SXO

SEOの本質は検索体験を満たすこと|SXOの考え方

SXO(検索体験最適化)とは「Search Experience Optimization:検索"経験"最適化」というユーザー体験を起点とした検索体験を最適化するという概念があります。 Webサイトにはユーザーのニーズを満たすという存在理由があり、検索エンジンはユーザーのニーズを満たすページを評価し、ユーザーに提供を…

そのSEOは、なんのため?~SXO的SEOの実践手法~3/3

『ライティング(文章の中身)』を主軸に、どんな文章にしたら良いページだと思ってもらえる(≒検索順位が上がる)か? のお話。今回はとうとう、SXO的SEO手法の3回目にして最終回。 ・これをやっとけ!(別のページで解説) ・これはやっちゃだめ!+対策方法(前回のページで解説) ・小ワザ(こ…

SEOからSXOの時代へ?

<数値化11個の単語> ①PV ②セッション:SS(30分以内にどのくらいのユーザーが見たのか) ③セッションタイム:ST(滞在時間) ④ユニークユーザー:UU(何人が見たのか) ⑤クイックスルー:CT(クリックを押した数①ページごとのクリック数②検索からの流入数→低い場合にはタイトルやディスクリ…

そのSEOは、なんのため?~SXO的SEOの実践手法~2/3

前回に引き続き、SXOの視点をもったSEO手法のお話。『ライティング(文章の中身)』を主軸に、どんな文章にしたら良いページだと思ってもらえる(≒検索順位が上がる)か? の、続きです。 ・これをやっとけ!(前回ページで解説) ・これはやっちゃだめ!+対策方法(このページで解説) ・小ワザ(…

そのSEOは、なんのため?~SXO的SEOの実践手法~1/3

前々回にSXOの考え方をお伝えし、前回は今後のSEOについてお話しました。 今回は、SXOの視点をもった、2020年以降のSEO手法についてのお話です。 『ライティング(文章の中身)』を主軸に、どんな文章にしたら良いページだと思ってもらえる(≒検索順位が上がる)か? みたいなお話をしていきます。 …

そのSEOは、なんのため?~目的地なきSEO&SXOは、どこにも行けない~

前回は…… SEO(検索エンジン最適化)に変わるSXO(検索体験最適化)って考え方を知りました。 たけど、検索エンジンが検索体験をチェックするようになっていくので、結局SXOも広義のSEOに含まれるよね! だからGoogleガイドラインに沿ったSEOしようね! ……ってお話でした。 具体的な「SXO≒ガイド…

そのSEOは、なんのため?~SXOってSEO対策になるよ、って話~

「SEO対策、これだけやっていれば大丈夫!」みたいな論が、かつては沢山あったのですが、今はあんまり見られません。 実際、そういう手法、やってみてどうですか? 検索結果の上位、維持できていますか? Googleのアルゴリズムアップデートのたびに、右往左往していませんか? ここでは、Googleの検…

SXOとは?ユーザー導線の最適化に動画を用いる方法

デジタルマーケティングの手法で、集客チャネルとして、広告やSNS、リファラルなどユーザーへのアプローチ方法はさまざまありますが、未だ根強くあるのは自然検索からの流入でしょう。 検索エンジン最適化を意味するSEO(Search Engine Optimization)は、よく聞くワードですが、近年では「SXO(Search Ex…