今、繊細で感受性の豊かなHSPやHSCの子どもたちは
見出し画像

今、繊細で感受性の豊かなHSPやHSCの子どもたちは

HSPの才能を生かす@HSPカフェ

繊細で感受性の強いHSPの方は
コロナがはじまって
不安になるようなニュースを耳にしたり、
目にする機会が増えて、

動悸がしたり、
気分が落ち込みやすかったり
うつうつとしたり、
不安と心配で眠れなくなったり、
緊張で身体中が固くなったり
それによって呼吸が浅くなったり
身体が冷えてしまうHSPの人もも増えていると思います。


必要以上のニュースの
見過ぎには気を付けると同時に、

HSPや繊細な方、
感受性の豊かな方、
またそういうお子様やご家族の方がいらっしゃったら
今はより気を付けたいところですね。


そういう人は、
普通の人の何十倍も何百倍も
いろいろなことを敏感に感じています。


それは、普通の感覚の人では
決してわからないレベルで感じています。


周りとの境目、境界が薄いので

普通の人には見えないものが見えていたり、
聞こえない音が聞こえていたり、
感じられない空気を感じたり、
相手の気持ちや考えがわかったり、
人の不安が自分のもののように感じたり、と

本人の意思に関係なく

勝手にいろいろなものが自分の中に入ってきたり、
五感が反応するので、
本当に本当に疲れます。


本人が
自分のその特質をきちんと理解して、
自分なりの対処方法を持っていれば大丈夫ですが、
そうでない場合、

本人も理由がわからないまま
必要以上に不安になったり、
イライラしたり、
大きな疲労を感じたりしてしまいます。


そしてそれは免疫力の低下に繋がります。


だからこそ、
繊細で感受性が豊かなHSPやHSC、
そういう方が身近にいるなと思う方は
耳に入れる情報、目に入れる情報には
特に気を付けてあげてください。


今、流れているニュースは
かなり刺激が強すぎですし、
本当に疲れてしまいます。

当然、
必要な情報を得ることは大切ですが、
それ以上は入れなくて大丈夫です。

そういう人たちは
1知れば10感じとってしまうので、
大丈夫です。


今、繊細で感受性が豊かな人や子どもに大切なのは
外側の環境から少し距離を置いて
静かで安心して坐っていられる環境。


静かな場所で、
じっくりと
内側の静けさや穏やかさを感じることができたなら、

自然と
不安やイライラや緊張から解放されて、
落ち着いて生活を送ることができます。


だから
まずは、自分の特性を知ること。


今、
みんなと同じようにニュースを見て、
みんなと同じように反応して、
みんなと同じように外側に意識を向けていては、

HSPや繊細な人、感受性の強い人、
そういう子どもは
とても辛くなってしまいます。


まずは
自分(もしくは、お子さん、ご家族)の
特性をよく知って、理解して、

自分にとっての快適なポイント、
安心の領域の中に
自分をしっかりと置いて
毎日を過ごしてください♪

・HSP同士のシェア&瞑想会 ・HSP才能セッション 
HSPカフェ
https://peraichi.com/landing_pages/view/hspcafe


ありがとうございます♪笑顔の1日を!
HSPの才能を生かす@HSPカフェ
小さな頃から生きづらさを感じ、世界中を旅し、グルに会いに行く。ずっと自分探究の人生。自分の資質を深く知り、認め、全てを強みと才能に変えていくHSPコンサルタント。HSPカフェオーナー https://peraichi.com/landing_pages/view/hspcafe