石川優実の没落。或いは、それでも #kutoo は続く。



#kutoo は、石川優実抜きでもやっていけます。https://note.com/online_cheker/n/n2215ba0d1628
ジェンダー論であれ、フェミニズムにであれ、使いこなすには相応の知性が必要です。
https://note.com/online_cheker/n/n4d6b14cee1ff?magazine_key=ma02dd0a95031
石川優実には、その知性

もっとみる
馬弓の 正射必中 に感涙
8

黄昏深夜便。晴れのち曇り時々・・・ 30年後

寒さは心には届かないと教えてくれた寒空に凍えたあの日からもう・・・30年も経ちますね。
仮想と空想と現実と希望と夢とが交ったと思えた若き頃の僕の心に衝撃的で新鮮で錯覚でもいいとさえのめり込んだ日々は刹那の流れに飲み込まれずにはいられなかった・・・
思いを語るには簡単かもしれないけど、想いを語るには文字なんて形にするには少し役不足なんて感傷的になっては筆先が走る行方を見守りながらも語る先には何かが現

もっとみる
ありがとうございます!
19

鴨と黄昏

近くの水辺を散歩していると、いつも同じところに鴨がいる。

だけど、今日は違った。

いつもなら、鴨がここら辺にたくさん集まっていて賑やかなのに、今日は一匹もいなかった。

しばらくその理由を考えてみて、“そうか、今日は金曜日の夕方だからか”と納得しかけたが、それは人間の話だ。

鴨に華金も祝日もあろうはずがない。

次に考えたのは、鳥に餌を撒くおじいちゃんだ。

どこの国にも、鳥に餌を与える人気

もっとみる

すこし眠りたい

眠れないんじゃない

眠るのが怖いんじゃない

少し休みたいんだけど

ここに私が居ないの

励みになります!ありがとうございます!
20

黄昏時

黄昏時

配達を終えた時間帯

間食を食べ終わった時間

遊び終わった時間

お買い物が終わった時間

時間が早く感じた時

時間が止まったような感覚

ふと 燃える太陽を見つめる時間

スキをありがとうございます!
8
ありがとうございます😊💓
21

白樺の森の奥に   -Kivach waterfall-

Day5 part2

キジ島を出た船は、キジ島を含むカレリア共和国の首都ペトロザヴォーツクへ向かっていた。ペトロザヴォーツクに向かう間は上映会と、2時半頃に取る遅い昼食だった。昼食ではこの船初めてのペリメニが提供された。ペリメニは人気なようで、ロシア人たちはお皿に山盛り盛っていく。ついでにサワークリームとマスタードも山盛り、一人来たらビュッフェの台から半分は消える。「取り分考えて…。」と思ったが

もっとみる
ありがとうございます!!
3

黄昏

何のために生きるのか。

誰しもが考えたことがあるだろう。

家族、恋人、夢、欲望...。

動物的な本能で言えば、子孫を残すためだ。

だが、人間はそれだけでは満ち足りない。

いつの頃からそうなってしまったのか。

様々なものを求めてしまうから、様々なことに失望してしまう。

何にも誰にも期待せず、求めずに生きれるなら楽だろう。

だが、それはできない。

誰かに求められ、何かを為せなければな

もっとみる