触らないリハビリテーション

講義動画 「活動と参加へのアプローチと 触らないリハビリテーション 」

Zoomを使ったオンライン講義のお知らせです。

2020年5月3日追記

オンライン研修会「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」の講義動画を掲載しました。

講義テーマ

昨年のオンライン研修会でも好評でした、

「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」

についてお話させていただきます。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は「触らない」とリハビリテーションを

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

フォロワーさんへ

急ですがオンライン講義ライブを本日、午後2時半からスタートしますよ

詳しくは以下のリンクからどうぞ

https://labo-yamada.com/?p=10708

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます

コラム30「触らない」事の必要性を堂々と話そう!

9月の三重県での講演を終えていろいろ書いてみたい。理学療法士さん相手にして、作業療法士の私が「触らないリハビリテーション」や「活動と参加」について話してきた。

完全アウェイかと思いきや、めちゃくちゃ関心を持ってもらえたし。懇親会でもいろんな方がわざわざ僕の席の近くまで来てくれて、いろんな質問をぶつけてきてくれた。

理学療法士さんたちにとっても

触らないリハビリテーション

活動と参加へのアプ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

【パワポ&動画】リハビリテーションの実践に必要な6つの視点

10月6日更新

シリーズ動画の最終回となる「PART5」を掲載しました。
(画面スクロールして1番下に掲載しています)

マガジン読者さんのみの公開です。

マガジン未購入の方もダイジェスト版を無料で視聴いただけます

9月に開催された三重県PT士会さんの講演で、もう少ししっかり伝える方が良かったかなと思ったことがありましたので、動画とパワポを作成しました。

この動画シリーズの公開の最新情報は

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
7

コラム20 「触る」リハビリテーションが最高のアプローチではないんですよ

「バカじゃないの?いつまでさわってんの?」

って書くと、なんか批判されそうだからもうちょっとマイルド表現にするほうがいいのか?

「さわるな」ってことを言いたいわけじゃないよ。僕も触っているからね。

だけど、「触る」リハビリテーションが最高のアプローチだと考えているセラピストが多そうなんだよね。

リハビリテーション専門職はわかってるのかなあ?

入院患者さんはいずれ退院する

在宅の利用者さ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
6

コラム19公的保険としてリハビリテーションからの卒業に必要なこと

このコラムは以下の二つのコラムと合わせてお読みください

コラム8 リハビリテーションからの卒業に向けた取り組みに必要なこと「その2」地域で循環するリハビリテーション連携の構築

コラム18「リハビリテーションから卒業してリハビリ人生を目指す!それが活動と参加へのアプローチの一つの答えだ!」

マガジン読者さんで運営しているFacebookグループで、読者さんから出された話題が「リハビリテーション

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
5

【講義動画】「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」後編

テーマ

「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」後編

2019年6月23日に配信したオンライン講義をうけて「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」後編の講義を行います。
⇒【講義動画】「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」前編

活動と参加へのアプローチの視点についてさらに詳しくお伝えします。決して特殊なことをするわけではありません。

回復期

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

【講義動画】「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」前編

テーマ
「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」前編

「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」
⇒後編の講義動画はこちら 

「リハ業界のパラダイムシフト」に関連して、現場のセラピストの課題である、「活動と参加へのアプローチ」についてお話します。

厚労省の求めるリハビリテーションの一つに「活動と参加へのアプローチの実践」があります。

しかしながら、現場の多くの

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

「触らないリハビリテーション」の研修会で伝えたいこと

「触らないリハビリテーション」っていうタイトルでの研修会のご依頼があったのでお話ししてきます。

ブログに

触らないリハビリテーション

っていうようなタイトルで複数のコラムを書きました。

そうするとそれに対して批判のご意見をいただいたので、それもついでにコラムに書きました。

そんなブログを掲載していたところ、昨年度も研修会のご依頼をいただきました、日総研さんから「触らないリハビリテーション

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2