IMF

私の心配・・・世界恐慌の予兆

白柳 孝 つれづれ日記 Vol.56

1.半年後か1年先か、また2年先かは不明だが・・・

このnoteで3度目の世界恐慌ネタです。10年以上前から世界恐慌と言っているので、また「狼少年が来た」と言われますが、それでも心配だから思いを書いてみます。経済評論家でないので理論や計算での判断ではないのですが、「備えよ常に」をモットーに危機対策をして欲しいからです。

企業経営や人生は拡大しながら、常に

もっとみる

米国:予想上回る回復示すも、不透明感払拭できず ( 1 ) = IMF10月見通し上回る回復  =

                       2020年11月 7日

 コロナ・ウイルス拡大がパンデミック化する中で、ロックアウト解除後の経済の姿を示す7-9月期のGDP統計が、中国、米国、ユーロ圏などで発表された。日本は11月16日公表の予定。

 今回はロックダウン解除後の米国経済の姿を眺め、冬場を迎えウイルス感染拡大再燃が不安視される状況での問題点を提示してみたい。

米国、ユーロ圏、7-

もっとみる

今からでも、あのころに戻れるだろうか



木陰で一日がかりの形見分け=ダンザニア西部、ビクトリア湖近くの村で (c) Akio Fujiwara

 私は1984年、23歳のときに初めて海外に行った。インド・ヒマラヤを登るためだった。その帰りにインド、ネパールの街や村を回ったのが、大きな転機となった。山よりも、もっと世界の人々の暮らしを見てみたいと思うようになった。
 鉱山会社に就職前の86年に中米に行き、3年後に新聞記者に転じてから

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!!
9
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(09:55)は購入後に視聴できます。

IMFがコロナ禍で世界諸国の財政赤字の累積が膨大な額に達していることに警告を発しています。各国がこれから積極的な成長戦略を実行して累積赤字を吸収していくことが望まれ、いくつかの国が先進的取り組みをしていますが、世界最悪の赤字国の日本が成長可能性が低いうえに政府が財政再建に真剣でなく、またしっかりした成長戦略も打ち出していないことが心配です。

『パンデミック下のイギリスには財政出動の計画がもっと必要だ』(2020年10月25日、フィナンシャルタイムズ)

 IMFが積極財政を主張し始めたことをいち早く報じたフィナンシャル・タイムズ自身も積極財政論に転換しているようです。特にイギリスが財政出動の支出計画を先延ばしにしたことを厳しく批判。驚くべきは、フィナンシャル・タイムズまでもが「政府は家計や企業と違うだろー!!」と言い始めていることです。
 緊縮財政は民間部門の所得損失を悪化させる。また、政府が財政出動に長期的なコミットメントを示すとき初めて、財政

もっとみる

IMFが世界経済見通しを上方修正

IMF(国際通貨基金)は、10月に改定したの世界経済見通しで、今年の予想を上方修正しました。主な理由は7-9月の経済指標が思いのほかよかったことにあります。2021年の予想を引き下げたのですが、これは6月に-5.2%と予想した後退が-4.4%と緩やかになることなどから、来年の回復も緩やかになると予想を変更したのです。私が注目する指標はまず米国の雇用です。コロナショックで2000万人を超える雇用喪失

もっとみる

IMFの見通しは米中両国への注目を促す形に

■ 世界経済見通し(WEO)を踏まえると、今後投資家は米中両国の資産に焦点を当てていくと想定

■ IMFは各国政府に対して、景気支援策の継続や多国間協調の進展を求めた

 本稿では、10月13日に公表された国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(WEO)について整理する。この見通しは、世界の投資家が景気動向を掴む上で重要視するデータの一つである。更新された見通し全体の傾向を踏まえると、経済面で米

もっとみる
スキありがとうございます!
1

IMF:緊縮財政はパンデミックの財政への影響の緩和に不可避ではない (2020年10月14日、Financial Times)

昨日はフィナンシャル・タイムズの報道を受けて、「あのIMFが緊縮財政は必要ないと発言した!」とTwitterが盛り上がっていました。私もクララが立ってI字開脚した並の衝撃を受けましたが、翌日の今日お昼現在、日本の報道では同じ情報が全く出てきてません。翻訳に時間がかかっているだけかと思いきや、IMFが出した「財政モニター」の内容自体は報道され始めています。しかし、どの記事を漁っても、あのネオリベヤク

もっとみる

QAnonの陰謀は新しいものではありません。そこにあるのは最も古い詐欺です。騙されてはいけません。

出典:The Daily Dot:「The QAnon conspiracy isn’t new; it’s the oldest scam out there Don't be fooled.」 Rothschild Mike Rothschild; Mar 17, 2018, 4:11 pm *更新:2018年3月19日午前6時30分

2017年10月、トランプ大統領は高官たちと一緒にいる時

もっとみる

投資日報金融版 2020年9月28日 バブルのもう一つの要因 ーFRBとIMFの世界的ドル供給ー

創業半世紀を超える、投資関係書籍専門の出版社"投資日報社"が発行している、投資日報金融版です。

2020年9月28日発行の投資日報金融版

【今週の記事】

・バブルのもう一つの要因 ーFRBとIMFの世界的ドル供給ー

・ザ・テクニカル 秋の日は釣瓶落とし

・投資家Sの今週の注目銘柄 【9514】エフオン

・今週の九星波動 炙り出されるもの

・相場指南道場 トレーダーあすなろ物語

・第

もっとみる
よろしければシェアをお願いします