ReactNative

React Native Matsuri 2021 オリジナルノベルティーBoxの中身紹介!
+19

React Native Matsuri 2021 オリジナルノベルティーBoxの中身紹介!

React Native Matsuri 2021 ノベルティーのご紹介🎁 React Native Matsuri 2021 のノベルティーBoxの中身をご紹介します! 今回、初めての開催で、初めてのノベルティー制作でした...! とっても考えて、こだわって制作いたしました。気に入って頂けると嬉しいです! Twitter ハッシュタグ #ReactNativeJP で写真を撮ってツイートしていただけると、運営一同とても喜びます! 升おうちでお祭り雰囲気を感じてもら

スキ
4
React Native Matsuri 2021 にstand.fmのエンジニア3名が登壇します👨‍💻 & ゴールドスポンサーします🎉
+16

React Native Matsuri 2021 にstand.fmのエンジニア3名が登壇します👨‍💻 & ゴールドスポンサーします🎉

2021年10月02日、React Nativeをメインテーマとするカンファレンス「React Native Matsuri 2021」が開催されます。 ・stand.fmのエンジニア 3名が登壇します👨‍💻 ・ゴールドスポンサーとして協賛します🥇 ご興味ある方は、ぜひご視聴ください!(無料チケットがあります) タイムスケジュールstand.fmからの登壇者と登壇内容のご紹介! React Native と Kotlin で叶える夢のリアルタイム音声配信Day Ses

スキ
6
React Native: Hermes → ONでアプリの起動時間はどれだけ改善する? 【Android編】

React Native: Hermes → ONでアプリの起動時間はどれだけ改善する? 【Android編】

React Nativeで開発されたAndroidアプリのJavaScriptエンジンをHermesに切り替えたので、実機(arrows Be3、Galaxy A20、Pixel 3a)を使って起動時間を計測してみました。 JavaScriptエンジンをHermesにスイッチU-motionが提供するiOS/Android向けアプリ『UM Utils』はReact Nativeを使って開発しています。React NativeアプリはJavaScriptのロードなど初期化に時

スキ
2
React NativeでiOSアプリのバックグラウンド・タスクを実装してみた
+3

React NativeでiOSアプリのバックグラウンド・タスクを実装してみた

ウィジェットに表示するデータを定期的に更新するために、React Nativeでバックグラウンド・タスクを実装する方法について調べてみました。 情報量が多いのでまずはiOS編です。 はじめてこのブログを読んだ方へ: U-motionとは? U-motionは牛の首につけたセンサーを使って活動内容を記録、AIの力で健康状態を解析して畜産農家さんをサポートするモニタリング・システムです。ウェブ・サービスとモバイル・アプリをReactで実装しています。このブログではU-motio

スキ
1
<8月後半>SOKUDAN案件のご紹介@ エンジニア特集
+9

<8月後半>SOKUDAN案件のご紹介@ エンジニア特集

SOKUDAN(ソクダン)でいま人気の高い案件の一部をこちらのnoteでも定期的にご紹介!今回はエンジニア案件を複数掲載(一部抜粋)します。 SOKUDANでは登録企業は700社を超え、多くの案件がリモート案件となります。ライフスタイルに合わせた案件を探して、気軽に応募してみてください! ※求人案件は決定次第で終了している場合があります まだSOKUDANに登録していない方はぜひ以下から登録して応募してみてください!みなさまのご応募お待ちしています。 ※以下、掲載案件はロ

スキ
6
Favestoryに細かい変更を入れた[個人開発18日目]

Favestoryに細かい変更を入れた[個人開発18日目]

パフォーマンスなどの変更だったので進捗感があまりないが、確実に進んでいる。 react-gl Source.captureを利用する モーダルの追加 react-navigation v6 (Stack.Group) ScrollViewからFlatListへの移行(RAMの使用量が1.5Gぐらいになっていたため。GL系が重い。Filter前にリサイズを検討する必要があるかもしれない。

Favestory 投稿ページ作成[個人開発17日目]
+1

Favestory 投稿ページ作成[個人開発17日目]

Content editページを追加。テキスト内容をreduxに追加。レイアウトで時間を消費してしまう。Nativebaseの文法に慣れていないのが主な原因だが、デザインを真似するとしてもコンテンツが少なく現時点で合わないのでコーディングしながら試行錯誤してるということもある。できる限り、前日の準備が必要だ。

Favestory redux周りの機能追加[個人開発16日目]
+1

Favestory redux周りの機能追加[個人開発16日目]

今日は細かい変更 1. オリジナルの画像追加 2. 投稿のdraftをReduxに保存 3. Filter追加 4. キーボードのReturnでsubmit(react-hook-form)

React NativeでInstagram風のフィルタ実装を始める[個人開発15日目]
+1

React NativeでInstagram風のフィルタ実装を始める[個人開発15日目]

以前調査したので、そのロジックでInstagram風のフィルタをReact Nativeで実装開始。結局ライブラリを使わず、色々なgithubのソースから取ってきている。まだコードが雑なので、ひと段落したらブログにまとめる。

React Nativeアプリのリサーチの必要性[個人開発13日目]

React Nativeアプリのリサーチの必要性[個人開発13日目]

React Native/ExpoのImage Pickerを導入してて当初考えていたフローを変えなければいけなかった。理由は、1) Image Pickerでは"写真を撮る"と"Photoライブラリから選ぶ"を同時にできない。2) Image Pickerは画面全体でなくモーダルとして動く とういうことを開発してから気づいたからだ。 ここにコンポーネントベースの開発の難しさがある。デバイス側(iOS/Android)側の変更が多く(毎年の新しいOSバージョンがでる)、オー