消去算

記号角度問題の集中トレーニング 重要問題13選

記号角度問題の集中トレーニング 重要問題13選

○や●の記号で表された角度情報をもとに角の大きさを考える問題を入門レベルから応用レベルまで精選して13題をあつかいます。記号角度問題は角度についての図形的な考え方に加えて、中学受験の算数においてとても重要な消去算の考え方も求められます。 特に5年生(入門から応用レベルまで)が主な対象となりますが、基本的には4年生前半に習う角度の基本知識さえあれば全て取り組める問題内容になっています。13問の中には難関校の問題も含まれますので、6年生にとっても得点力アップの糧になる内容となっ

スキ
2
有料
2,400
消去算3「2つの未知数は1つにまとめると計算が楽なことがある」「未知数に定数の演算を施したものを新たな未知数とおくほうが計算が楽なことがある」「未知数×未知数 は早い段階で相殺できる」

消去算3「2つの未知数は1つにまとめると計算が楽なことがある」「未知数に定数の演算を施したものを新たな未知数とおくほうが計算が楽なことがある」「未知数×未知数 は早い段階で相殺できる」

オンライン家庭教師やっています。 ご興味がおありでしたら、 ①以下のホームページへアクセス、 https://man2man.jp/service/ワンセンテンス算数の算数(マンツーマン)/ ②ユーザー登録(ユーザー登録はこちらから)ののち、 ③上記ホームページの下の方に私宛のメッセージ機能(STEP1として「ワンセンテンス算数さんにメッセージを送る」というボタン)がありますので、そちらからお問い合わせください。

スキ
4
有料
100
消去算2「計算しやすいところから1つずつ未知数を減らし、最後に必ず見直し」

消去算2「計算しやすいところから1つずつ未知数を減らし、最後に必ず見直し」

オンライン家庭教師やっています。 ご興味がおありでしたら、 ①以下のホームページへアクセス、 https://man2man.jp/service/ワンセンテンス算数の算数(マンツーマン)/ ②ユーザー登録(ユーザー登録はこちらから)ののち、 ③上記ホームページの下の方に私宛のメッセージ機能(STEP1として「ワンセンテンス算数さんにメッセージを送る」というボタン)がありますので、そちらからお問い合わせください。

スキ
4
有料
100
消去算1(n元一次方程式)「n個の未知数のとき、n個の式がたてられれば解ける。」part2

消去算1(n元一次方程式)「n個の未知数のとき、n個の式がたてられれば解ける。」part2

オンライン家庭教師やっています。 ご興味がおありでしたら、 ①以下のホームページへアクセス、 https://man2man.jp/service/ワンセンテンス算数の算数(マンツーマン)/ ②ユーザー登録(ユーザー登録はこちらから)ののち、 ③上記ホームページの下の方に私宛のメッセージ機能(STEP1として「ワンセンテンス算数さんにメッセージを送る」というボタン)がありますので、そちらからお問い合わせください。

スキ
6
有料
100
消去算1(n元一次方程式)「n個の未知数のとき、n個の式がたてられれば解ける。」part1

消去算1(n元一次方程式)「n個の未知数のとき、n個の式がたてられれば解ける。」part1

オンライン家庭教師やっています。 ご興味がおありでしたら、 ①以下のホームページへアクセス、 https://man2man.jp/service/ワンセンテンス算数の算数(マンツーマン)/ ②ユーザー登録(ユーザー登録はこちらから)ののち、 ③上記ホームページの下の方に私宛のメッセージ機能(STEP1として「ワンセンテンス算数さんにメッセージを送る」というボタン)がありますので、そちらからお問い合わせください。

スキ
7
有料
100
【算数】日々の演習2019_0017『消去算』
再生

【算数】日々の演習2019_0017『消去算』

合格番長が算数の動画解説をやっています。 【合格番長の動画塾】 https://sansu365.com 【合格番長の図書館】 https://sansu365.base.ec/ 【合格番長の指導記録】メインBlog https://goulash-bancho.com 【Twitter】気まぐれにつぶやきます。 http://twitter.com/sansu365 【LINE@】 @goukaku-bancho ※お仕事のご依頼は【合格番長の指導記録】のお問い合わせからお願いします。(受験指導を含め、個別指導もやっています。) ※コラボのご依頼は【合格番長の指導記録】のお問い合わせからお願いします。(教育系YouTuberの方とコラボお願いします。)

算数の特殊算(ほとんどの文章題は1つの式で解ける)

算数の特殊算(ほとんどの文章題は1つの式で解ける)

算数の文章題のうち、特殊算といわれるもののうちの多くは、実はたった1つの式を使って解くことができます。 その式とは、 (全体のちがい)÷(1つ分のちがい) です。 最もわかりやすい例からながめてみましょう。 ★過不足算 例題1:クラスの生徒に色紙を分けるのに、1人に5枚ずつ分けると65枚あまり、1人に8枚ずつ分けると43枚不足します。クラスの生徒数は何人ですか。 (式) 用意した色紙を基準にしたとき、「65枚あまる」と、「43枚不足する」のちがいは65+43=108

スキ
30