運気を磨く

奇跡について

奇跡について

こんにちは! 陽子絵画制作室です。 最近、義母の勧めで「運気を磨く」(田坂広志 著)を読みました。 その中で、「生きているだけで強運」ということが語られていました。 確かに、今現在無事に生きて暮らしていられるのはありがたく、奇跡とも言える! と、再認識しました。 皆さんは、奇跡に出会ったことがありますか? 私は今までに次の三つの大きな奇跡に出会いました。 一つ目は地震で助かったこと。 二つ目は47歳で結婚できたこと。 三つ目はがんの精密検査で異常なしになったこと

8
note92日目
「運気を磨く」より

3つの感の言葉を大切に!
・感嘆 誰かの良いところを褒める
・感謝 心と思いを込めて「ありがとうございます」
・感動 素晴らしい自然などに触れた時、感動の言葉を

この言葉を習慣化。
自然に出るようになった時
ネガティブの想念が浄化する

note92日目 「運気を磨く」より 3つの感の言葉を大切に! ・感嘆 誰かの良いところを褒める ・感謝 心と思いを込めて「ありがとうございます」 ・感動 素晴らしい自然などに触れた時、感動の言葉を この言葉を習慣化。 自然に出るようになった時 ネガティブの想念が浄化する

3
note89日目
「運気を磨く」を読んでいて
印象に残った所を…

「人間は、生涯において
その潜在能力の数パーセントしか開花せずに
人生を終えていく」

潜在能力の数パーセントだけ?
開花させるには?
読了したらまとめと感想をアップしますね!

note89日目 「運気を磨く」を読んでいて 印象に残った所を… 「人間は、生涯において その潜在能力の数パーセントしか開花せずに 人生を終えていく」 潜在能力の数パーセントだけ? 開花させるには? 読了したらまとめと感想をアップしますね!

3
狐につままれたような…

狐につままれたような…

皆さまこんにちは。 すぐに読了しました。 説得できる体験談はある Amazonで書評を見るとすごく高い評価を受けているようです。この方が体験してきたさまざまなこと、死の間際まで追い込まれた経験などが語られていますので、年輪を経て語られる「重み」はあります。ほかの方の体験もいろいろ紹介されています。 この方の著書を何冊も読めばまた見方も変わっていくのかもしれませんが、初めて読んだ身としては、(表現は悪いのかもしれませんが)少し狐につままれたような気分です。 半分ぐらい

2
第96話_つながっている

第96話_つながっている

おはようございます。 このマガジン「この青空を、君へ」は次のことを大切に書いています。 「子育てマニュアル」よりも 「自分の体験」を大切にこどもと接する 「感染動機」を刺激するため  親が成長し続ける いつか、人生を通じて掴んだ 「大切な何か」をこどもに伝える ※感染動機に関しては↓にて書いています。 では、本題。 心理学者のユングによれば 集合的無意識によって 人はどこかでつながっているらしい。 最先端の科学的仮説 ゼロポイントフィールド仮説 そこには過去、

10
第71話_「ポジティブ」と「無邪気」

第71話_「ポジティブ」と「無邪気」

おはようございます。 このマガジン「この青空を、君へ」は次のことを大切に書いています。 ・「子育てマニュアル」よりも「自分の体験」を大切にこどもと接する ・こどもの学びにおける「感染動機」を刺激するため親が成長し続ける ・いつか、自分が人生を通じて掴んだ大切なことをこどもに伝える ※感染動機に関しては↓にて書いています。 では、本題。 もう、自分を鼓舞することはやめた。 「できる!おれならぜったいできる!」 と、ポジティブ思考をして 自分を奮い立たせ 挑戦し続ける

5
こわいものを見た生徒のお話

こわいものを見た生徒のお話

緊急事態宣言も解除され、我が教室にも生徒が戻ってまいりました。 オンライン授業には新たな可能性も見出せましたが、どちらかと言うと身体的・心理的負担のほうが目立ちました。やっぱり対面で授業ができるならそっちのほうがいいですよ。ただ、今後の「with コロナ」の時代にあっては、対面とオンラインのハイブリッド状態がベターであろうかと思います。 ところでそうしてめでたく教室授業が再開した矢先の出来事です。 自粛生活の間に昼夜逆転してしまった生徒が眠い目をこすりながら教室へとや

4
『運気を磨く~心を浄化する三つの技法~ (光文社新書)』を読みました

『運気を磨く~心を浄化する三つの技法~ (光文社新書)』を読みました

そもそも運気とは 運気ってわかるようで、わからない。 良い運気について、この本では、以下のように説明されていて、なるほど〜と思いました。 第一に、「直観」が閃くということ 「勘」 が閃くということや、「第六感」 が働く 第二に、「予感」が当たるということ 「虫の知らせ」ともいわれる 第三に、「好機」を 掴むということ 「必要なとき」に「必要な場所」にいる 第四に、「シンクロニシティ」が起こるということ 人生において良いタイミングで、「不思議な偶然の一致」が起こること 第五

24
『運気を磨く』(田坂広志)を読んだら心が整えられたよ。

『運気を磨く』(田坂広志)を読んだら心が整えられたよ。

意識を疲れ果てさせる現代 COVID-19による不安の再生産、NYストックマーケットの暴落、欧州(特にイタリア、フランス、スペインなど)での感染の拡大。2020年3月の世界は、ぼくが見てきた50年超の歴史の中でもかなり混乱している。大混乱と言ってもいいかも知れない。見えない恐怖に脅かされた人々は恐慌に陥ってしまいそうだ。いやもう陥っているのかも知れない。 学校は休校になり、企業はテレワークを推進している。麻布十番で職住近接のライフスタイルを確立しているぼくには大きな生活の

5
【双極性障害】幸運は不運の姿をしてやってくる

【双極性障害】幸運は不運の姿をしてやってくる

弟から、少し早いクリスマスプレゼントに本をもらった。 量子科学の研究者が書いた「運気の上げ方」を科学的に解説した本で、興味深い内容が満載で引き込まれた。どうして引き寄せが起こるか、どうして成功哲学がうまくいかないかなど、とっても説得力があって面白かった。 そこに、 「幸運は不運な出来事の姿をしてやってくる」 と書いてあった。 それで、私にも、今までに不幸だと思っていた出来事が実は幸運だったことはないだろうかと、書き出してみた。 ★中学で社会不安障害になり、中学~高

9