴歴】めちゃコミックレーベル『コミックBEAN』、『ゼロからの進撃』、『キング・オブ・エンブレム』、『スポマ2020』、その他広告マンガ等 【その他】 ・現在はマンガ事業の立ち上げに関わっており、主にWebtoonの制作を模索しています!! ・商業マンガの編集がメインでした。 ・現在は男性向け漫画をメインに、ジャンル

            スキ
            12

            クィディッチってなに??

            最近、クィディッチっとよく言っている私ですが… それってなんなんですか的な質問を受けます。 中にはこんな質問も まああながち、間違えてないんですけどね… 1.そもそもクィディッチクィディッチ、イギリスの超名作児童文学『ハリー・ポッター』を知る人なら知っているかもしれません… そうでない人は下の動画を見てみてください 『ハリー・ポッター』の魔法使い界で大人気のサッカーみたいなスポーツ それがクィディッチです。 いわば、クィディッチ=架空のスポーツ、な訳です。 しかし

            スキ
            1

            就活なんてクソくらえ

            社会人も4年目が終わりかけの2月。。 今は3社目の会社で働いている私ですが、就活ももう4年前か〜〜って思うと感傷に浸る訳です。 私の就活は大失敗の連続でした、今よりも尖っていて 何故か確証のない自信に溢れていて、周りのアドバイスとかをぶっちぎって就職活動していました… もし就活を始める人がいたら、このしがない社会人の失敗談を聞いて 自分の就活に活かして欲しいと思う訳です。 1. スタート〜説明会?興味のない会社には行かねぇぜ〜私が就活を始めた2015年は就活の情報解禁が

            スキ
            11

            マリノスには負けたくねぇんだ

            「僕は横浜F・マリノスが嫌いです」 こう言い切れない、そんな感情がある。 いよいよ今週末、11/30にJリーグのクライマックス  川崎フロンターレ VS 横浜F・マリノスの試合が開催されます。 神奈川ダービーであるこの試合には、マリノスの優勝がかかっていて… フロサポである僕としては、勿論マリノスの優勝なんか見たくない訳です。 川崎と横浜川崎と横浜、隣接した市でありながらその性格は全く違います。 横浜は神奈川のリーダー、日本が誇る港町としてデカイ顔をしている街で 出身を聞

            スキ
            8

            なぜワンディエゴ丸は『ONEなでしこ』を作るのか

            いよいよ女子ワールドカップが始まりますね。 なでしこジャパンの世界への挑戦…楽しみです。 そんな中、”ワンディエゴ丸出版社”でも挑戦が始まります。 今年の初めに発刊した『キング・オブ・エンブレム』に続き、 マンガ第二弾『ONEなでしこ』の連載を開始🔥 スポーツマンガ専門の出版社として立ち上がった、ワンディエゴ丸出版社。 Jリーグの次は女子サッカーです! 「Jリーグのマスコットの次は女子サッカー!??」 「次はBリーグとかじゃないの!?」 「いやいや野球マンガやってよ!!

            スキ
            5

            「激レアさんを連れてきた。」を見て、変わってしまった僕の人生~僕、会社辞めます編~

            「激レアさんを連れてきた。」 テレビ朝日系で毎週月曜深夜に放映されている、”激レア”な人生を送ってきた(送る)人たちを紹介する、一般人参画型のバラエティ番組だ。 激レアさんを連れてきた。|テレビ朝日 ちょうど1年前(2018年3月頃)、ただのサラリーマンだった僕は、毎週のようにこの番組を楽しみに見ていた。 「こんな面白い人生送ってる人いるんだな~すげ~な~」という感じで、 一週間の始まりであり、何となく憂鬱な月曜の夜を、この番組は潤してくれていたのだ。 そして、2018年

            スキ
            30

            今治で感じた、今

            8/17~19の3日間、僕は今治へ行ってきた。 目的は「Bari Challenge University」という名のワークショップ。 FC今治の会長で、元日本代表監督の岡田武史さんが主催していると知り、 ミーハーな感情を抱きつつエントリー。 無事選考を通り、参加する運びとなった。 アカウント名の通り、僕はこの7月に前職のサラリーマンを退職し、 ”ワンディエゴ丸出版社”というふざけた名前の会社に就職している。 この会社の理念は「スポーツ漫画に革命を!」。 今進めているプロジ

            スキ
            1