栗俣力也

書店で大ヒット!? 何となくゾッとして伏線で驚く新感覚4コマ漫画『意味がわかると怖い4コマ』

書店で大ヒット!? 何となくゾッとして伏線で驚く新感覚4コマ漫画『意味がわかると怖い4コマ』

【レビュアー/栗俣力也】 意味がわかると怖い話という短編を知っている方は多いのではないだろうか? どこか違和感を感じる普通の物語。と思いきやその違和感の伏線要素を、理解するとその物語がいかに怖い話であったかに気がつくというものだ。   ミステリー小説で書かれるような複雑に絡み合ったものではなく、あくまでパッと読んで気軽にドキッと出来たりゾッと出来る事から、スナック的な楽しみ方が出来るこの「意味がわかると怖い話」。それを4コマ漫画で描いた作品がある。 第2巻が発売したばか

2
誰も想像できない。嘘つき×三角関係×ミステリー『たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に』

誰も想像できない。嘘つき×三角関係×ミステリー『たぶん、出会わなければよかった嘘つきな君に』

三角関係をテーマに描かれた本作はメインの登場人物3人が3人とも嘘をついている。 この作品は同名の小説を原作に描かれた漫画だ。 この小説には原案というあまり耳にしないクレジットが存在する。 もう何年も前になるが当時私は書店員として働きつつ、文庫の復刊や既刊の装丁プロデュースを行いヒット作を作ってく中で「こんな話なら今の読者の心をつかむのでは?」とういストーリーの要素が見えてきていた。 その話を「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」などのヒットミステリー小説を

1
「次にくるマンガ大賞」で本当はめちゃくちゃ語りたかった、何故か涙があふれるラブコメ『僕の妻は感情がない』

「次にくるマンガ大賞」で本当はめちゃくちゃ語りたかった、何故か涙があふれるラブコメ『僕の妻は感情がない』

今年もこの時期がやってきた。「次にくるマンガ大賞2020」 漫画好きの愛がそのまま反映されていることが丸わかりなラインナップで、他の賞レースではお目にかかれないような「次にくる」であろう作品を知ることが出来る「次にくるマンガ大賞」。本当に素敵な企画で、この業界で働くものとして、そしてイチ漫画好きとしても毎年注目している。 幸運な事に、私は3年前からニコ生の発表会に出演させていただき、熱い気持ちを抑えきれず語りまくるという事をやらかしてしまっているのだが、今年は特にラブコメ

4
明智光秀=逆賊は嘘?400年以上続く定説に異を唱えた衝撃の歴史ロマン『信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~』

明智光秀=逆賊は嘘?400年以上続く定説に異を唱えた衝撃の歴史ロマン『信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~』

日本史上最大の謎のひとつ「本能寺の変」 2020年は大河ドラマ「麒麟がくる」の影響もあり、書店では明智光秀関連の書籍のコーナーが組まれていますね。やはり本能寺の変の謎について書かれた書籍は多く売れています。 明智光秀をはじめ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など歴史に大きな影響を及ぼした、誰もが知る偉人達のターニングポイントと言ってもいいこの時代。しかし、実際にその時代を経験し見た人はもちろんすでにいないわけです。どこまでが事実で、どこからが作られた物語なのか。そんな探究心をく

3
とにかく泣ける『THE 普通の恋人』は、想いと熱量の伝道師・高木ユーナによる「BLを考える漫画」だ

とにかく泣ける『THE 普通の恋人』は、想いと熱量の伝道師・高木ユーナによる「BLを考える漫画」だ

想いと熱量の伝道師・高木ユーナの描く「普通の恋人」 『不死身ラヴァーズ』は恋が叶うとヒロインの存在がリセットされてしまうという、何度も「出会い」と「別れ」を繰り返す作品。何度違う存在として目の前に現れても、「長谷部りの」というひとりのヒロインを愛し続け、振り向かせる。「長谷部りの」が何度も何度も何度も主人公「甲野じゅん」に恋をする姿に私は感動し、涙を浮かべながらこの作品を読んだ。 『銀河は彼女ほどに』では地球を滅亡しに来た地球外生命体である彼女と、彼女を好きで好きでたまら

8
『ナツキくんは今日もキレイ』は、大勢の輪に入れなかったはみ出し者たちの理想かもしれない

『ナツキくんは今日もキレイ』は、大勢の輪に入れなかったはみ出し者たちの理想かもしれない

はみ出し者に勇気をくれる素敵でまっすぐな女装ヒロインラブコメディ 何だかよくわからないけど、大勢はやっぱりその大勢の輪からはみ出したものを嫌う。 周りの大勢と「同じことを思ってないと、同じことをしていないと」それはまるで悪の様に扱われる。それが正しいかどうかとか関係なく、はみ出し者=悪というように。 この傾向は最近特に強く世の中に対して感じているが、会社や学生の頃のクラス、もっと小さな仲間内での事を思い出しても、どこにでもあると思う。 ** ** 『ナツキくんは

5
『暁のヨナ』の草凪みずほ最強の感動転生漫画『NGライフ』

『暁のヨナ』の草凪みずほ最強の感動転生漫画『NGライフ』

草凪みずほ先生の作品は読むものの感情の温度を一気に変えてしまう 緩やかな時間を感じる展開だと気を抜いて読んでいたら、次の瞬間には涙を流すことが我慢できないほど心を揺さぶられていたり、笑いを堪えられないようなシーンから一気にページをめくるのが恐ろしくなるような緊張を一瞬で読者に植え付ける。 なぜこんな事が草凪先生の漫画には起きるのか。それには色々な理由があるがそのひとつは間違いなく登場人物それぞれのバックグラウンドの情報量の多さゆえだろう。 しかもそれをストレスなく自然と

3
運命の出会い。その瞬間だけを描く『その時の彼女が今の妻です』は恋する瞬間特化型恋愛漫画

運命の出会い。その瞬間だけを描く『その時の彼女が今の妻です』は恋する瞬間特化型恋愛漫画

出会いの瞬間にこそドラマがあると改めて感じさせる傑作短編集 『その時の彼女が今の妻です』というタイトルそのままに、23組+αの夫婦になる男女の瞬間を各話10ページにも満たないほどで読ませるオムニバス作品。 この作品、実はめちゃくちゃ新しい読み味で、とんでもなく面白いんです。 そののち結婚する二人の瞬間は想像通りのドキドキキュンキュン展開のものもあれば、「こんな出会い!?」といういわゆるどんでん返し展開もあり、その短編を読んでいるだけでもめちゃくちゃ面白いのです! 「運

15