人気の記事一覧

021中国神話:天帝と羲和の間に十子の金烏(太陽)があったが、一度に現れるようになって地上が灼熱地獄となったので、羌族の羿(ゲイ)に弓で九つの太陽を射落とさせた。これが射日神事の元と思われる。であれば、当該神社催事(祭神)は、夜神(非太陽族)文化と考えることができる。

4か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[076]宿の娘、アーイ

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[034]会所に集う人々

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[056]クルトがいた鮮卑の騎馬隊

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[055]北に逃れる

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[047]カケル出航後の浜で

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[088]匈奴の百人隊長

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[065]おっとっと

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[061]遊牧民の暮らし

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[081]ハンカ湖に続く水路

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[033]紀元前のハンカ湖

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[057]ヨーゼフが探し出した羌族

9か月前

色彩のコスチューム―中国55少数民族の服飾 (京都書院アーツコレクション 11)

5か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[064]燕の鉄とサカ人の鉄

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[060]龍の岩山に登る

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[091]予感

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[063]島から泳いで戻ったナオト

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[085]白棱河(ハクレンビラ)の舟寄せの焚火の側で

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[062]嵐の後の浜の朝

9か月前

『紀元前九十二年、ヒダカの海を渡る』[059]櫓、隠し江、ガラスの器の交易品

9か月前