間欠性跛行(かんけつせいはこう)はこんな病気

間欠性跛行(かんけつせいはこう)はこんな病気

間欠性跛行(かんけつせいはこう)はこんな病気 「少し歩くと、足が痛くなったりしびれたりすることで歩けなくなり、少し休むと、また歩けるようになること」を間欠性跛行と言います。 間欠性跛行の主な原因として、動脈硬化により血管に十分な血液を送ることができなくなり起こる「閉塞性動脈硬化症」と、脊柱管(背骨に囲まれた管状の空間)内の神経圧迫による「腰部脊柱管狭窄症」があります。まれに、両者を合併している場合もあります。 両者を識別する方法として、閉塞性動脈硬化症は

スキ
1
肝不全はこんな病気

肝不全はこんな病気

肝不全はこんな病気 肝臓には、人が生きるために必要なタンパク質や脂肪成分、糖などを作り出す機能や、体に不要となったものを解毒して体外に排出する作用があります。例えるならば、人が生きていくための化学工場のような役割を果たしています。そのような肝臓の機能が、いろいろな原因で不完全となり、さまざまな症状が出現することを肝不全といいます。 肝不全具体的には以下のような症状が現れます。 1 腹水(ふくすい) :血液中のさまざまな物質を運んだ

肝臓がんはこんな病気

肝臓がんはこんな病気

肝臓がんはこんな病気 肝臓はお腹の右上にあり、大部分は右肋骨に覆われています。成人の肝臓の重さは約1,000gと、体の中では最も大きな臓器です。 肝臓がん(肝がん)は、肝臓から発生する原発性肝がんと、ほかの臓器にできたがんが肝臓に移る転移性肝がんに分けられます。このうち最も多くみられるのは、転移性肝がんです。また、原発性肝がんには、肝細胞から発生する肝細胞がんと、胆管細胞ががん化する肝内胆管がんがあり、そのうち約95%を占めるのが肝細胞がんです。ここ

スキ
1
肝硬変はこんな病気

肝硬変はこんな病気

肝硬変はこんな病気 肝臓の病気にはさまざまなものがありますが、どの病気も治癒しないまま経過が長引き、慢性状態で進行すると、最終的に肝硬変へと進展します。炎症が長期にわたって続き、肝細胞の破壊と肝臓の繊維化が起こる結果、肝表面がゴツゴツと硬くなり、凹凸状の様相を呈します(凹凸不整)。この状態が肝硬変です。患者数は全国で40~50万人いると推定され、そのうち約7割が男性と言われています。 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、たとえ肝硬変になったとしても

スキ
1
肝機能障害はこんな病気

肝機能障害はこんな病気

肝機能障害はこんな病気 肝機能障害とは、肝臓の機能が障害されている状態をいいます。多くの場合、血液の肝機能検査で異常値を示している場合に肝機能障害といいます。 肝機能障害の主な原因は、B型・C型肝炎ウイルスによる肝炎や、アルコールの長期摂取によるアルコール性肝障害、薬剤の服用によって起こる薬物性肝障害、自己免疫の異常による自己免疫性肝障害などさまざまです。 アルコールや炎症などで長期間にわたって肝細胞が壊されると、正常な肝細胞は少しずつ減り

スキ
1
汗疹はこんな病気

汗疹はこんな病気

汗疹はこんな病気 一般的に「あせも」と呼ばれています。多量の発汗に伴って、汗を分泌する管(汗管)が詰まってしまい、汗の正常な排出が妨げられることが原因です。このとき汗管にたまった汗が、周囲の皮膚組織を刺激して発疹ができます。 汗疹の分類とそれぞれの症状 汗管の詰まった部位によって、以下の3つに分類されます。 水晶様汗疹 皮膚のごく浅い部分に汗がたまって起こるもので、透明な小水疱(小さな水ぶくれ)

スキ
1
感染性心内膜炎はこんな病気

感染性心内膜炎はこんな病気

感染性心内膜炎はこんな病気 感染性心内膜炎とは、「溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)」や「ブドウ球菌」、「腸球菌(ちょうきゅうきん)」、「真菌(しんきん)」などの菌が、なんらかの原因で血液中に侵入し、心臓内部に感染巣が形成される病気です。病原微生物が繁殖してできる生息巣である「感染巣(かんせんそう/菌塊<きんかい>、贅腫<ぜいしゅ>とも呼ぶ)」が、心臓の弁に付着し、弁構造を破壊し、弁逆流によって心不全をきたすことがあります。また、贅腫が血流に乗って身

スキ
1
顎変形症はこんな病気

顎変形症はこんな病気

顎変形症はこんな病気 顎変形症とは、歯のズレ・ねじれと上下の顎のズレが両方あることで、不正咬合(かみ合わせ不良)になる病気です。これは、矯正(きょうせい)治療と手術を組み合わせて、外科的矯正術で治します。 顎変形症の治療法 上下の顎のズレがなく、歯のズレ・ねじれだけの問題であれば、矯正治療のみですが、顎のズレが大きい場合は、外科的矯正術が必要となります。一般的な不正咬合を治す矯正治療は、健康保険の対象にはなりませんが、

スキ
4
顎骨骨髄炎はこんな病気

顎骨骨髄炎はこんな病気

顎骨骨髄炎はこんな病気 「骨髄炎」とは、骨(骨髄)の中に細菌が侵入し炎症を起こす病気です。その中でも、口腔内の細菌に感染したことが原因で起きた炎症が、顎骨(がくこつ=顎の骨)内の骨髄にまで波及するものを「顎骨骨髄炎」といいます。 上顎と比べ下顎は血流が悪く、骨髄に達した細菌が死滅しないため、一般的には下顎の骨の方が骨髄炎になりやすい傾向があります。 経過により急性と慢性に大別され、最も多い原因が歯性感染(虫歯<う蝕>や歯周病が原因の感染)

顎関節症はこんな病気

顎関節症はこんな病気

顎関節症はこんな病気 顎関節症(がくかんせつしょう)とは、「口を開けると痛む(開口時痛)」「口が開かない(開口障害)」「あごで音がする(関節雑音)」といった症状がでるあごの疾患です。これらの症状は、あごの関節を構成する骨・筋肉(咬筋:こうきん・側頭筋など)・関節円板・靭帯などの異常によって生じます。タイプ別にⅠ型(筋肉の異常)、Ⅱ型(関節靭帯の異常)、Ⅲ型(関節円板の異常)、Ⅳ型(骨の異常)、Ⅴ型(どれにも当てはまらないもの)があり、タイプによって治療法が異な

スキ
2