木多康昭

第35号『”煉獄”は本当に可能かどうか?真面目に検証した話をしよう』

このタイトルに釣られて来てしまった方は初めまして。それとも、いつも記事を読んでくれている常連の方でしょうか?どちらでも構いません。『喧嘩商売』『喧嘩稼業』好きの人に一度質問してみたかった事があります。

コミックスに”煉獄の型の手順”が掲載された時、こう思いませんでしたか?

「俺も煉獄を使ってみよう」と。自分はそう思いました!

知ったら使いたくなる。だから”空手王”山本陸は煉獄を禁じ手として人

もっとみる
圧倒的感謝!(´▽`)
4

無職で暇なので忙しくしてみる

暇だ。暇である。
なぜ暇なのかと言うと、突発的に仕事を辞めて就職活動をしているものの、どこもかしこも採用してくれない状況が続きめちゃくちゃ暇。一度、無職のままボロアパートを借りて移住しようと思いたち、審査を出したところ、見事に審査落ちした。ここ半年、落ちてばっかりの人生を歩んでいるっていうのが現状です。
しかしながら、こう暇を持て余していると、何かをしなければという焦燥感にあてられる。「いや、就活

もっとみる
数量限定で販売中
残り 26 / 30

第168号『ドラゴンボール』はわからない所が無い

漫画・アニメ・ゲーム・映画などのエンタメビジネスに従事する人たちというのは皆等しく“ヒット作を作りたい!”と思っています。

例外はありません。

“別に売れなくてもいいや”と思っている人たちはサークル活動などを行っている一部の人たちだけで、“その世界”で働いているプロは一人残らず“売れたい・売りたい”と願っています。(願って“それ”を実現するために戦略を練り勝算を持って日々仕事をしています。いや

もっとみる
私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
32
数量限定で販売中
残り 30 / 30

第143号『GUNG-HO-GUNS』だと何番目?

この世には“全然空気が読めない異質”という人間が存在します。

特にそれは「オタクの世界」だとより性質が悪い。

今回はそんなエピソードを紹介します。

私はよく同業種・異業種で集まって飲み会を開くことが多いです。同業のゲームクリエイターからアニメーター・漫画家・声優・脚本家など時と場合によって集まるメンバーはバラバラだったりしますが、とはいえメンバーはやはりエンタメ業界界隈の人たちが多いです。み

もっとみる
私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
31
数量限定で販売中
残り 29 / 30

第142号『初めて遊んだゲームは何ですか?』

ゲームクリエイターという仕事をしていて、尚且つ代表をやっているとインタビューや番組などで結構な頻度で聞かれる質問がコレです。

“初めて遊んだゲームは何ですか?”

初めて我が家にファミコンが来たのが私が中学二年生の時でした。もちろん親に買ってもらったのですが。その時に同時に買ってもらったソフトが『マリオブラザーズ』でした。

これです。

固定画面アクションゲームで下水道から出てくるカメ・カニ・

もっとみる
私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
29
数量限定で販売中
残り 19 / 30

第116号『1人の編集が担当している漫画家はのべ200人』

前回の記事“第115号『イラストレーターを安易に目指すな』”が沢山の人に読まれています。

2018年4月からこのnoteで『週刊少年松山洋』を始めてから1番読まれた記事になりました。

それだけ関心の深い内容だったということでしょう。(良かった)

今回はそれを受けて漫画業界の話をしたいと思います。

私が大好きな漫画の話。

まぁ、ぶっちゃけ少年ジャンプの話ですが。

以前、少年ジャンプ編集部

もっとみる
私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
28