珈琲の大霊師

コーヒー日記☕📗世界最高級グアテマラコーヒー豆を使ったBOSSのレインボーマウンテン!



香りも味もフルーティーの中に苦味あり飲みやすさは良いレインボーマウンテン。グアテマラ産のコーヒーはそんな感じ。飲んだ瞬間に甘さとフルーツ感はたしかにきますし、虹のように口の中で変化していくのはこれかと。しかも、世界最高品質で有名なグアテマラだが生産数は10位だ。

そして、なにより後からの甘さが口の中にいっぱい残るのも特徴だ。長続きする楽しさ。甘いだけではなく後味残る不思議な感じ。

酸味が強

もっとみる

珈琲の大霊師外伝-挨拶-

 俺の名前はジョージ=アレクセント。珈琲の深淵を求める冒険者にして、その伝道者の片割れだ。

 故郷、アディア連邦の貿易都市マルクで後に”珈琲の大霊師”と称される少女、モカナと出会って俺の人生は大きな転換期を迎えた。

 珈琲はいい。人生を賭ける価値がある。珈琲は最高だ。その香り、酸味、苦み、甘み、その向こうにはその豆が育った土地があり、文化がある。珈琲を飲むことで、人はその場にいながら世界を旅す

もっとみる
ガイアがもっと輝けと言っている+(゚ー゚)
4

完結のご挨拶

およそ10ケ月の間、お付き合い頂きありがとうございました。
珈琲ファンタジー、珈琲の大霊師本編はこの投稿をもって完結させて頂きます。
毎日1投稿を目指し、時には間に合わず次の日に持ち越して2投稿させて頂いた時もありましたが、なんとか完走できました。

さて、完結までお付き合い頂けた皆様。珈琲を取り巻く環境はお変わりないでしょうか?
中には、ハンドドリップを始めた方もいらっしゃるとか。
この作品から

もっとみる
良い珈琲に巡り合えますように
2

珈琲の大霊師306

――――――――――――――――――――

最終章

    珈琲の大霊師

――――――――――――――――――――

 ――大陸北部

 二つの国が、国境を挟んでにらみ合っていた。

 物々しい装備、血を求める鈍色の武具。そして、血走る目。

 彼らは総じて気が立っていた。それも無理は無い。

 その原因は、彼らの国境に突如立てられた1つのテントにあった。

 彼らの王、両国の王は、昨夜前線の

もっとみる

珈琲の大霊師305

 時を遡って、ジョージがアラビカ家を見つけて1ヶ月経った頃。

 ジョージと、タウロスは、洞窟の中にいた。

「・・・・・・どかせそうか?」

「いや、こりゃきついな」

 タウロスの下半身が、土砂で埋まっていた。

 ジョージは、ネスレに土を掘り返させるも、次々に新しい土砂が上から落ちてきて、手に負えない。

「そう・・・か。まさか、お前のような奴と最後を迎える事になるとはな・・・。やはり、俺は

もっとみる
日常をもっとエキサイティングに!
1

珈琲の大霊師304

 多くの思いが交錯した1世紀が経過した。

 タウロスの里があった霊峰アース周辺には、タウロスの里を首都とする国が発足し、10倍の速度で進むという特性を利用した産業が国の根幹を成していた。

 かつてタウロスの里と呼ばれた首都には、大きな宮殿が建ち、開かれた山から外界を見下ろしていた。

 その1室、最も豪奢で大きな部屋に、1人の少女が向かっていた。

 その肌は薄く緑がかっていた。

 少女は、

もっとみる

珈琲の大霊師303

 ――1年後

 タウロスの里と外の境界線である滝の外には、リフレール、ルナを始めとして珈琲商会の面々が顔を揃えていた。

「長かったですね・・・。やっと会えます」

 リフレールが、相変わらずの美貌に光を受けて燦然と輝いていた。その隣にいるルナの腕には、赤子が抱かれていた。

「まったくね・・・。厄介なもんだよ。外の人間は一度入るとこっちの時間で1年は出られないなんて」

 タウロスの里と外界と

もっとみる
奇跡があなたに訪れますように
1

珈琲の大霊師302

 ごりごり
               ぱきっ
          ごりごり

     ぱきっ

 アラビカ家に泊まった翌日、聞きなれた音がして起きた。

 この音は、珈琲豆を砕く時の音だ。丁寧に、一粒ずつ潰している。その丁寧さには、いつも感心させられる。

 とんとんとん

 階段を下りて1階に来ると、同時に鍋から吹き零れた雫がじゅわっと湯気を上げた。

 湯気の中でくるくる回るドロシーの後

もっとみる
良い縁を手繰り、幸せを紡ぎましょう
2

珈琲の大霊師301

――――――――――――――――――――

第36章
    大団円の向こう側へ

――――――――――――――――――――

 ジョージ達は山を登っていた。メンバーは、モカナ、ルビー、ジョージ、リルケの4人に、案内役でコートがついた。

「アラビカ家の人達は、姉さんが出て行ってから、ずっとタウロスに反発してて、ある日突然居なくなったんだ。その後、皆で探そうとするとタウロスがそれを咎めるから、結局

もっとみる

珈琲の大霊師300

 ジョージとタウロスが始めた勝負は、一日では終わらなかった。初期条件が良く体力のある国を選んだタウロスと、初期条件は悪いが将来性のある王族に恵まれた環境を選んだジョージ、2人が紡ぐ歴史は想像以上に長引いたのだ。

 最初は固唾を呑んで見守っていた村人達も、やり取りが高度になるにつれ、我関せずとばかりにそこかしこで宴会を始め、2人が疲れて中断を決定した頃には、モカナ以外の全員が寝静まっていた。

 

もっとみる
インスタントコーヒーはKREISのALSTERがお勧めですよ♪
4