第2回THE_NEW_COOL_NOTER賞本当の文章の技術部門

「本当の文章」って何だろう

noteを書く人の多くが、直面しているであろう「文章で伝えることの難しさ」。

かくいう私も、noteを始めてから人に伝えることの難しさ、自分らしい文章って何なんだろうと思うようになりました。

「世の中にはこんなに面白い文を書ける人がいるんだ!」と他のクリエイターの方の記事を読むたび思います。

今回は、作文が、「ある意味」特技となってしまった私の、過去の経験や日々の気づきから「本当の文章」を考

もっとみる
あなたにもいいことがありますように!
38

救われたい、満たされたいと思っていたあの頃が、風に吹かれてる。

眠るとあまりよくない夢をみそうなとき、映画をついつい見てしまう。

この間、夜更かしながらでもみたかったのは、

パク・チャヌク監督の『イノセント・ガーデン』。

はじまりのシーンから、なにかがもうすでに起こってしまった後のこと
を描いている、不穏な感じが伝わってきて、胸騒ぎがする。

普通の女の子のファッションのようにみえて、どこか何かがちがうのは、
彼女が

<ママのブラウス>に<パパのベルト

もっとみる
あしたもスキされたいな💕
189

鮮やかなときめきをあつめて

「今年はちゃんと大掃除しようね」
それは温厚な同居人の優しい催促であることを私はちゃあんと知っている。

部屋が汚い。物が床に散らばっている。同居人は一回出張にいったら4か月くらいはかえってこない。その間に一気に汚くするのは私だ。もともと私が一人で住んでた部屋なので家の中の物はほぼ私のものだ。それに加え、同居人といえどあまり自分のものを触ってほしくないので掃除するのも私しかいないのである。

「ブ

もっとみる
その1タップが死ぬほど嬉しいって知ってましたか?
79

こぶしをほどけるようになったのは。

関係が続くほど「価値観の違い」は浮き出るのかもしれない。

「学生時代から仲良くしていた子が出産して、なんか話しづらくなっちゃったんだよね。三ヶ月に一回とか定期的に会ってたんだけどさ。これからも仲良くしたいけど、今積極的に会いたい気分じゃなくなっちゃってるの最悪だよね・・・遊ぶ時も子供と一緒だし、なんか申し訳なくなっちゃって。」

目の前の友達が神妙そうな顔つきでそう打ち明けてくれた。

「あーな

もっとみる
頑張って書いてよかったって思うんです。
55

第2回THE NEW COOL NOTER賞~本格開催と作品の募集開始のお知らせ、と葵ちゃん(chihayaの娘・小説部門審査委員)について

第2回THE NEW COOL NOTER賞開催します。noteをさらに楽しむためのお祭りです。いろいろな賞がありますので、皆さまふるってご応募ください!

このたび、みこちゃんからのお声がかりで私・chihayaの娘の葵(あおい・中学2年14歳です)ちゃんも小説部門の審査委員としてお手伝いさせていただくことになりました。

きっかけになったのはこの作品。

みこちゃんの作品に触発されて葵ちゃんが

もっとみる
読んでくれてありがとう😊
74

どうしようもなく、ふたりぼっちだったから、エコーズの「愛をください」を聞いていた。

感動するって、心が微動して、その微動に耐えられなくて。

時としてそのことに、傷ついて。

この前、書いた嫉妬のこととかじゃなくて。

ほんとうに、

すてきな人がこの世にはいるんだってこと、

そんな、

すてきな人たちは、この世にはいないことにしている

じぶんに気づくから傷つくんだと思う。

わたしが憧れていた人が昨日とても、まっすぐな眼差しで

奥様を愛していることを、言葉にされていて。

もっとみる
あしたもスキされたいな💘
160

分かりやすい文章を書くことへのためらい

今回、第2回THE NEW COOL NOTER賞の、みくりや佐代子審査委員の【本当の文章の技術】部門にエントリしたくて、旧作品を引っ張り出しました。

このように、旧作品で自分が再び誰かに読んでほしいという記事をエントリしてもらって、もういっかい褒めてほしいな、講評いただけたらな、そんな感じで気軽にご応募いただければと存じます。

 一にも二にも分かりやすいことが求められる時代です。

 悩み多

もっとみる
うれしいなあ、みこちゃん幸せ!
91

【ブックリストの文章を書き換えてみた】参考文献:「文体練習」レーモン・クノー

バスのデッキが混んでいたことといったら!
まったくひどいもんだった!
(中略)
それから二時間たって、
いったい誰を見たと思う?そいつだよ!
その生意気な若造だ!
おしゃれの秘訣を教わっているんだぜ!
連れの男に!
そんなことって、あるか!
まったく、もう!

文体練習を読んで
私も練習をしてみる日曜日の夜。

同じ事柄を、99通りの書き方で表しています。

あらたまった手紙、尋問、俺はね、擬音、

もっとみる

[遺稿シリーズ]第十二夜〜灯台の一番星

みこちゃんの下のシリーズを娘に読ませたところ、さらさらっと書いてしまいました。

chihayaん家の畳の下から、某文豪の遺稿が見つかったので掲載しました。

==================================================

吾輩は何であったか忘れた。

ただ某と呼ばれていたようである。

いつのことか、どこの記憶か判然(はっきり)と判らぬが

今になってよみ

もっとみる
読んでくれてありがとう😊
62