枝D

サッカーの守備が楽しくなる!守備の概念を覆す一冊。

『枝D』変わったタイトルですよね。

元Fリーグ選手にして現役で活躍されている、内田淳二氏による「サッカーの守備」が楽しくなる、ディフェンス理論の本になります。

枝D(枝ディフェンス)とは…。自分の体を“木"に見立てた相手の自由を奪ってボールを「残す」球際の型。
ボールを「残す」ために設計された“5種類の型"をマスターすれば相手の癖や“可能性"を見極められるようになり、
守備の動機や球際の強度が

もっとみる
嬉しいです
5

「点」の未来、「線」の未来、「面」の未来、「円」の未来。

<あなたの未来はどうやって決まるのか?>

の話です。

フットボール畑にいるのに、最近は気がつけば「視点」だの「景色」だの「流れ」だの「つながり」だの、おおよそフットボールに関係なさそうな話が多くなってきたので、その訳をこの記事にまとめておきます。(今後はこの考え方をもとにフットボールの話だったりもしていこうと思います)

軽く自己紹介をすると、僕は今、「枝D」という守備理論で全国海外を回ったり

もっとみる
僕もスキです!
12

枝Dをチームに導入したその後

バンコクでの枝D講習会を終え、2月からの各カテゴリーのトレーニングを守備とそこからのカウンターをテーマとし、実際に講習会とその後の懇親会で学んだことをチームに落とし込んでいく作業を行っていきました。
そこで意識した事は主に以下の事柄です。
・しっかりと基本から積み重ねをする
・繰り返し継続する中で出てくる課題をクリアしていく
・エラーの原因をハッキリさせる
そうした事を意識し、基本の球際5つの型を

もっとみる
もしよろしければ、シェアして頂けると嬉しいです!
6

ゲームモデルに基づいたPDCAサイクルについて①

みなさんこんにちは。少しだけお馴染みになりつつある?わっきー(@kumaWacky)です_(:3」z)_
今回は1月13日に行われました、和歌山県高校サッカー新人戦(2回戦)における、粉河高校サッカー部の実践報告をお届けします。

【要約】
・ゲームモデルに基づいた試合に向けての準備
・試合における実践とその評価
・抽出した成果と課題について

今回は「①」ということで、実際の成果や課題の落とし込

もっとみる
ありがとうございます、励みになります!
55

【枝D】内田淳二さんのクリニックを受けてきた

fukuharaです。

今回は新品のウェアとシューズに身を付け内田淳二さんが行なっている枝Dクリニックに参加してきました。
(森田さんにダサいと言われたのでタンスの奥にしまい込みます。)
今回のクリニック参加を通してまた新しくフットボールを見る楽しみが増えるといいなと思っています。

**************
君は枝Dを知っているか
**************

みなさんは枝Dという言葉を

もっとみる