自己否定から自己肯定感を得るまでのステップ

自己否定から自己肯定感を得るまでのステップ

自分を愛して、 大切にして生きていくためには 自分を深く理解して、 自分を受け入れていくことが大切で、 これを言い換えると、 自己肯定感を高めるためには 自己理解と 自己受容が大切である、になります。 でも、 そんなことはみんな分かっていて、 言葉にすると、 「自己肯定感を高めるためには、 自己理解と自己受容が大切ね」 と、簡単に思えますが 実際にはこのステップは 大きな痛みや苦しみを伴うもので なかなかここを乗り越えることができず 多くの人が苦しんでいるとこ

スキ
7
やりたくないことをやっていては、自分で自分を満たすことはできない

やりたくないことをやっていては、自分で自分を満たすことはできない

やりたくないことをやっていては、 自分で自分を満たすことはできない。 だからこそ、 他人からの評価を求めてしまう。 次第に、他人の反応ばかりが気になって、 期待に応えようとして頑張るようになる。 そのループに入ると、 自分の幸せがわからなくなる。 だからまずは、 自分自身を知って、 自分の身体と心と魂をしっかりと満たしていく。 それができてきたら、 他人の評価などは気にならなくなる。 自分で自分を満たしていたら、 嫌われても気にならなくなる。 自分で自分を満たし

スキ
21
才能発見に共通するの4つの特徴

才能発見に共通するの4つの特徴

才能は自分にとっては当たり前すぎるから なかなか見つけにくいもの ただ才能には以下の4つの 共通する特徴がある 1、はじめて取り組んだことにもかかわらず、  なんだかとても上手にできる 2、それについての習得がはやい 3、吸収した知識や技術を  早く高水準までのばせる 4、それを行う様が円滑で美しい 自分の才能がなんであるかを知ることは大切 特にhspの人は 自分の才能を見つけておくことで 生きやすくなるし 健康も幸せ度も確実に上がる ・HSP同士のシェア&瞑

スキ
3
外側がなにかスムーズにいかないのは内側に滞りがあるから

外側がなにかスムーズにいかないのは内側に滞りがあるから

内側が調えば 自然と 外側もすべての事が調うようにできている 外側でトゲトゲしたことが起きるのは 内側がトゲトゲしているから 外側がなにかスムーズにいかないのは 内側に滞りがあるから 外側は内側の表れでしかない 忘れがちだけれど それが真理 ・HSP同士のシェア&瞑想会 ・HSP才能個人セッション  HSPカフェ https://peraichi.com/landing_pages/view/hspcafe

スキ
2
今、繊細で感受性の豊かなHSPやHSCの子どもたちは

今、繊細で感受性の豊かなHSPやHSCの子どもたちは

繊細で感受性の強いHSPの方は コロナがはじまって 不安になるようなニュースを耳にしたり、 目にする機会が増えて、 動悸がしたり、 気分が落ち込みやすかったり うつうつとしたり、 不安と心配で眠れなくなったり、 緊張で身体中が固くなったり それによって呼吸が浅くなったり 身体が冷えてしまうHSPの人もも増えていると思います。 必要以上のニュースの 見過ぎには気を付けると同時に、 HSPや繊細な方、 感受性の豊かな方、 またそういうお子様やご家族の方がいらっしゃったら 今

スキ
4